初めての釣り

初めてのオイラの竿は、無名で4.5mの橙色をした、


グラスロット2本と、無名の黒い糸付リールに、シンプルな


市販の仕掛けからでした。



当時はカーボンロットは凄く高価で、釣り場でもあまり見かけませんでした。


そんなタックルで何が釣れるのかも解からず、よく苫小牧に行き、


周りの方が釣っている魚を、『これ・・何ていう魚ですかぁ?』なんて


聞いて歩き、ほとんど見様見真似での釣りでした。



初めての獲物はカンカイだったと思います・・・


その内ニシンやいわしが釣れるようになり、


やがてホッケを釣ってみたい!


っと、釣れていた釣りから、ターゲットが現れ初め、


狙って釣る! に変わっていったのです。



知らない釣り師に何処で釣れますかぁ? 


などと聞き歩き、その場所に出向き、餌や仕掛けを見せてもらい、


教えてもらい、何度も何度も釣れるまで通い、


やっと手にした魚に大喜びしていました、



あのとき親切に教えてくれた見知らぬ釣り師たちがオイラの師匠です。



よくかよったのは雄冬漁港でした、そして偶然濃昼漁港に入ったある夜、


防波堤の外海側でテトラ越しに投げていた竿に今まで見たこと


の無いアタリが・・・


夢中で釣り上げたのは50cm位のアブラコでした、


その夜同型のアブラコをクーラー半分近くまで釣り、そして・・・


40cmオーバーのクロガシラまで追加してしまいました・・・



オイラは完全に名人になった! 


っと調子こきまくったのは


言うまでも在りません。


ドップリと釣りにはまり込んで行きました。



その後何度か竿も折らて、グラスロットを買いなおし、


初めて2本のカーボンロット(シマノ・ホリデースピン420-25×2とシマノのリール)


を追加しました、これは実に感動物で、軽く、シャキットしていて、


滑らかに巻き上げられ、道具の違いを実感した瞬間でした。



ずーと、自分一人の趣味で釣りをしていましたが、


ある日、砂浜で鮭が釣れる事を知り、


どうしても釣ってみたくなり、錦岡の浜に下調べに行き、


釣具屋で仕掛けを買いましたが、


なぜだかこの釣りは一人では行く気になれないのです。



”誰かを巻添えにするしかない”



オイラは会社の同僚に狙いを定め、





オイラ・・・ 『なぁ・・鮭釣りに行かないかぁ?・・・』



同僚・・・  『えぇ~? 鮭? 何処で釣るのさ?』



オイラ・・・ 『錦岡か、白老の砂浜!』



同僚・・・  『えぇぇぇ~!? 砂浜で鮭連れるのぉ~?』



オイラ・・・ 『釣れる、釣れる!毎日イクラ丼食えるぞぉ~!』



同僚・・・  『でも竿とか持ってないし・・・』



オイラ・・・ 『買え!!』



同僚・・・  『・・・・幾らするの?』



オイラ・・・ 『2本で2万!』



同僚・・・  『ホントに2万で鮭が釣れて、イクラが食えるのぉ?』



オイラ・・・ 『食える、食える!』



同僚・・・  『・・・ ・・・ ぢゃあ~買うぅ~!!』



かくして二人は初めての鮭釣りに行くことになりました。


オイラ4本、同僚2本の竿で白老の浜に挑んだのですが、


オイラは心の中で確信していました!



絶対にオイラが先に初鮭を釣り上げて・・



『ほらなああああ~!釣れたべぇ~!』



『 こうやって鮭は釣るんだあ!』




『お前も頑張れよぉ~!!』



・・・・・・などと調子コキまくってほざくオイラの姿を・・・・・



しかし神様は残酷でした・・・


今か! 今か? っと竿先を睨んでいたオイラ・・・



ふっ・・っと気付くと何やら同僚がリールを巻いているではないですか!!!



まっ・・まさか!? 


いやいや!そんなはずは無い!


きっと・・・


ゴミ だ!!


素人だからゴミを鮭だと思って ウキウキしてるんだ!


(オイラの心の叫び)



オイラ・・・ 『ゴミ・・・付いているのか』



同僚・・・  『・・・解かんない』




同僚・・・  『・・・・・・・』


       『なっ なんかいるぅー』



オイラ・・・ 心の中で(ガア~ン)


       口では 『よっ 良かったなぁ~!』 



同僚・・・ 『・・・きっと次は○○さんに来るよ・・・』



オイラ・・・  ・・・・・・・・・・・・・・・




この日同僚は2本の鮭を釣り、内一本は大きな・・・


オイラ・・・ ”ボ”



その次も同僚は4本の鮭を釣り、内2本は・・・


オイラ・・・ ”ボ”



同僚・・・ 『○○さん 雌一本あげるから持って帰って・・・』



オイラ・・・ 『うん ありがと・・・  』  って貰うなよ・・・





次の日会社で、



同僚・・・ 『○○さん 俺の釣ったイクラ、美味かったぁ?!』



オイラ・・・          『 うん 』  みじめーーー



その後、オイラは鮭を釣るまで同僚は誘わず、


たった一人でひたすら浜に通いました・・・




ちいせー男だなぁ~


     



   


    この辺を押してくれたら喜ぶよ


by ssc-nao | 2008-08-08 17:27 | Comments(2)
Commented by ayannbo☆ at 2008-08-09 14:49 x
ビギナーの私がいうのもなんですが、ビギナーズラック♪って本当にありますよね☆
私春から釣りをはじめたので鮭は未体験ゾーンです!釣ってみたいなぁ~
イクラ大好き☆☆☆

Commented by ナオ・ソーヤ at 2008-08-09 15:07 x
はぃ☆ビギナーにわ勝てないのです…多分謙虚さが成す技ではないでしょうか…? オイラは常に殺気ムンムンなので魚に逃げられまくりです… 今年の秋は是非鮭を殺気を漂わせて狙って下さい! イクラにトバも美味いっすよぉー!

<< タカノハ狙い 夏休みは… >>