ナオ・ソーヤの冒険

 昔々北海道の田舎にナオ・ソーヤと言う美少年がおったそうな。



それはそれは美しく誘拐事件に巻き込まれるほどでした。



でも少年は美しさとは裏腹に、とっても腕白坊主で、



いつもお母さんを困らせました、



ある日ナオ・ソーヤは散歩の途中引越ししたばかりの空家を見つけました、



何気なく窓に近づくと鍵が掛かって居ません、



そして、中を覗くとそこは綺麗に片付けられた畳の部屋でした、



ナオ・ソーヤは一度でいいから、靴を履いたまま家の中を歩いてみたくなり



鍵の掛かっていない窓を開け、中に忍び込んでしまいました。



『へへへ・・・大人が見たら怒るぞォ~!』



『足跡いっぱいつけてやろうー!』



でもそんな事もすぐ飽きてしまいました。



『せっかくだから、もっと凄いことしたいなぁ・・・・・』



『あれぇ~。。。なんか!。。。』




『”うんこ”したくなってきたぞぉ~!?』



『そうだっ!!  お家に帰って・・・・・ 』



『チリ紙取ってこよう!!』



そして、家からチリ紙を持って、又あの空家に向かいました。



『大人がビックリするような所で?”うんこ”しなきゃぁ!・・・・』



『そうだ!!  畳のお部屋のド真中にしよう!』



そして、モリモリと畳のド真中に大人顔負けのウンコをしました。



一連の犯行を終えたナオ・ソーヤはいち早く現場をあとにしたのでした。



しかし、自分の犯行を誰かに自慢したくなった彼は、



犯行声明を、お家に居るお母さんにしたのです。



驚きの表情を見せながら彼女は、



又か・・・ この子ならやりかねない。



と言う表情を見せて、



『今そこのお家のオジサンが怒鳴り込んでくるよっ!』



っと言いました。



とたんに恐ろしくなった彼は、



『もう寝る・・・』



っと言って昼間から自分で布団を敷き、布団の中に潜り込んでしまいました。



彼の頭の中では・・・



『オジサンが怒鳴り込んで来ても、きっとお母さんが、




あの子はもう寝ています!っと言って追い返してくれるよ・・・』



っと考えていました。




それから数十年・・・



そんなナオ・ソーヤも立派な大人になりました。



会社では部下も出来ました、



でも、悪戯好きは治りませんでした・・・



なぜか?彼の机の引出しには”爆竹”や、癇癪球、クラッカー等等・・・



仕事に関係ない物が入っているのです。



ある時は同僚や部下の、机の上にあるタバコの箱から一本のタバコ



を抜き取り、中の葉っぱを半分ほど抜き、導火線と本体を半分位に切った



爆竹を仕込み、元どうりに葉っぱを詰めて又、箱に戻しておき、



彼がタバコを爆発させて、ひっくり返りそうな位驚く様を見て、



大爆笑し、又ある時は会社の駐車場の同僚や部下の車のタイヤの前後に、



癇癪球を仕掛けて、車を発進させた瞬間にパーン! っと爆発させて、



驚いて車から降りてタイヤを確認する様を見て、



またまた”大爆笑”・・・



皆から”ジャイアン”!って呼ばれる様になりました。



そんなことをして過ごした会社も今は潰れてしまいました。



いえ、そんな事ばかりやっていたから潰れてしまったのかも?



しれませんね!



そんな彼も今はすっかり落ち着いて????



投げ釣りが大好きな中年になり、時々昔の事を懐かしく思い出すのでした。



                                       おわり









チョイト押して見てね


 



 色々なブログがタクサンあるよ
by ssc-nao | 2008-10-28 23:23 | Comments(3)
Commented by ナオ・ソーヤ at 2008-10-29 09:02 x
くだらなすぎて。。。。。
誰ーーも・・・・
コメンとくれませんねっ!(#⌒∇⌒#)ゞ 

Commented by サニー at 2008-10-29 12:38 x
してきたんですねー
今でもかな?(笑)
でもいい思い出ではないでしょうか(^-^)

Commented by ナオ・ソーヤ at 2008-10-29 13:52 x
どうも悪戯好きは治らないようです・・・
でも時と場所をわきまえないと、友達無くしますネ!
実は公表できない事も幼少の頃ありまして・・・((((((ノ゜⊿゜)ノ

<< 遠投を考える(道具と飛距離) ... 黄金道路・庶野~フンベ 10月... >>