改良進化したRODtip-435 HITTER-Lightning

お久しブリッコでございます!

タイトルをご覧になって何のこっちゃ?と思われた読者諸兄も居られるかと・・・・・?。
大物派、遠投派、スタイルの違いはあれど同じ投げ釣り派。そんなキャスター諸兄が必ずタックルバックやライフジャケットのポケットに忍ばせ、辺が薄暗くなるとおもむろに取り出して自慢の竿先に装着、次第に暗闇に包まれてゆく中、エッチ臭い光が揺れる瞬間をワクワクドキドキしながら眺める。投げの夜釣りにはそんな楽しみも有るのではないでしょうか。そして、そんなエッチ臭い光を更にヤラシク灯したいと考え作られたのがこちらのアイテム。






『INGco.,』よりこの秋新たに発売となったLED内蔵アタリを知らせる竿先ライト 、
RODtip-435 HITTER-Lightning (ライトニング 【稲光】)

e0338196_11163695.jpg
特徴としては通常は消灯状態で、竿先に強い振動があるとその都度点灯するというスグレもの。エロいでしょ♪
e0338196_11183306.jpg
e0338196_11191049.jpg
今回naoさんの元に届いたのは、レットとグリーンの二種類。
e0338196_11195419.jpg
e0338196_11201475.jpg
使用電池はLR-521を3個使用し、点灯時間は20時間から30時間。使用していないときは電池を取り出して保管。故に勿論電池交換が可能なまさにECO。
本体サイズはノーマルタイプのφ7.5×65mm・本体重量(電池含む)4.1gに対しφ8.8×81mm・本体重量(電池含む)5gと一回り大きく重くなっております。
あれ、これって前からあったんじゃない。と思われる諸兄もおられると思いますが、確かにそのとおりで、そして使ってみたけど直ぐに点灯不良を起こして使えなくなってしまったぞ、などと苦い経験をされたオッサンもおられるかと。実はアタシもそんなオッサンの一人でございました。
しかしこちらの製品、以前よく起こっていた、実に腹立たしい ” 釣りの最中に点灯不良を起こす” 等のトラブルに対し、何度もテストと改良を行い以前の製品よりさらに品質を向上させた品物となっているのです。
とはいえ難点があるのも事実で、アタリ以外に道糸が強い風や波の影響を受けて点灯してしまうという、機能上どうにもならない弱点もございます。しかしそれに対しても感度をやや抑えるといった改良を施す事で、以前と比べてより誤作動が少ない仕上がりとなっております。
しかしながらメインの竿先ライトとして使用するには多少無理があるような気がするのも無きにしもあらず。
オススメとしてはむしろサブ的なアイテムとして、タックルバックやライフジャケットのポケットに1、2個忍ばせ、時には彼女を誘って夜のデートフィッシングなんてシャレこんでみるのはいかがでしょう。

ロマンチックな夜の海で、ビクンビクン!とエロい反応をした竿の先に灯る光を指差し『ほら、見てごらんこんなにアタッテるヨ!』なんてやっちゃうと『ネェ、また夜釣りシタイネ♪』と彼女の方から誘って来る、なんて事が起こる !・・・・かも?
そして釣りの後は、『夜釣りですっかり冷えちゃったネ、何処かで温まって行く?』なんて事にも、なるかならないかは・・・


当方は一切関知しないので、ソノおつもりで。


やっぱり夜釣りだネ~・・・っと思ったらポチっと。

にほんブログ村




あっ勃ってる! ・・・・(アタッてる?)


【当ブログは決してエロブログではございません】

by ssc-nao | 2015-12-29 15:13 | 釣り道具 | Comments(0)
<< 2016年札幌サーフ始動! テスト??のお供でマタまたアナ... >>