歴史小説

私が大好きな作家である 故隆慶一郎氏に


前田慶次郎が主人公の 


『一夢庵風流記』(いちむあんふうりゅうき)
と言う作品があります。


先生の作品に描かれる主人公は実に魅力的な人物が多く、


一度ページを捲るとグイグイと引き込まれて行きます。
前田慶次郎も実に粋なサムライです!



先生は何冊かの作品を、同時執筆中にお亡くなりになり、


途中でプッツリと途切れてしまった作品も出版されているのですが、


中でも佐賀鍋島藩に伝わる『葉隠』を題材にされた


『死ぬことと見つけたり』は私のお気に入りの一冊です。



葉隠 と言えば


『武士道とは死ぬことと見つけたり・・・』


が有名で、死を美化したように表現されがちですが、


実は” 武士と言えども死ぬのは怖い”


しかしイザと言う時に恐怖に駆られ、


無様なさまを晒さないで棲むように、


常日頃から、自分の最も無残な死に様をイメージして


死に方の練習を心掛けろ・・・


と言うような 実に人間臭く本当の武士たちの


死に対する怖さの現れのようなものが感じられます。






読書の秋ですね・・・・・





時々何年も何年も前に読んで心に残っている本を又、


読み返してみたくなります。








チョイト押して見てね


 


by ssc-nao | 2008-10-12 14:57 | ブログ | Comments(4)
Commented by ayannbo at 2008-10-12 23:06 x
って、歌舞伎モノの人でしたっけ?
日本史はむつかしいけど、物語になると、とたんに
歴史には色がつきおもしろくなりますよね(´∀`)

Commented by ナオ・ソーヤ at 2008-10-13 06:58 x
天下御免のかぶき者ですねー!
今で言うなら・・・・チ・ン・ピ・ラ? 
日本に限らず歴史は背景が解からないとムツカシイですよね???
上手く物語りとなって、それが実在の人物となると、なんかワクワクしてきます
☆-( ^-゜)v

Commented by ちゅば at 2008-10-13 08:56 x
前田慶次。。。私も好きです。
パチンコ&漫画ですけど・・・
私は、歴史上の人物では、
真田幸村が好きです。



Commented by ナオ・ソーヤ at 2008-10-13 09:19 x
お久しぶりデス!
パチンコ花の慶次でしたっけ・・・?
漫画の原作が確か隆氏の『一夢庵風流記』だったと思いますが・・・
『真田の赤揃え』 有名ですね!
粋でカッコいい!

<< スピンパワー復活 防寒対策と夜釣り2 >>