カテゴリ:未分類( 99 )

つ、釣れない(_ _。)

5月3日午前2時ベットを抜け出し2時30分、私は愛馬トルネードを駆って、



ギスカジカの圧制に苦しむマガレイたちを救うべく幌無意港に向かった。



アンダルシアの空の下疾風の如く駆け抜けた愛馬は今や私同様傷つい



ていた。



トルネードよ、お前も年をとったな・・・ 



ん、私もか?・・・




午前4時15分明け方の幌向港に見参・・・

e0338196_10171341.jpg



我が剣スピンパワーを天高く突き上げる・・・

e0338196_10171348.jpg


e0338196_10171301.jpg


e0338196_10171335.jpg



朝日を受け敵を敵を迎え撃つ!

e0338196_10171439.jpg



ゲスカジカめ!お嬢さんを離せ!!

e0338196_10171426.jpg




と、まぁ~こんな事を考えながらギス共を千切っては投げ、ちぎっては、



投げ・・・・



しかし、なかなかお嬢さん(マガレイ)を救う事が出来ません・・・



ひっ、暇だ・・・・





釣り座の後ろ・・・

e0338196_10171423.jpg




日が高くなるにつれ、ウネリも・・・

e0338196_10171445.jpg




うっ、・・・已むを得ん、一先ず下がるか・・・

e0338196_10171416.jpg




暇だ・・・

e0338196_10171562.jpg



ほんの20~30mほど投げると水深20mライン! なのにナゼ・・・・

e0338196_10171544.jpg




暇だ・・・

e0338196_10171573.jpg


e0338196_10171542.jpg


e0338196_10171572.jpg




暇すぎて・・・

e0338196_10171582.jpg


e0338196_10171655.jpg


e0338196_10171612.jpg



どうやら、私に恐れをなした敵はお嬢さんたちを何処かに連れ去って



しまったようだ・・・






今日のところは引き上げるとするか・・・ (‾□‾;)




武田の島も今日は悪かったようだ。

e0338196_10171621.jpg


e0338196_10171646.jpg



この日、私より奥に入っ戦士たちはアタリすら無かった! っと・・・




e0338196_10171697.jpg




おのれ!必ずや・・・・




e0338196_10171640.jpg



・・・・・




e0338196_10171712.jpg



・・・・・





アホか?っと思ったら ”ポチ” っと・・・(;^_^A

e0338196_10171733.jpg


にほんブログ村


by ssc-nao | 2010-05-04 09:11 | Comments(8)

北海道協会・春季通信大会、申し込み忘れて、、、釣りだけ参上!


4月25日(日曜日) 函館会場にてキャスティング大会が開催されました。



ですが、、、



私、申し込みを忘れて参加できませんでした(^▽^;)



・・・・



でも、親分とその仲間たちの一部が、



福島町の岩部の磯に渡し舟で上陸してババガレイを狙う!



と言う計画を察知した私は、すかさず参加表明し日曜日の朝



単身函館を目指し札幌を出発したのだ。






親分一行と合流したのは知内の温泉



この日は福島町の船宿に一泊し明朝3時に起床、準備出来次第



秘境岩部に出撃!  



の予定であった・・・・





その前に私は現地の友人に連絡を入れ久々の再会を果たし



暗くなるまで共に2時間ほど福島漁港で竿を並べることが出来た。



彼は30弱のマコを一枚釣り、



『もって行って下さい』 っと持たせてくれた。



私はホッケ1本の釣果だった。






宿に戻ると、宴も酣でございます!



頂いたマコは親分が鮮やかな包丁捌きで、あっという間に刺身に!


親分の作った料理を取り囲みワイのワイと盛り上がり22時には消灯



実はこの時既に、楽しみにしていた秘境岩部には渡れない事が



決定事項として船頭から告げられていた


(なかなか渡れない事で有名な場所)





かなし~い(T_T)




なんの為に片道約400Kmも一人はしったのだろうか?





結局翌朝、福島漁港の沖提に渡してもらい、まだ真っ暗な中実釣開始。




・・・・ しかし暗いうちは全員、全く反応無し男君(-"-;A




それでも夜明けと共に待ってました!っとばかりに4人で外海めがけて、



フルキャスト



ターゲットはマコガレイ40オーバー!






・・・・しかし、ここもご他聞に漏れず 





『しぶい!・・・・』





それでもなんとか皆、竿上げの11時までに、



マコ・やイシ、アサバ、マガレイ等のカレイ類とホッケ、アブラコをそこそこ



ゲットして沖提を後にする事が出来た(o^-')b







本日の獲物、最長34.5cm(^_^;)・・・ 

e0338196_10170759.jpg


(カメラマン・S親分)




帰りは松前経由で釣り場の下見(-_☆)


e0338196_10170719.jpg


松前小島でしょうか? 今年上陸するべ!!


っと計画が水面下で・・・




このオジサンたちは、いったい何処ぇ行くのでしょうか???

e0338196_10170708.jpg


e0338196_10170712.jpg




藪の切れている所から崖???

e0338196_10170723.jpg




ここを、こ~やって行って、あそこを通り、、、あそこを渡って・・・・・

e0338196_10170844.jpg




あそこに、ロープが渡して有るから・・・・・・


e0338196_10170805.jpg




【岬左側の湾胴】


e0338196_10170811.jpg


e0338196_10170899.jpg




【岬の右側の磯】

e0338196_10170818.jpg


e0338196_10170862.jpg




帰りに来た道??を、、、(何処に道があるんじゃ?)


e0338196_10170816.jpg


夜ここを目指すのはチョッとチビリそうです




獣か? っと思ったら ”ポチ” っと 





にほんブログ村




e0338196_10170827.jpg



by ssc-nao | 2010-04-26 20:31 | Comments(10)

水曜日はカレイ日和!?(‾ー☆ ・・・・

今期は時化の日が多く、良い思いをしとりません、、、



しかし週間天気予報では水曜日(今日)だけナイスな予報が出ておりました。



(-_☆)



すかさず会社の年休計画表をチェック!



・・・・ 微妙~な空き、、、



それを見ていた上司、゜゜゜゜゜-y(^。^)。o0○ 『疲れてるのかい?』



(‾_‾ i) つ、疲れた・・・・



『良いよ!』 (o^-')b



(;^ω^A 『マジで!?』






変則勤務の為今週は深夜の帰宅、実際かなり疲れております(><;)



なので、本日は残り餌のみで朝はゆっくりの出動!



積丹に向かいましたが、晴れてこそいるものの、



強風とウネリで目的の釣り場は無理な感じ、、、



(-"-;A こればっかじゃん



しょうがなく、兜の左の磯に下りました






e0338196_10170012.jpg


一時間ほどしてクロガシラが! 



釣れていました(^_^;)



アタリがとれん、、、、



e0338196_10170042.jpg



先端方面は頭から被っていましたよ

e0338196_10170045.jpg



ここも、既に立ち込み状態(^▽^;)

e0338196_10170052.jpg



足元の海面が下がってわ~・・・・

e0338196_10170007.jpg




盛り上がり・・・



e0338196_10170165.jpg



いや~ん、、、こないでぇ~~!


e0338196_10170118.jpg



ザバーーーーン (‾_‾ i)



e0338196_10170112.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うんざりしていると、今度は明確なアタリ



まあまあの手ごたえで、あがって来たのはイシモチ(イシカレイ)


e0338196_10170160.jpg




年休まで取って来たのに本日は、 『これにて一件落着~!』




ヘナチョコっぷりを遺憾なく発揮してまいりましたとさぁ~~





一日一回 ”ポチッ” っとねん




にほんブログ村



又、地下に潜るかなぁ・・・・・


by ssc-nao | 2010-03-24 21:42 | Comments(16)

知らぬが仏? キナウシ岬

一昨日のお昼過ぎ、



我がクラブの総長殿よりTELが、、、



私めは先週は夜勤だったためスコヤカにネンネしておりました



目覚めて直ぐに折り返しTELすると、今晩夜中からキナウシへの



釣りのお誘い  しかし



私めはこれから夜勤でございます(iДi)



優しい総長殿は、夜勤が明けてから来るのなら場所空けて待って



居てくれると言う、、、



そして到着がお昼頃になる私めに夕方まで付き合ってくれると言う(゜ーÅ)



・・・・



 夜勤明け、



大急ぎで支度を済ませ一路積丹半島神恵内村キナウシに向け車を



飛ばします



到着はお昼過ぎ



にこやかに総長がお出迎えしてくれました(*^ー^)ノ



しかし、何でも津波が来るとか?!  



総長の下に色んな方から心配TELが入っていたようで・・・・



そう言えば、支度をしている時に何やらチラッとTVが言っていたような・・・


(ほとんど耳に入っていなかった)



チョイとビビりながらも実釣開始!



総長は夜もまる物をそこそこゲットしたそうで、朝方から20枚位の良型



カレイをキープされておりました



しかし、今は食いが止まっているとの事(^▽^;)



まあ~釣れなくても、、、



仲間と竿が振れればそれだけで満足なんですがネ(^_-)☆




総長良型マガレイゲット

e0338196_10170591.jpg



羨まし~い



e0338196_10170580.jpg



また来たかっ



e0338196_10170522.jpg



ポツラ、ポツラと総長殿にはカレイが・・・・



私めには ・・・・・・




右手にはお二人様が遠投しておられます



e0338196_10170646.jpg


e0338196_10170679.jpg





やっと 私めにもダブルでカレイがヒット

e0338196_10170627.jpg



しかし、、、アサバガレイでした



その後カワガレイを一枚ゲット、、、 



・・・



そして、前回総長がロストした仕掛けを偶然釣り上げ、、、



それには手のひらマガレイが付いていた・・・



コレ、誰の獲物?・・・ 



総長  どうぞ



(●´ω`●)ゞ ・・・






        【本日の釣果】

e0338196_10170668.jpg




帰宅すると、、、、津波のニュース(*_*)



えっ               そんなに・・・・





ヤバイヤバイ、、、






にほんブログ村
by ssc-nao | 2010-03-01 10:21 | Comments(21)

東の風やや強し!




先日届いた荷物



e0338196_10164999.jpg


e0338196_10164915.jpg



真空錘用のオモリ止め、、、





石鯛釣り用の物なので北海道内の釣具店では



お目にかかれませんが、、、




根物狙いに活躍?することでしょう・・・








・・・・・・・・・・・・・ ところで ?






おはようございます

e0338196_10164995.jpg


e0338196_10165096.jpg



先ずは砂カレイからスタート

e0338196_10165047.jpg


e0338196_10165085.jpg




???

e0338196_10165022.jpg




先端方面一等地は既に押さえられておりましたが、、、



東風が強く、糸が流れそうだったので間隔を空けて入ったものの、



隙あらば!っとばかりに間に後から来た釣り人が刺さりこみ(・_・;)



思いっきり私の右手から、左に向かってなげてきます((o(-゛-;)



 ワッショイワッショイ・・・・・そぉ~れ、それそれ・・・・・  



・・・・・・・・・・・



面白くないし、気持ちよく投げたいので更に間隔を開く為移動




すると、また後から来た釣り人が刺さり・・・・  



私の左に向かってなげてきます((o(-゛-;) 



いい加減頭来たので・・・・



『そっちに投げたいなら俺のコッチに入って投げればいいでしょ!』



っと優しく指を示したら・・・



『すいません、失敗しちゃったんです、、、』



・・・・・・・・・・・・



┐(‾ヘ‾)┌  





e0338196_10165003.jpg




良型のクロガシラ?らしきカレイを目の前まで寄せたところで、



ばらし・・・



姿を見てからのバラシは又悔しい~(笑)




どんどん風が強くなるようだし、さっぱり中らなくなったので、



ここはこれまででしょうかね~




岩内港も寄って見ましたが、



保安庁の船が構内で睨みを効かせていましたよ




ワッカケも覗いてみましたが・・・・

e0338196_10165071.jpg


e0338196_10165002.jpg




今日は何処も風が強くて気持ちが





結局持ち帰った獲物はこれだけ(゜ーÅ)



e0338196_10165055.jpg




     





にほんブログ村
by ssc-nao | 2010-02-25 21:17 | Comments(12)

ピンボケの石狩東・・・


東防は完全に雪に閉ざされています・・・



道路脇には10台近くの車が!



皆さん雪を漕ぎ歩いて東防まで??・・・・



信じられない!・・・・



・・・・



凄い距離ですよ!!








ためらった挙句に、



歩き始めて居りました(笑)



降り積もった雪に、獣道の様にジグザグに人が歩いた跡が続きます。



前回までは防波堤の付け根まで車で入って行けたのですが・・・・


(遭難しかかったけど)



しかし、歩きづらい(-"-;A



足を取られてフラフラ、ヨタヨタしながら孤独な道のりを・・・・



何度も引き返そうかと・・・・



防波堤によじ登り、V字の付け根を飛び越え再び先端目指して、



ヨタヨタ、フラフラ・・・・



先端には3名、



先ほど入り口で、行こうか? 止め様か? っと躊躇って居た時に、



同時に到着した見知らぬ方に、



「行くぞ!! 早く準備しな!!」 っと言われたが、



「歩いて行っても、先端は入れそうも無いからなぁ~止め様かな?」



等と言ってモゴモゴしていたのだが、



先端にはその方が居り、



「折角ここまで歩いてきたのだから、ここに入りな!」



っと最先端を空けていただき、ロット2本をセット。



しかし、疲れた(゜_゜i)



オマケに状況は良くないらしい・・・



陸はほとんど無風だったが、ここは西からの強風が吹いております。



折角苦労して来たのに釣れなかったら、骨折り損のクタビレモウケ!!





西に手稲の町とスキー場のナイターの明かりが見えますが・・・・





手振れで全ての写真が ”ピンボケ” です(;´▽`A``


e0338196_10164387.jpg



前回はここで恐怖を味わった(((( ;°Д°))))

e0338196_10164338.jpg


e0338196_10164320.jpg


e0338196_10164346.jpg










頑張りましたが2匹の釣果で本日納竿、遅くに釣れた一匹は産卵後で



お腹がペッタンコ・・・








延々とこのような道程? を歩いて歩いて歩いて帰って来ました(;^_^A



e0338196_10164386.jpg



さあ~帰ろう!

e0338196_10164462.jpg


e0338196_10164437.jpg


e0338196_10164461.jpg


e0338196_10164485.jpg


e0338196_10164400.jpg




もう、雪は要りませんね!




早く春が来て欲しい。


by ssc-nao | 2010-01-19 10:21 | Comments(14)

石狩湾低気圧!

昨日1月13日 本年2回目の釣行に向かった先は無謀にも石狩湾新港の東防波堤先端部。


当初天気予報では低気圧が発達しているとの予報で行く予定ではなかったのだが、夕方いつもの釣具店に仕掛けのパーツを買いに行くと、なじみの店員さんとの釣り談義に花が咲き、ムラムラっと悪い虫が騒ぎ出した。


今年は石狩湾新港で大型のコマイ(オオマイ)が調子良いらしい。


何故か買い物カゴの中にはイソメ2パックが入っており、帰りがけに我がクラブで石狩在住のT名人に℡していた。


帰宅後早々にイソメ1パックを塩〆にして、準備を整え出発したのは21時を回っていた、途中T名人に℡すると既に防波堤に向かって歩いているところだと言う、そして東防は平日にもかかわらずかなりの釣り人が居るとの事。


22時頃に東防の付け根の駐車スペースに到着し、身支度を整えていると横殴りの雪が吹き付けてきた・・・・


防波堤からは続々と釣り人が引き上げてくる。



防波堤上は波こそは上がっていないものの猛吹雪でキャップライトが吹き付ける雪に乱反射してほとんど前が見えない・・・ 途中前から引き上げてくる釣り人とすれ違ったがその後は誰にも会わなかった。


しばらく歩くと釣り人が一人竿を出していた、そのまま歩き過ぎようとした時、その人が、「○○さんですか?!」っと声を掛けてきてT名人だと気がついた。 


何処をどれだけ歩いているか解らない状況の中、先端まで来ていたようだ。


早々にT名人よりポイントのレクチャーを受け竿2本をセットして中りを待つ間、この釣り場の時化た時の風向きとウネリの向き、そして逃げるタイミングの指導を受けていた。



e0338196_10164454.jpg






T名人は私が到着する前に既に2本のコマイを揚げており、中りを待つ間下ごしらえを始める。


頭を落とし・・・

e0338196_10164548.jpg


尻尾を落とし・・・

e0338196_10164559.jpg


卵を傷つけないように捌いたのだが、少し産卵してしまったようだ・・・
e0338196_10164582.jpg


e0338196_10164522.jpg


捌き終わったコマイを海水の入ったバケツに入れて帰るまで洗浄と血抜きを・・・





当初東よりの風が吹き吹雪いていたのだが、T名人の予測通り突然無風状態に・・・・


「風が変わりますよ! ちょうど今、台風の目の中にに入った様な状態です・・・・」


「西風が北西に変わり、もし北風が着いてきたらウネリガ上がって来ますから直ぐに逃げなきゃならんです!」


すると間も無く予言通り無風状態から間逆の北西風が猛吹雪となって襲い掛かってきた! 突然辺り一面が一瞬青白い閃光に 覆われ、まるで昼間の様に全体の景色が青白く目に映った、間も無く雷鳴が轟いた!


そんな時、私のロットが激しく揺れだす!落雷の恐怖と戦いながら巻き上げると? 30cmに届くか?位のカジカであった、直ぐにリリースして投げ返す。


その後も数度、閃光と雷鳴が轟き横殴りの雪は容赦なく襲い掛かって来た、そして突然吹き付けていた風が勢いを増し、海水を汲んだバケツをぶら下げていたステンレス製の立ち込み三脚が、ロットと共にぶっ飛ばされた。


同時にロットケースが防波堤上を走り始め、あわてて飛びつきその場に伏せた!起き上がると風の勢いで身体が飛ばされそうになる。


這いつくばったまま荷物の有る場所に戻ると、T名人もロットを飛ばされ這いつくばって荷物を抑えていた・・・


「帰りましょう!」っとT名人が言う間も無くロットを手繰り寄せて、リールの手前からラインを切り急いで荷物をまとめようとするのだが、益々勢いを付けて来た雪と風に視界を遮られ手元が覚束ない・・・最悪道具を放棄して逃げなきゃならんな!っと考えつつも乱暴に荷作りするものだから背負子のバックルが壊れてしまった。 


それでもなんとか荷作りを終えた所に、ザバーっと潮が降りかかって来た。


こうなると帰りの防波堤上も非常に恐怖だ、吹雪で海が見えず波やウネリが、いつ何処から襲い掛かるか解らない・・・ 


やっとの思いで最後の難所V字型に防波堤と防波堤が付合わさった所にたどり着き、そこを飛び越え防波堤を降りる梯子にたどり着いたが、下は波が押し寄せていた。 


先に下ろしたロットケースが波に流されかけたが、事なきを得て命からがら車にたどり着き荷物を積み込んでいると、車まで潮を被り出した。



何とか帰路に着く事が出来たのだが、問題はまだ残っていた! 完全にホワイトアウト状態で吹雪に視界を遮られ、一気に積もった雪は帰りのルートを覆い隠してしまっていたのだ。


日産の4WDトラックに乗ったT名人が先行して、4WDとは言えセダンの私は後に続いた。


猛吹雪で周りが見えない中テールライトとタイヤ痕だけを頼りにT名人に続いたが、突然T名人の車の動きが止まった。


吹き溜まりにはまりスタックしてしまったのだ、車を降りて吹雪の中目を凝らすとどうやらかなりルートを外れて土手に近づいてしまっていたようだ。


吹雪が更に地吹雪となり、吹き溜まりがどんどん大きくなってゆく中、懸命に脱出を試みるが車はどんどん深みに嵌って行き、どん亀状態! こうなると下手にもがくと余計に深みにはまるのでスノーヘルパーを噛ましてスコップで車の掘り起こしにかかった。


既に私の車は後方からの風雪で後ろが埋まりかけている、少し動かしてみたがやはりスタックしてしまっていた。


頼みの綱はT名人の4WDなので、先ずはそちらを出すことに専念し二人で車の下の雪をスコップで堀っていると、カクン!っと車が下に下がった、ヘルパーをセットしなおしT名人が車に乗り込みバックギアに入れアクセルを踏むがやはり車輪は空回り、そこで私が前に回りこみボンネットに手を掛けて満身の力を込めて押した!


ググググッ、、、動いた!何度か車をゆすり完全に脱出成功。


しかし、ルートを外れていたのでもはや前進は不可能、後は再びスタックさせないように前進後退を繰り返しながら少しづつ方向転換し来た道を戻り、正しいルートを探さなければならない。


何度もスタックしそうになりながら、やっと方向を変えることが出来たので、私は自分の車を見失わないように車のライトを点けっぱなしにしてT名人の車に乗り込み再び来た方向と思われる場所に向かった。


吹雪もやや収まりなんとか視界が出来て、やっと帰りのルートを見つける事が出来た、そして再び私の車を回収しにワダチに沿って走らせ、雪に埋もれた私の車に牽引ロープを付けて引き上げた。


安全な場所までずーっとバックで引っ張られながら走るのだが、窓を開けてたりしていたのでリアウインドウに雪が吹きつけ内側に水滴が付き見えない、地吹雪が舞う中窓から頭を出してT名人の引っ張る車の後に続くのだが目が開けていられない。


やがてハザードとクラクションの合図でT名人の車が止まる。


安全地帯にたどり着いたのだ。


牽引ロープを外し今度は私が先行した、万が一スタックしてもT名人が行動可能であれば脱出しやすいからだ。


途中山のように吹き溜まりが出来ていたが、ここは躊躇せずに一気に加速して突き抜けた、一瞬で視界が雪の中に埋もれたがやがて車は道えのアプローチにたどり着いていた・・・・




自動販売機で温かいココアをおごって頂き、本日の釣行の教訓と反省を語り、帰り際にT名人より仕掛けを頂きました。




【意外に食いが良いという小型三角ピン使用の胴突き2本バリ仕掛け。】

e0338196_10164585.jpg


e0338196_10164675.jpg


e0338196_10164696.jpg









これは【遊動天秤を用いた吹流し2本バリ仕掛け】のハリス部分で、カレイ釣りの時は左端に写っているフロートを外して使用すると良いそうです。

e0338196_10164629.jpg


e0338196_10164676.jpg



これが自作遊動天秤部分

e0338196_10164688.jpg



吹流し遊動天秤仕掛けは全体に仕掛けの全長が長くなる為、投げる際慣れが必要だが食い渋りには有効な仕掛けだそうです。



いずれの仕掛けもステンレス線の細工が素晴らしく、綺麗な仕上がりでこのような仕掛け作りを目指したいものです。






T名人いつも本当にありがとう♪ 怖かったね、、、でも良い教訓になりました。




休日に釣りに出かけたいが、天気が悪い、、、ギリギリ何とかなるか? 


ついつい無理をしてしまう・・・・・ 



昨年の苫小牧での事故で思ったのは、自分があの時その場に居たら”はたして釣行を断念”しただろうか?


そんな疑問が頭をよぎりました・・・



決して他人事ではなく、たまたまその場に居なかっただけ!かもしれません・・・・


by ssc-nao | 2010-01-14 19:32 | Comments(14)

2010年初釣り・積丹 ポン藻岩


今年の初釣りに行って参りました(-^□^-)



「今サクちゃんとアン○ルに新年会の景品買いに来ているんだけど、


今年の初釣りは、連休中波風が何とか落ち着く4日でどお?」。


っと親分から連絡をいただいたのが数日前、、、


当初の予定では余市のワッカケ岬を予定しておりましたが波、風を見ると


無理な感じ。


そうなると半島の裏側を攻めるのがセオリー!



と言う事で西北西の風、波3~1mの予報が出ている積丹半島を目指したのが


1月4日4:00AM。



薄っすらと夜が明け始めた頃、先ずは第一候補のキナウシ岬に到着。


駐車スペースには一台の車が・・・


サク○○氏、「あの車オオ○○じゃねーか?!」



車の主は社内でシートを倒し仮眠中の様子・・・



先ずは親分と磯の状況を確認しに向かいます!


多少波が被ってはいるけど釣りにはなりそう、しかしこのうねりではカレイは


厳しい感じが(°д°;)



親分の判断で、再び弁天岬か兜千畳敷に戻ることになり、向かう車中で再び


親分が「ポン藻岩に行くか??」っと、、、



サク○○氏、「親分にお任せしやす!」。



実は親分兜千畳敷がお嫌い(‾^‾)・・・


(俺、あそこはポイントが近いから嫌いなんだよなぁ) ・・・・



サク○○氏、「でも兜が一番釣れるしょ。」 (^人^)



親分、「そうなんだよな!。」 (;^ω^A アハハハハ!



私、後部座席で、 ┐(‾ヘ‾)┌ ヤレヤレ・・・


(遠投バ○はこれだもん。) (^_^;)



そんな楽しいやり取りをしながら現地に到着!



いつものヨットイレでネクサスマンに変~身 (=`(∞)´=)



雪を漕ぎ、サラシを漕ぎ岩を登っては降り・・・



着いた時には三人とも汗びっしょり (゜_゜i)(゜_゜i)(゜_゜i)



時々うねりが上がって来ますが、釣りにはなりそうです!



逸る気持ちを抑え私はロット2本をセット、一本は胴突き天秤2本バリで


もう一本は胴突き2本バリの中間にロケットカゴにアミブロックを詰めた物。


いずれもフルキャストで攻めます!



画像手前右より私、真ん中に親分、左にサク○○氏の布陣です。



そして先ほどのキナウシの先行者はやはり我がクラブの総長殿と


菊リンのペアーでした!


気合の泊り込み釣行で昨日から入釣していたそうで、ホッケばかりかなり


釣り上げたそうですが、カレイは菊りんが釣った一枚だけ、っとの事。


やはり時化続きで今日もこのうねりです、カレイは厳しいかも?・・・

e0338196_10164728.jpg



私の釣り座右手 祈石方面

e0338196_10164713.jpg



e0338196_10164736.jpg




左手 弁天島方面

e0338196_10164781.jpg





サク○○氏はコンスタントにホッケを水揚げしております。

e0338196_10164704.jpg




そしてスペシャルゲストの登場?・・・

e0338196_10164871.jpg



シャッターチャンスを逃しましたが、トド参上です (><;)

e0338196_10164815.jpg




結局午後2時頃に、それぞれホッケをそこそことカレイを格1~3位釣って終了!





e0338196_10164877.jpg




本日の釣果・・・・


カレイは埋もれております (;^ω^A


by ssc-nao | 2010-01-04 19:28 | Comments(14)

吹雪の中で投げ!

本日朝、長~い夜勤を終え大急ぎで支度をして10AMには親分宅に到着致しました。


すぐに親分の高級外車に荷物を積み込み、途中千歳市内の釣具店アン○ルで餌を受け取り支笏湖廻りで一路積丹半島を目指すのですが、窓の景色は一面の銀世界でございます。


昼飯に蕎麦をすすり、ゆっくりと車を走らせていると泊村辺りから深々と雪が降り出し弁天島から先は猛吹雪・・・


さらに海の様子もどんどんうねりが強くなる様なので第一候補のキナウシをあきらめて、第二候補の弁天島を本日のステージに選びました。



雪に埋まった道路に車を進め、小奇麗な便所で着替えを済ませて、雪を漕ぎながら釣り場に向かいましたよ!


気温はマイナス3℃位でしょうか?! 最新のネクサスに身を包んだ私めはシットリ?と汗ばむ位でした(-。−;)



どうやらこのうねりではカレイは厳しいなぁ・・・などと親分と途中の晒しに気をつけながらポイントに向かいます。


着いた時には雪も小降りになり、風も弱い追い風多少期待をしつつ早々にロット2本をセットし打ち込みます。



口火を切ったのはやはり親分でホッケのダブル!その後もシングル、ダブルとコンスタントに水揚げしております。


私めにもダブル、シングルとポツラポツラとホッケが来るものの、平べったいのが来やしません(;^ω^A ・・・



カレイがダメでも釣果が有れば良いさ(b^-゜)・・・・と取り込み中の親分

e0338196_10164015.png


e0338196_10164088.png



途中雪はやや小降りになった物のうねりは増すばかり



e0338196_10164134.png




その後一時雪が止んだものの・・・・

e0338196_10164160.png




この後猛吹雪に見舞われた親分と子分・・・・

e0338196_10164130.png





そして、どんどん波も高くなり足元を晒し始めた為僅か3時間弱で撤収となりましたY(>_<、)Y



あっという間に雪に埋もれた道具たちを掘り起こしながらの厳しい撤収でございました




2009年のつり納めでございます




にほんブログ村


    


もう諦めたの?っと思ったら ”ポチ” っとお願いネ


by ssc-nao | 2009-12-18 22:04 | Comments(18)

S・サーフ月例会(納竿)

11月28日未明~11月29日午前9時(竿上げ)、クラブの納竿大会が


北北西の強風の吹く氷点下の気温の中、宮野~太田間で行われました。



S・サーフの月例会は、年6回バスをチャーターして執り行われますが、


E・サーフの方々、磯釣り12人会の方々のビジター参加によるご協力で


運営されております(感謝)



何時もの如く親分に張り付いて行った、今回の入釣場所は、


「第一富磯・大岩」の釣り場です。



今回の私の装備は、リュック・ロットケース(ロット3本・ステン立ち込み


三脚)、それにイカゴロ60本、コマセ2袋、アミブロック1個、カツオにサンマ


ムシ餌、・・・・・・etc、が満載のバッカン1個、、、



正直荷物が重く、かさ張り、死ぬかと思いました



先ず手始めにアクシデント?でバスの降りる場所を行き過ぎてしまい、


坂道をしばら~く歩くはめに・・・・



そして、道路から釣り場までは急な崖下りとゴロタ場歩き、そしてトドメの


大岩の上り下り


何度も言いますが、「死ぬかと思いました!」・・・


皆さん、荷物は控えめに(;^ω^A



今回この場所には5人が二手に分散して入ったのですが、


(私、付いて行けずに置いていかれましたが(iДi)・・・)


親分と私、そしてK君が右の岩場、SさんとIさんの御二方が左の岩場に


それぞれ陣を張りました。



休み休み釣り場にたどり着いたのは、親分たちに遅れること数十分、、、


既に親分はマゾイ40cmクラスを抜いた後でした( p_q)



なんとか釣り座を確保しましたが、海面からかなりの高さが有り足元から


ほぼ垂直に切り立っているので結構怖かった、因みに水汲みバケツの


ロープがギリギリ届く高さです、、、落ちたら本当に死にます。



足腰がプルプルする中、仕掛けを投入するとポッラポッラと釣れ出しますが、


型が出ません、めげずに打ち続けるとやがて入れ食いモードに突入です。


30cm以下のアブラコ、ホッケは全部リリースしましたが、


カジカにマゾイ、クロゾイ、八チガラ、アブラコ、ホッケにギンポ、、、


七目釣りです(;^ω^A 全部お持ち帰りしたらクーラー満タンで帰りに、


確実に死んでいたでしょう





一段落して・・・・

e0338196_10162880.jpg


漁火が煌煌と灯っております・・・・・・
e0338196_10162883.jpg





正面に奥尻島がくっきりと浮かんでおります。

e0338196_10162865.jpg





夜明けと共に強い向かい風が吹き付けますが、ロットを追加して


3本体制で奮闘するも・・・・


30cm前後のアブラコにローソクホッケの散発に終わり・・・


(ほぼリリース)

e0338196_10162902.jpg





左手の岩場で奮闘するIさん、Sさんのお二人、釣果が気になりますねぇ!?

e0338196_10162936.jpg






しんどい帰り道をなんとか乗り越え、生きて審査に臨む事が出来ました。


今回は納竿と言う事で、温泉と昼食をクラブで振舞って頂きました♪


(北檜山温泉駐車場にて審査と表彰式)

e0338196_10162969.jpg




私、なんとか40upのカジカを頭にマゾイ、アブラコ、ホッケの計5匹を


審査に提出して・・・・・・



e0338196_10162927.jpg




優勝は左の岩場に入釣した I 幹事長殿


おめでとうございます






・・・・・・・・・・・・・・・・・・








にほんブログ村 投げ釣り
  結果は何位だったん?


    


っと思ったら ”ポチ” っと押してネ(;^ω^A






















親分が4位で、私は5位ですたf^_^;・・・・・






by ssc-nao | 2009-11-29 19:43 | Comments(16)