土砂降りの中3人でアナる!?・・・・・・R18指定

前回の記事でも書きましたが、最近はほぼ毎週のようにハモっているのでございます・・・・・


今回はちょいと趣向を変え、”アナる” ことに致しますた。




って事で、


11月1日 土曜日 極太アナゴを狙いに再び行ってまいりますた!


(※北海道ではアナゴの事をハモとよんでおります。)




今回、SSC(札幌サーフ)の若きホ~プ!


小菅原 小隆より、ドン菅原陛下の元に連絡が入り、一緒にアナリたい!?


っとリクエストがあったそうでございます。



その為、急遽ドンよりアタシに連絡が入り今回は3人でプレ~?する事と相成りました、、、、




やっぱり極太が恋しい~!!・・・




そこで迷わず室蘭港を目指すことになったのでございますが、、、、、、





ドン菅原陛下が、夕まずめの1~2時間、黄金でイシモチの刺身を釣ってからアナリたいと申され、


仕方なくイシモチの(イシガレイの事)刺身を狙ってからやることにいたしますた。



じつはアタシ、カワガレイ同様 イシモチの刺身は食べないのでございますが、


その事をドンに申し上げると・・・・



「まだまだ青い!!」 ヽ( )`ε´( )ノ 斯く斯く云々■○□×△・・・・・




トホホホ・・・・・・ ┐(‾ヘ‾)┌ でございます。





そのような訳で夜も更けぬ午後3時頃でしょうか、、、


黄金駅裏のポイントで仲良く3人並んで先ずはイシモチの刺身釣りから開始でございます。



夕方から雨の予報が出ておりましたが、気温はそれほど下がっておらず12~3℃位ですが、


後方からのやや強めの風のため防寒を着込まないと寒いくらいでございます。



最初にお刺身をヒットさせたのは小菅原 小隆でございました・・・


まあまあのサイズゲット??



続いてアタシにも小ぶりなヤツが一枚・・・・ 


もちろん! リリ~ス♪




・・・・・・・・・





ここで本命狙いに場所移動でございます。



白鳥大橋を渡り、ポイントについた頃からでございましょうか?・・・



予報どおりの雨でございます(T_T)



先ずはいつものポイントにドンが乳~釣~!



小菅原 小隆には前回アタシがいい気持ちになった場所を攻めて頂きましょう~!



アタシは岸寄りの場所に店開きでございます。



準備を終え、それぞれ3本の竿を出してビチャビチャになりながら頑張ります!



かなり雨風が吹き付けますが、出しとなるため意外とイケそうです・・・・




しかし、、、、、




すっかり暗闇に包まれているのでございますが、ぜんぜんアナりません!



すると、小菅原 小隆がやって来て、「防波堤曲がり角付近は釣れませんか?」



と訪ねてきます・・・



アタシは


「ポイント的には良いんじゃ無いかと思っているけど、やったこと無いから分からない!」



小菅原 小隆


「僕アソコでアナってもいいですか?」



アタシ


「おっ、やってみるかい、良いよイットイレ~! ダメならいつでも戻っておいれ~!」・・・・




小菅原 小隆 ポイント変更~!




しばらくして・・・・・


かなり強い雨風を防寒着のフードを被り背中で受けながら、夜空に3つ灯る竿先ライト見つめていると、、



突然横から!



ぶっといブツを突き出して来よります、、、、



小菅原 小隆


「釣れましたぁ~!」 (≡^∇^≡)




 おわわっ、(((゜д゜;))) ビックリするやんけ、、、、





移動直後にヒットしたらしく、強い締め込みを堪能したそうでございます、、、


良かった良かった。。。





間もなくして、アタシの竿先ライトの一つがフ~ワ フ~ワと風とは違う動きを見せ始めました!


ロットの後ろに身構えて、完全にフッキングさせるタイミングを計り穂先がガンガン入り始めた所で合わせをくれて、大きくゆっくりロットを後ろに煽りながらリーリング!


アナゴ特有のずっしりとした手応えはありますが、それほどの大物ではない感じ、、、



上がったのは50cmほどのアナゴ! 本命でございますが、先ほど小菅原 小隆が仕留めたアナゴさんには程遠いサイズ。



引き続き出し風に乗せて思いっきり遠投で、集魚ライトの赤をセットした仕掛けを送り込み、大物アナコンダを待ちます。



ここで、もしや?っと思い一本のスピンパワ~を7、80mの距離に打ち込んでみることに。




「おっ!」 


激しく叩くようなアタリが先ほど打ち返した竿とは違う遠投の竿に発生!




上がってきたのはジャスト60cmのアナゴさん!・・・・




どうしたのだ?!80オーバーの特大極太サイズは出ないのでございましょうか・・・・?




それとも、真夜中近くならないと動き出さないのでございますか?



色々考えちゃいます。





雨風に吹かれる夜の防波堤の上、、、真夜中まで頑張るのはいいのでございますが・・・



「風邪ひくんじゃね~べか?」


とっ少し不安でもございます・・・・






やがて・・・


今度はチョイ投げしていたロットが激しく揺さぶられています、


タイミングを見てゆっくり大きく煽り、手応えを確認して確実に合わせを入れて再び大きく煽る!!


「重いぞ~!!」


次の瞬間、


すか~っと完全にテンションが抜け・・・・・・・



道糸がタカ切れ! ますた・・・・・・・



結構ショックでございます (T_T)



獲物を逃した事より、ハモスペシャルと名付けている仕掛けをロストした事が相当の痛手でございます。



何しろハモスペシャルは特別な高級錘を使用しているのと、集魚ライトも電池タイプの物を取り入れ、


一本の仕掛けに結構なコストが掛かっているのでございます。


多分ざっと一本1千万円以上かかっているでしょう・・・




暴風雨の中で、ずぶ濡れになり完全にふやけてかじかんだ手、おまけ老眼で手元がほとんど見えない状態で道糸と力糸を結ぶのがめんどくさくなって、切れた方のロットを片付ける事にしました。



こんな日は2本の竿に集中した方が効率も良いでしょう・・・・




小菅原 小隆の方を伺って見ると・・・・



3本の竿に向かってクーラーに腰掛けております・・・・ が!



防寒着のフードをスッポリと被った頭が完全に自分の股間を睨んでおります、、、、



あいつ・・・・ 寝とるな!よくこんな状況で寝れるものだ!っと感心しつつも一応生存確認をしに行くと・・・




寝とりました、、、






午後8時、防波堤先端で耐え難きに耐え忍び難きを忍んでおられたドンより、無条件降伏の声明。



終戦をむかえました。





因みにアナゴさんは天丼になって美味しく食べられましたとさ!めでたしめでたし。



にほんブログ村



by ssc-nao | 2014-11-02 12:43 | Comments(2)
Commented by Brother J at 2014-11-04 07:24 x
あはは、卑猥や室蘭の夜、まさに汗だくに?いや、
雨だくになる一夜だったんですね!(笑)

弟もアナってみたくなったかも!?
やはりアナった時の快感は癖になりますか?(爆)

Commented by Brother naoさん at 2014-11-04 13:40 x
>Brother Jさん
室蘭の夜は男たちの健全な営み?!でございます(汗、、、、

ぶらざ~はタマタマアナっただけで、まだ本格的にアナった事ないでしょ?
アタシはすっかりAFの虜でございます!

※AFとはアナゴフィッシングの略でございます。


<< アナゴ釣りの必需品! INGc... 穴子の蒲焼、、、 >>