雌雄を決するは奥尻にあり・・・

2011年5月21.22日(土~日) 今年も奥尻島大会が開催されました。


今年は第一回の宮野~元和が中止となり実質今回の奥尻が第一回の大会となりました。


今回も恵庭サーフの方々がゲストを含め多数の参加ご協力を頂き大会を盛り上げて下さいました。


この場をかりて深く御礼申し上げます。



この奥尻大会は毎年札幌サーフ《釣魚部門・年間総合&各部門賞》における重要な月例会となっております。


『戦いの優劣雌雄を決するは奥尻にあり』と言っても過言でありません。



大会順位や年間表彰を抜きに単に投げ釣りを凄~く楽しむ機会でもあります。


どちらかと言うと僕は『凄~く楽しむのが先で、順位は二の次』ってタイプであります。


               (↑勝てない言い訳だべ・・・・)



さて、今回は二日前から仕掛けの準備に取り掛かりました。別に特別な細工は無く単純且つシンプルなYピン使用の胴突きで上バリに身餌、下バリにイカゴロの捨て錘仕様でございます。


前日の20日に餌の購入と荷物の選定と詰め込み。 


この荷物の選定には時間が掛かりました、、、最終的に17㍑のフィクセル(クーラー)は餌で満タンになり、タックルバックはリール3台にオモリや小物etc・・・・・


天候を考慮した着衣の選択等、結局深夜近くまで悩みながら荷物を出したり入れたりしておりました。



今年も入る場場所は決めております。昨年の相棒タムケン氏は急な都合で欠席となる旨会長から前日に連絡を頂いており、今年はキクリン氏をお供にソイ退治に行くことになりました。



昨年より30分早い午前8時半の集合で手稲を出発して、途中でビジター参加のお客様を乗せたバスは何度もしょんべんタイムを取りつつも予定通り瀬棚フェリーターミナルに到着し、ゆっくりと昼食を取って乗船を待ちます。


当日瀬棚の天気は曇りで風も強く気温は低め、しかし波は無く奥尻での釣りにはなんら支障の無い状況に期待が膨らみます。



フェリーも殆どゆれる事も無く仮眠を取っていると!無防備な男たちに悪戯しているマダム?がおります(謎)・・・



奥尻港到着後、バス内で一斉に着替えを開始して順次ポイントに降りる仲間を見送ります。



そして今回、菅原会長は先月闘病後逝去された故M氏が好んで入釣したポイントに入るために、珍しくウェイダーを購入して副会長の浜谷氏と共に追悼釣行するそうです。


副会長の浜谷氏故M氏の大親友でもありました、昨年秋故M氏と最後の釣りに行かれた時の写真を濡れない様にビニールで包み、氏が愛用していた竿二本を携え釣り場に下りる姿に涙がこみ上げてきました。



さて、いよいよ僕たちが降りる場所が近づいて来ましたが、当初北国岬方面を予定していたS庭氏ぺロ氏が予定を変更し我々と同じ方面に入ることとなりました。


バスが旋回出来る限界で下ろしてもっらった我々は更に磯に取り付く所まで坂道を上り下りしながら歩く、歩く。歩く・・・・


やがて磯の取り付きが見えてきました。そこはガードレールが途切れた所から土手となっており、l海岸までは最初急な下りで滑りやすく、身の丈ほど有る草藪を掻き分けながら獣道を斜めに進んで行きます、やがて緩やかな傾斜でほぼ直線的なルートとなり湾胴となったゴロタの海岸にでます。そこから二手に別れ右の岬に僕とキクリン、左の岬にS庭氏ぺロ氏が進みます。ゴロゴロと動く不安定な石の上を荷物を背負って歩くのは至難の業で釣り場に着いた時には吐きそうでした。



しばらく呼吸を整えてからポイントに向け三脚をセットします。


e0338196_10181942.jpg


今回メインはプロサーフPF425BX2本にリールはパワーエアロSP2機、予備としてスピンパワー425BX-TキスススペシャルSD1機での体制です。

e0338196_10181988.jpg

 
                                  
きくりんのポイント、昨年タムケン氏が爆釣した場所。
e0338196_10181915.jpg




明るいうちはあまり期待できない場所とあってプロサーフ2本はスタンバイ状態で待機、スピンパワーに岩虫とイソメを付けて前方2時の方向に遠投して様子を見ますが、ま~るで反応無し・・・多少方向を変えて打ち返し放置しておき、その間に餌や仕掛けなどの配置や荷物の整理をします。



そして遠投したスピンを打ち返そうと上げると根掛かり、、、やはりここは遠投が効きません何処もかしこもガチャガチャで砂地に落ちても回収中に”ガツッ”と岩に引っかかる感触が手元に伝わりアウト!


面倒臭いので早々にスピンをたたんで、プロサーフ2本にゴロとカツオを付けて打ち込みます。



横でキクリンが何やら平べったい魚と丸っこい魚をダブルで掛けています!それもなかなかの良型、羨まし~い! 



e0338196_10181904.jpg


しかし、後が続かないようです!僕のほうはアタリすらありません。



e0338196_10181957.jpg


やがて西の空に夕焼けが映り始めました、なんとか雨に当たらず済みそうで御座います!?・・・



キクリンも暇なようで磯で遊び始めました?元気です!サルのように飛び回っております。


こちらにも遊びに来られたので写真を撮ってあげました。。。



e0338196_10181903.jpg

e0338196_10181916.jpg



そして再び水溜りや溝で遊びはじめました。ふとキクリンの釣り座に目をやると、、竿が三脚の上でシーソーになっております。『きくり~~ん、竿跳ねているよ~~♪』・・・・


それはまさに猿を凌駕した瞬間でした!物凄い速度で磯の上をダッシュしております、、、見えません!モンキーパワーで竿が持っていかれるのを防ぎ”ゴリゴリ”とゴリラの様にリールを巻きます!!



それを見ていると僕にも気合漲ってきました!



e0338196_10182085.jpg

e0338196_10182074.jpg

e0338196_10182005.jpg

e0338196_10182075.jpg

e0338196_10182039.jpg

e0338196_10182082.jpg



しかし、暗くなり始めてから”アタリ”が出始めて中型のアブラコが掛かり始めますが、いずれも単発でイマイチ爆発しません。


それでも、ポツポツとソイ・カジカ・ハチガラ・ホッケ・アブラコと五目釣りでなんとか審査に提出出来る数は揃えたのですが、サイズに不満がありますね~。奥の岬に入ったS庭氏ぺロ氏に電話すると『ダメだわ~サッパリ釣れない』との事・・・チョイと責任を感じましたがネf^_^;


夜も更けて霧雨が降りだし、散発的な釣果に寒さと眠気が誘いクーラーに座ってウトウトしていた時でした、突然何かが左の足に当たり驚いて目を開けると、低く構えて更にロットの先端近くを三脚に掛けていたプロサーフが跳ね上げられてシーソー状態で右に左に上下左右しております!あわててロットを掴み大きく合わせますが、ズッシリとした手ごたえで走りだしました、ポンピングしながら何とか寄せてキャップライトを点けると銀色の魚体が今度は右に走るのが見えました。タモは組んでいましたが抜けそうだったのでそのまま引っこ抜くと”ドタ”と足元で体高のあるマゾイらしき魚がバタバタ、、、長さこそはそれほどありませんがまん丸と太った今日一番のソイです。明るくなって審査用の魚を岩の上に並べてみるとそれはクロソイでマゾイではありませんでした(TωT)


結局一晩ダラダラと釣れた魚でクーラーが溢れてしまい、審査用の5匹以外は食べたい魚を残して全て捨てる事となってしまいました。それでも魚で一杯になった17㍑クーラーを背負うと重い重い!帰りの道程が思いやられます。


e0338196_10182120.jpg



明るくなってからはアタリも元気も無くなり早々に竿をたたみ9時の竿上げまでかなりの時間を残して一足先に帰路につきました、途中何度か休憩を取りつつもそれはそれは只無心で歩きました・・・・死にそうでした。



すると、僕よりかなり送れて釣り場を後にしたはずのエテコウきくりんが何時の間にか僕を追い越して道路に上がり、自分の荷物を下ろして僕を迎えに来てくれました、、、ロットケースをきくりんに託し最後の滑りやすい藪に覆われた土手をストックを頼りにやっとこさ上がり、荷物を下ろしてしばらく放心状態(‾□‾)




e0338196_10182124.jpg

e0338196_10182141.jpg




e0338196_10182113.jpg



キクリンは再び左の岬から撤退してきたぺロ氏を迎えに土手藪を降りて行きました。




今の僕を自撮りしましたが、、あまりの悲惨な状態な為載せるの止めます(^o^;)



左奥から帰還するお二人を僕は高見の見物で御座います(^~^)


e0338196_10182103.jpg


e0338196_10182198.jpg


S庭さ~ん!そっちじゃないよ~! 


(道を間違えております・・・)



e0338196_10182140.jpg



凄い形相です!気の毒です!

e0338196_10182129.jpg



e0338196_10182271.jpg

e0338196_10182248.jpg



あまりに凄い形相だったので僕も途中までお迎えに行くことにしましょう!



e0338196_10182270.jpg




お疲れ様です(´∀`)
e0338196_10182233.jpg




ぺロ氏も道を間違えたようです、、、気の毒です!
e0338196_10182246.jpg

e0338196_10182345.jpg



e0338196_10182336.jpg



何でもぺロ氏、明るくなってから50オーバーのソイをぶっこ抜いたとか!?背負子が重そうですね♪



帰還されてお二人は口を揃えて『もう二度とここには来ねぇ!)`ε´(』 っと怒っていました、、、





再びこの上りを越えて、下ってバスが迎えに来る場所まで歩く、歩く、歩く・・・・

e0338196_10182361.jpg


e0338196_10182357.jpg





事故や怪我も無く全員無事に審査提出です。

e0338196_10182396.jpg

e0338196_10182343.jpg



出るは、出るは・・・・ 



親分はクーラー3つ分釣って居りました(^O^)・・・




e0338196_10182316.jpg

e0338196_10182364.jpg


優勝・準優勝と昨年故M氏浜谷副会長が入釣した磯で、今年は故M氏の弔いに菅原会長と大親友の浜谷副会が入り見事ワンツー・フィニッシュ!!浜氏『釣らせてくれたんだわ・・・』の言葉にウルッ(゜ーÅ) 


第三位に僕の隣でモンキーの様に跳ね回っていたキクリンが入賞!僕は惜しくも第4位(^^ゞ



今回僕は魚種別も取れませんでした、狙っていたソイもぺロ氏50オーバーに持っていかれました(^_^;)



残念!(T_T)




フェリーがやって着ました!


e0338196_10182350.jpg

e0338196_10182474.jpg





うにまる君もスタンバイに入っております!

e0338196_10182498.jpg

e0338196_10182434.jpg




e0338196_10182499.jpg

e0338196_10182489.jpg





e0338196_10182452.jpg

e0338196_10182447.jpg

e0338196_10182552.jpg

e0338196_10182593.jpg




e0338196_10182596.jpg

e0338196_10182535.jpg



さよなら奥尻島!又来年!?




この後札幌まで殆ど記憶がありません・・・・



奥尻最高~!っと思ったら”ポチ”とネ♪


にほんブログ村


by ssc-nao | 2011-05-23 22:20 | SSC月例会 | Comments(2)
Commented by ボナ at 2011-06-02 16:17 x
ナオソーヤさん、久しぶりです。同じ日に釣魚連盟の大会で苫前の砂浜でウグイに遊ばれていました。結構、西風もあって、小雨が降ってましたが、奥尻はべたで雨無しのようでしたね。きつくない投げ釣りの場所は奥尻にないのでしょうか?津波と地震対策で沢山のテトラが投入されていますので、私のように平磯フアンには釣り場がありませんね。

Commented by ナオ・ソーヤ at 2011-06-03 22:53 x
>ボナさん
こんにちは、お久しぶりです♪
当日はあまりぱっとしない空模様でしたが、海は丁度良い波加減でした。離島での釣りはどうしても実績場に頼りがちで、なかなか冒険できませんね、、、しかし意外とこんな場所で!?っと思うような隠れたポイントも有るのかもしれませんね!

<< 今年は釣り三昧じゃ(‾▽‾)=3 GW寝不足解消?スペシャル・コラボ! >>