炎のリベンジャー (煩悩のリベンジャー)

先日の冒険(釣り)といい・・・


ボンズ続きのオイラ。


今まで偶然にも鮭釣りの


”外道” で天然モンタカノハを手にしていたが、


近頃 巷では ”狙って” 釣り上げている方々がいらっしゃる。



オイラは感じました・・・


安易な釣りに走るのも良し・・・


しかしを追い求め他の魚には目もくれず、


ひたすらタカノハのみに的をおき、


繰る日も繰る日も”ボンズ”を食らいながら


”その時”が来るのを待ち続ける・・・


それは・・・まるで「白鯨の、エイハブ船長と怪物モービィディック


との戦いのように・・・



なーんて言ってるけど、


ただ天然モンの大物を砂浜から引きずり上げたり、


防波堤からぶち抜いたりしている自分の姿を


”妄想”してると居てもたっても居られないだけでした・・・



オイラにとって実績の在る場所は白老の竹浦、敷生川河口


海岸、前回も竿を出した場所・・・懲りずに又挑戦しました・・・



AM5:30 3本をセット

e0338196_10151423.jpg



周りには結構な数の鮭狙いの方たちがいます。



曇り空で途中霧雨も・・・



魚信は在りません・・・



AM7:00頃には周りに誰も居なくなり・・・



これはもう遊撃戦しかないなぁ



ゲリラとなって敵の陣地らしき場所を偵察して


攻撃奪取する。



この場所は撤収・・・



次に陣地構築したのは

e0338196_10151426.jpg



白老港東防波堤 曲がり角手前、


テトラの無い限界地点、外海正面から右方向に遠投と、


ゴロアミネット仕掛け1本を正面に中投。



東防波提先端方向・・・ちらほら釣り人がおります。

e0338196_10151403.jpg



此処を重い荷物を抱えて歩くのは辛い・・・


せめてキャリーが欲しいところ。


地元のおっちゃんたちはチャリを使って機動的に展開・・


良いなぁ・・・



微妙~なアタリ・・・


上がってきたのは・・・



e0338196_10151431.jpg



30cm位のタカノハ・・・


残念な事にガップリ針を呑み込んでいるためキープ。



その後すぐに26cm位を追加・・・

e0338196_10151454.jpg



こいつも針を呑み込み・・・



次はいいアタリで、巻くと・・・う~ん



重くない・・・ 同型のタカノハ・・・



しかし口掛かりだったので、速やかに釈放




すると 頭上を旋回してヘリがホバリング・・・


見ると・・・


”ドクターヘリ”って機体に・・・

e0338196_10151585.jpg


漁港内に着陸・・奥の建物には救急車と消防の車が・・・



テレビドラマのヘリと同じだ・・・



不謹慎だけど、お世話になりたくないなぁ・・・




昼位から空が晴れ初めて  暑い・・・

e0338196_10151598.jpg



前回のタカノハ戦も真夏日で、トップレスになって


釣りをやってたもんだから一気に日焼けしたが、


さらに追い討ちをかけて 真っ黒クロスヶ


何処に顔があるかわからんゾォー


(野生児なもんで、すぐ日焼けして瞬間的に現地人に同化する)



うーーーーん



暇・・・・・



気が付いたら・・・



寝てたらしい・・・



竿を見ると、なにやら遠投の竿がモゾモゾ・・・・



うーーーーーん



遠投すると餌変えや雑魚を上げるのが




ヒジョーォーにめんどくさい



手のひらのイシモチ(北海道ではイシカレイをこう呼ぶ)



やはり 呑んでる・・・



食いしん坊めっ



帰れ



釈放したが、やはり・・・



白いおなかを見せて、くるくる回りながら海の底え・・・



又・・・つまらない者を釣ってしまった・・・


(五右衛門風)




pm3:00頃


そろそろ潮混みだなぁ・・・



散歩のおっちゃんや、じいちゃんがやって来て話し相手


になってくれる・・・



オイラ結構地元おっちゃんやじいちゃんと仲良くなって


話するの好きなんですわ



満潮を迎えて潮が動き出すと、少し魚信があるけど


なかなか乗らない・・



pm5:30まで粘り 30cm前後のタカノハばかりを3枚釣るが、


釈放したくともすべて針を呑み込んでいる。


供養のため食べてあげる事にした・・・



あっ 決してワザト呑み込ませた訳ではないので


お許しォ



そろそろ秋の鮭釣りや、夜磯のソイ釣りも行かなければ


ならないが・・・



ロマンを求めて・・・



”タカノハ”狩り”



又来るからなぁ~




待ってなよ





                        


       応援してね 


by ssc-nao | 2008-08-13 11:57 | Comments(6)
Commented by ちゅば at 2008-08-13 17:04 x
30センチはリリースサイズですか?
あまりカレイを釣った事が無いので・・・
立派なサイズだと・・・
北海道では、イシカレイをイシモチって
言うんですね。
私の方は、イシモチといえば
もっぱら、ニベ系の事です。

釣りロマンを求めて!
お互い頑張りましょう(‾▽+‾*)

Commented by ナオ・ソーヤ at 2008-08-13 18:06 x
そうなんです、タカノハに関しては資源回復のため放流を行っております、そのため35cm以下はリリースなんです・・・? しかし疑問が?
釣り人が釣る魚の数なんて知れたもの・・・漁師が網で根こそぎ取った魚には当然タカノハもいるはず・・・
こちらはどうなっているのか・・・??
まあ~気持ちの問題ですかね・・
しかしガソリン・餌・・・釣りはすっかりセレブな遊びになりました(。>0<。)
コロダイにタカノハ・・・
お互いに頑張りマショー!

Commented by ayannbo at 2008-08-13 18:18 x
私まだ釣ったことありません(´∀`)
幻の魚です☆
ビッグサイズになると50センチを超えるんですもんね♪♪♪いつかいつかー☆

Commented by ナオ・ソーヤ at 2008-08-13 18:53 x
タカノハは雄で50cm 雌は70cmになると言われてるそうです、 先月会社の人が白老の海岸で、ルアーでサクラマス狙い、投げ竿1本にサンマを付けて投げて置いた所、59cmのタカノハを釣り上げた様です、携帯写真を見ましたが・・・
デカッ!!
しかし 一本だけ放置の竿に来るとは・・・
こんなもんですよねッ・・・
羨ましいような?
微妙~な気持ち(°∀°)b

Commented by マリオ at 2008-08-14 08:34 x
タカノハは15cmくらいでも餌をガブ飲み
して来ますのでハリ掛かりのダメージは
かなり強いので事業所では針を取らず
ハリスを切ってリリースして下さいと指導しているそうです。
大丈夫?と思いましたが実験結果では針を
外すより格段生存率が良いそうです。
針は自然に取れるそうですよ?

Commented by ナオ・ソーヤ at 2008-08-14 09:30 x
確かに先日釣れたのは30cm前後ばかりでしたが、ほとんど呑み込んでました・・・Y(>_<、)Y
口の中やエラに指を突っ込みやっと外してましたが、
かなり痛そうでした・・・ヾ(▼ヘ▼;)
3~4年後の楽しみのために次回からは、そのようにしてみます。
しかし・・自然に取れるとは! 

前に仕掛けを作っているとき誤って指の甲の部分に、カレイ針をざっくり刺してしまい大変でした(>_<) 人間の皮膚って意外と硬いんですよね・・・

<< 腹を壊した野生児 リベンジャー・タカノハ戦 >>