カテゴリ:SSC月例会( 9 )

札幌サーフ 月例会・日本海(本目~須築間)

5月18日(土)~19日(日)に札幌サーフの2013年第二回目の月例会が日本海側の島牧にて開催されました。 



範囲は本目~須築で会員、ビジター2名の総勢14名で18日午後19時に札幌をバスが出発しました。



さて、わたくしは今回もデカソイ一発勝負でございます、、



今回ご一緒させていただいたのは金澤氏と吉田氏でございますが、金澤氏もやはりソイが釣りたいとのことで白糸岬を選択されていた物に、わたくしと吉田氏が便乗でございます。



e0338196_10192292.jpg



釣り座では沖向き正面に対し右側に金澤氏、吉田氏、わたくしの順で竿を出しました。



スタートの火蓋を切ったのは金澤氏でございました、次に吉田氏もヒットさせております・・・・



でもわたくしの竿はピクリともいたしません(-"-;A



お二人ともホッケにアブラコ、ハチガラ等あまり大きくはありませんが着々と釣果を上げておりますが、


私は依然ボンズ、、、、ヤバイぞ(゜_゜i)



でかソイはどうしたのでございましょうか???・・・・



ソイの一発勝負に掛けているわたくしの仕掛けは、比較的アブラコやカジカが付き難い仕様となっているため本命が来なければマジでボンズを食らう可能性もあります、、、、



何度か打ち返しているとやっとわたくしの竿にも反応が! 



しかしどう見てもアブラコのアタリでございます?!



でかソイでは有りませんが、あまりにも釣れないとアブラコでも嬉ぴい~(゜ーÅ)


何とか丸々と太ったアブラコの40cm程を確保しました、後はデカソイでございます!



が、、、その後も散発で中型のアブラコを追加するのみで夜が明けてしまいました(・Θ・;)



すると沖合いで何か飛んでいます、、、、



e0338196_10192224.jpg


見えますでしょうか? イルカの群れでございます、、、、




結局デカソイを外してしまった・・・・・・



何故でしょうか?金澤氏がチビソイを一尾釣ったのみで後は誰にもソイが来ないと言うのは?・・・・



夜のうちにヤリイカが光っていましたが、そのせいなのか? 産卵で餌を捕らない? 



キビナゴ漁のせい?・・・・・


解りまヘン ┐(‾ヘ‾)┌




わたくしの釣り座でございます、、、、

e0338196_10192270.jpg



釣り座からの景色でございます(^_^)



e0338196_10192290.jpg



e0338196_10192395.jpg



e0338196_10192385.jpg



e0338196_10192327.jpg




金澤氏が夜明けから一人良型のホッケを爆釣し始めました、ホッケが途切れるとお次はクロガシラ祭り!



プチ入れ食い状態でバッカンが一杯になって居ります(@_@)



やはり釣りの上手な人は何処か違いますね





わたくしは?と言うと、これと言ったドラマも無く納竿の時間がやってきて釣り座を後にしましたが、



e0338196_10192398.jpg



e0338196_10192314.jpg



e0338196_10192305.jpg



美しい景色を眺める事が出来るのも釣りの醍醐味の一つですね♪



ここからは審査風景でございます、、、

e0338196_10192366.jpg

e0338196_10192382.jpg


e0338196_10192335.jpg

e0338196_10192392.jpg




何故か、カジカとソイの提出が少ないですね、、、、


e0338196_10192346.jpg

e0338196_10192430.jpg


e0338196_10192477.jpg

e0338196_10192449.jpg




唯一、菊池氏が大型マゾイとシマソイの提出をされていました!羨ましい~~( p_q)
e0338196_10192413.jpg



e0338196_10192485.jpg

e0338196_10192545.jpg





第一位!



e0338196_10192561.jpg



小田西から栄浜海岸を釣り歩いた大西氏、朝の5時まで小型のアブラコしかもって居なかったそうですが、移動で追い上げて堂々の一位!! 流石でございます



準優勝はわたしの隣で竿を振っておられた吉田氏でございます!

e0338196_10192560.jpg



そして親分が第三位! クーラー一杯の釣果があったそうでございます

e0338196_10192595.jpg



最後に



e0338196_10192566.jpg


e0338196_10192521.jpg



おつかれさまでした(b^-゜)



因みにわたくしは11位でございましたf^_^;



ブログランキングにポチっとご協力を(^-^)/



にほんブログ村


by ssc-nao | 2013-05-20 16:30 | SSC月例会 | Comments(0)

札幌サーフ10月例会 (笛舞~目黒)

10月28日 この日は他組織(道釣連)の約200人が参加する北海道知事杯と言う大きな大会と重なり、


そちらの釣り場範囲と札幌サーフの大会範囲が、かぶっていたため急遽黄金道路までずらした経緯があります。今年の高水温の影響で『アブ・カジ』等の岸よりが悪く、より水温が低下しているだろうと予想されての理由と、いつもビジター参加でバスの運営に協力いただいている皆さんの希望を優先しての範囲変更となりました。



今回も私はギリギリまで参加出来るか判らない状態の中、準備もままならず、あわてて当日に使用する仕掛け6組とイカゴロ30本を細江釣具で購入し、身餌とコマセはフリーザーから掘り起こした物でした。


仕掛け、餌、コマセ共に量や内容に不足不安がありましたが、今回はトンネルが更に延長されて釣り場が遠くなった『オンコノ沢第二覆道』を予定していたため荷物を出来るだけ軽くしたのもありました。



終点目黒漁港でバスを降りたのは私の他5人、N兄弟は台車に荷物を載せオンコノ沢の奥まで行かれるとの事、H副会長とK澤氏はオンコノ沢に向かう途中まで私と一緒でした、O田氏は目黒で探り歩かれる様子。



廃道になっ道を真夜中にキャップライトの灯を頼りに一人で何キロも歩くのは正直心細い物です、特に真っ暗なトンネルは不気味でドーン、ドスン、っと波が壁に当たる音が響きます。



e0338196_10185554.jpg



目的の場所に着き準備を終え釣りを開始したのは午前1時頃だったと思います、2本の竿にそれぞれゴロ、コマセをセットし30~40mほど投げ終え、3本目をセットしている時に最初に打ち込んだプロSが激しく揺れて三脚の上でシーソーしています、すぐに準備中の竿を置き、合わせるとズッシリトした重みに良型と分ります。アブラコ特有の抵抗を見せながら寄ってきた魚を手前のテトラに食われないように一気にクレーンで抜き上げます。



e0338196_10185640.jpg



釣り上げてすぐメジャーを当てた時は48Cm位に見えたのでしたが・・・・


メスの抱卵アブラコでした。



先ず先ずの出だしに期待が膨らみますが、その後は適度に間隔を空けながら35cmほどの黒いカジカを頭に同サイズか、それ以下が釣れて来るだけ。午前3時頃に40cm強のメスアブを追加して、それからは反応が無くなり、暇が出来たので残り少ない仕掛けの補修をしたりしながら時間を潰します。



その頃覆道の向こうから一つのキャップライトが近づいてきました。目黒港で探り歩いていたO氏がほとんど獲物が無い状況で移動してきたのでした。


O氏は次のトンネルの手前まで行き明け方に良型のアブラコを数本上げますがカジカが小さく嫁に苦しんでいるようです。




e0338196_10185607.jpg


e0338196_10185645.jpg



e0338196_10185631.jpg


e0338196_10185664.jpg





夜が明けてから一本の竿を遠投します。この場所は遠投すると砂地に入りほとんど根掛かりしませんが、釣れてくるのは小さなハゴトコばかり・・・・・・



再び中間地点から手前を丹念に探り、なんとかキープサイズのタカノハをゲットしました。

e0338196_10185605.jpg


e0338196_10185632.jpg

お土産にあと2~3枚、あわよくばサイズアップと期待しますが、その後は入れ替えにならないカジカがポツポツと釣れてはリーリースの繰り返し。



竿上げは午前10時でしたが午前8時半頃、丁度餌コマセも無くなり余裕を持って帰り支度をはじめまた。



審査では『オンコノ沢』の奥まで歩いたビジター参加のN兄弟の兄が見事優勝、準優勝は久々参加の大内氏、第三位にK澤氏。



今回襟裳近辺は良型のカジカが多く揚ったようですが、アブラコの魚影が薄く、オンコノ沢はアブラコは良かったものの、カジカが薄く何れも嫁に泣いた大会だったようです。



私の釣ったアブラコは最終的に47cmnで身長賞を逃し第7位、


襟裳近辺でアブラコを釣り上げたI幹事長が47.2cmで身長賞。





 (審査風景)

e0338196_10185697.jpg



e0338196_10185654.jpg




北海道の方は今週の”つりしんぶん北海道”には表紙写真他 菅原氏の記事がでております。



e0338196_10185646.jpg




良かったらここをクリックして下さい('-^*)/





にほんブログ村
by ssc-nao | 2012-11-04 09:15 | SSC月例会 | Comments(6)

黄金道路 フンべの滝で撃沈、、、、


先週の7日・8日に行われたサーフ月例会 (庶野~フンべの滝)はトップ入賞者を始め


高得点が続出する大会だった。



低気圧の接近に伴い多少うねりのある中、オンコノ沢とその周辺に入釣した方たちに大物が揃い


50cm近いタカノハも見られた。



彼らは事前の情報収集とデーターをしっかりと取り、大会で勝負を掛けている。



一方 僕はただ漠然と ”あの辺で竿を出したい” という理由と ”タカノハが食いたい”・・・・


と言う欲望でしか釣り場を決めていない、、、、、、



”フンべの滝” 魚居ませんでした・・・・・・ 




一応 真面目にゴロ・コマセをせっせと打ち込んだのですょ、



でもどこに打ってもアカハラの餌食、、、



釣ったアカラハを切り刻んで餌にして打てばハゴトコ・・・・・・



一本針で遠投すればするほどハゴトコもサイズダウン! ・・・ ┐(‾ヘ‾)┌



動ける範囲で竿と三脚を抱えて右往左往しても掛かるのはゴミかアカハラかチビハゴトコ。



『もうやってられまへん!( ‾っ‾)・・』



ドン詰まりに入った親分なんか サメの餌食になってしまった (‾□‾;)



何でも、先月の中頃から絶え間なく釣り人(名人連中)が入っているそうですねぇ、、、、



魚釣りたきゃ歩かにゃダメよ っと!




話は変わって、先日兜千畳敷にイカ狙いに行ってきました!



イカ! 居ませんでした・・・・・・



『もうやってられまへん! ┐(‾ヘ‾)┌ 』











にほんブログ村
by ssc-nao | 2012-07-12 10:36 | SSC月例会 | Comments(4)

全キスは辛い、、、


先月48歳を迎えたボッチャン(←僕の本当の呼び名!?)、、、、



今期は釣りもSCもなかなか冬眠から覚めず、未だ引篭もり癖が抜けておりませんようで・・・・


(※本当は仕事の疲れが抜けないからなのだ!)




ところが、最近お友達のJCA君がチョコチョコ北海道にやってきてくれて、


僕の代わりに大物をゴッソリと引っこ抜いてくれている!・・・・・・



善良な釣り人の敵! ? (かなりの数のヒトデ?)  も退治しているようで、 ・・・・




そんな感じの室蘭港! 



今期の全キスはJCA君が取残した大物を僕が引き受ける事になり、


気合十分で大会に向かったのだが、、、、




何というお天気で御座いましょうか! (-"-;A



本州は更に酷い状況だから頑張って! っと励まされたものの・・・・・・



向かい風の為岸壁に居ても波飛沫が飛んで来るは、横殴りの雨は降るはで、、、、



全然楽しくない (‾へ ‾ 凸 ・・・



でも、暗い内は頑張ってゴロとコマセを打ち返しましたょ (=`(∞)´=)!!



夏風邪をこじらせた為、薬とドリンクをがぶ飲みしながらずぶ濡れになって、、、、





なのに・・・・・・




夜が明けてきました、 



波は収まって来たようですが依然向かい風と雨は容赦ない感じです、、、



僕は、 車の中から必死に頑張りました!



e0338196_10184073.jpg




 


ロットに精神を注入しました!



e0338196_10184006.jpg



ばあやが作ってくれたお弁当を食べながら ・・・・

e0338196_10184001.jpg





お腹いっぱいになったら眠くなりました・・・・・・・




目が覚めたら終了一時間前 (‾_‾ i)



お天気も回復して来たし・・・・・・



こうなりゃ大会は棄権して釣りしましよ~ぅ♪




遠投!←って言っても頑張って100m(T_T) ・・・・



中投げ!←飛ばし屋にはチョイ投げ(T_T) ・・・・



ちょい投げ!←そりゃ足元だ(T_T) ・・・・



オマケにフルキャストするとコントロールがぼろ糞! 


右抜け、引っ掛けが確変に入った様に連荘、、、、、、、 


         (iДi)マジで泣きそうですw




チョイ投げの竿に今日始めての中りが!!




やっとだょ!! どれだけこの瞬間を夢見たか!!。゜(T^T)゜。



僕には珍しく慎重にリールを巻きます!



タモまで用意しています!! ・・・・





で、、、これ↓・・・・・

e0338196_10184000.jpg



微妙~なアブラコ・・・・ (iДi)


e0338196_10184026.jpg




タモの出番はありましぇんですた、、、



まっ!こんなもんでしょうかネ!(;^ω^A 僕は・・・・・・・





しかし、今回使用したこの本素用ライン! 


現在テスト中との事で近々発売になるそうですが、


メチャクチャ良い感じです(☆。☆) 



開発にはJCA君も関わっているらしいのですが、


『チョイと試して見てチョ!』 っと言って分けて頂いちゃいました♪



このライン適度な硬さとしなやかさを兼ね備え、


結んで引っ張って見ると結び目がキッチリと絞まり、緩まない!


それでいてナイロンのしなやかさと適度な伸度を持ち、強度もかなり強そう!!



ツルっとしたコーティングも今回の使用条件では全く劣化を感じず振り切れる心配も無し。


何よりそのカラーリングに驚きました・・・・



部屋の中で蛍光灯などのもと 仕掛けを作成していると ごく普通の透明なラインカラーなのですが、野外で紫外線が当たると!



e0338196_10184065.jpg



左は僕が普段使用している透明なフロロカーボンハリス6号で 右がテストライン16号!




明らかに クリアブルー に輝いています!



e0338196_10184003.jpg



e0338196_10184007.jpg




e0338196_10184144.jpg



ケイムラ仕様のこのラインは 今までに無い斬新な発想ですっかりお気に入りに!!



今後 特にナイロンハリス用に5・6・8・10各号が出たら凄く面白いかも!!



更なるラアインナップと発売が待ちどうしいですねぇ~♪



※今回僕は釣れましぇ~んでしたが(汗) 今期JCA君はキッチリとこのラインで驚愕の結果を出して居る様な・・・・・




お前もそろそろ釣れ!っと思ったら”ポチ”っと、、、、、(;^_^A


にほんブログ村


by ssc-nao | 2012-06-18 12:15 | SSC月例会 | Comments(5)

雌雄を決するは奥尻にあり・・・

2011年5月21.22日(土~日) 今年も奥尻島大会が開催されました。


今年は第一回の宮野~元和が中止となり実質今回の奥尻が第一回の大会となりました。


今回も恵庭サーフの方々がゲストを含め多数の参加ご協力を頂き大会を盛り上げて下さいました。


この場をかりて深く御礼申し上げます。



この奥尻大会は毎年札幌サーフ《釣魚部門・年間総合&各部門賞》における重要な月例会となっております。


『戦いの優劣雌雄を決するは奥尻にあり』と言っても過言でありません。



大会順位や年間表彰を抜きに単に投げ釣りを凄~く楽しむ機会でもあります。


どちらかと言うと僕は『凄~く楽しむのが先で、順位は二の次』ってタイプであります。


               (↑勝てない言い訳だべ・・・・)



さて、今回は二日前から仕掛けの準備に取り掛かりました。別に特別な細工は無く単純且つシンプルなYピン使用の胴突きで上バリに身餌、下バリにイカゴロの捨て錘仕様でございます。


前日の20日に餌の購入と荷物の選定と詰め込み。 


この荷物の選定には時間が掛かりました、、、最終的に17㍑のフィクセル(クーラー)は餌で満タンになり、タックルバックはリール3台にオモリや小物etc・・・・・


天候を考慮した着衣の選択等、結局深夜近くまで悩みながら荷物を出したり入れたりしておりました。



今年も入る場場所は決めております。昨年の相棒タムケン氏は急な都合で欠席となる旨会長から前日に連絡を頂いており、今年はキクリン氏をお供にソイ退治に行くことになりました。



昨年より30分早い午前8時半の集合で手稲を出発して、途中でビジター参加のお客様を乗せたバスは何度もしょんべんタイムを取りつつも予定通り瀬棚フェリーターミナルに到着し、ゆっくりと昼食を取って乗船を待ちます。


当日瀬棚の天気は曇りで風も強く気温は低め、しかし波は無く奥尻での釣りにはなんら支障の無い状況に期待が膨らみます。



フェリーも殆どゆれる事も無く仮眠を取っていると!無防備な男たちに悪戯しているマダム?がおります(謎)・・・



奥尻港到着後、バス内で一斉に着替えを開始して順次ポイントに降りる仲間を見送ります。



そして今回、菅原会長は先月闘病後逝去された故M氏が好んで入釣したポイントに入るために、珍しくウェイダーを購入して副会長の浜谷氏と共に追悼釣行するそうです。


副会長の浜谷氏故M氏の大親友でもありました、昨年秋故M氏と最後の釣りに行かれた時の写真を濡れない様にビニールで包み、氏が愛用していた竿二本を携え釣り場に下りる姿に涙がこみ上げてきました。



さて、いよいよ僕たちが降りる場所が近づいて来ましたが、当初北国岬方面を予定していたS庭氏ぺロ氏が予定を変更し我々と同じ方面に入ることとなりました。


バスが旋回出来る限界で下ろしてもっらった我々は更に磯に取り付く所まで坂道を上り下りしながら歩く、歩く。歩く・・・・


やがて磯の取り付きが見えてきました。そこはガードレールが途切れた所から土手となっており、l海岸までは最初急な下りで滑りやすく、身の丈ほど有る草藪を掻き分けながら獣道を斜めに進んで行きます、やがて緩やかな傾斜でほぼ直線的なルートとなり湾胴となったゴロタの海岸にでます。そこから二手に別れ右の岬に僕とキクリン、左の岬にS庭氏ぺロ氏が進みます。ゴロゴロと動く不安定な石の上を荷物を背負って歩くのは至難の業で釣り場に着いた時には吐きそうでした。



しばらく呼吸を整えてからポイントに向け三脚をセットします。


e0338196_10181942.jpg


今回メインはプロサーフPF425BX2本にリールはパワーエアロSP2機、予備としてスピンパワー425BX-TキスススペシャルSD1機での体制です。

e0338196_10181988.jpg

 
                                  
きくりんのポイント、昨年タムケン氏が爆釣した場所。
e0338196_10181915.jpg




明るいうちはあまり期待できない場所とあってプロサーフ2本はスタンバイ状態で待機、スピンパワーに岩虫とイソメを付けて前方2時の方向に遠投して様子を見ますが、ま~るで反応無し・・・多少方向を変えて打ち返し放置しておき、その間に餌や仕掛けなどの配置や荷物の整理をします。



そして遠投したスピンを打ち返そうと上げると根掛かり、、、やはりここは遠投が効きません何処もかしこもガチャガチャで砂地に落ちても回収中に”ガツッ”と岩に引っかかる感触が手元に伝わりアウト!


面倒臭いので早々にスピンをたたんで、プロサーフ2本にゴロとカツオを付けて打ち込みます。



横でキクリンが何やら平べったい魚と丸っこい魚をダブルで掛けています!それもなかなかの良型、羨まし~い! 



e0338196_10181904.jpg


しかし、後が続かないようです!僕のほうはアタリすらありません。



e0338196_10181957.jpg


やがて西の空に夕焼けが映り始めました、なんとか雨に当たらず済みそうで御座います!?・・・



キクリンも暇なようで磯で遊び始めました?元気です!サルのように飛び回っております。


こちらにも遊びに来られたので写真を撮ってあげました。。。



e0338196_10181903.jpg

e0338196_10181916.jpg



そして再び水溜りや溝で遊びはじめました。ふとキクリンの釣り座に目をやると、、竿が三脚の上でシーソーになっております。『きくり~~ん、竿跳ねているよ~~♪』・・・・


それはまさに猿を凌駕した瞬間でした!物凄い速度で磯の上をダッシュしております、、、見えません!モンキーパワーで竿が持っていかれるのを防ぎ”ゴリゴリ”とゴリラの様にリールを巻きます!!



それを見ていると僕にも気合漲ってきました!



e0338196_10182085.jpg

e0338196_10182074.jpg

e0338196_10182005.jpg

e0338196_10182075.jpg

e0338196_10182039.jpg

e0338196_10182082.jpg



しかし、暗くなり始めてから”アタリ”が出始めて中型のアブラコが掛かり始めますが、いずれも単発でイマイチ爆発しません。


それでも、ポツポツとソイ・カジカ・ハチガラ・ホッケ・アブラコと五目釣りでなんとか審査に提出出来る数は揃えたのですが、サイズに不満がありますね~。奥の岬に入ったS庭氏ぺロ氏に電話すると『ダメだわ~サッパリ釣れない』との事・・・チョイと責任を感じましたがネf^_^;


夜も更けて霧雨が降りだし、散発的な釣果に寒さと眠気が誘いクーラーに座ってウトウトしていた時でした、突然何かが左の足に当たり驚いて目を開けると、低く構えて更にロットの先端近くを三脚に掛けていたプロサーフが跳ね上げられてシーソー状態で右に左に上下左右しております!あわててロットを掴み大きく合わせますが、ズッシリとした手ごたえで走りだしました、ポンピングしながら何とか寄せてキャップライトを点けると銀色の魚体が今度は右に走るのが見えました。タモは組んでいましたが抜けそうだったのでそのまま引っこ抜くと”ドタ”と足元で体高のあるマゾイらしき魚がバタバタ、、、長さこそはそれほどありませんがまん丸と太った今日一番のソイです。明るくなって審査用の魚を岩の上に並べてみるとそれはクロソイでマゾイではありませんでした(TωT)


結局一晩ダラダラと釣れた魚でクーラーが溢れてしまい、審査用の5匹以外は食べたい魚を残して全て捨てる事となってしまいました。それでも魚で一杯になった17㍑クーラーを背負うと重い重い!帰りの道程が思いやられます。


e0338196_10182120.jpg



明るくなってからはアタリも元気も無くなり早々に竿をたたみ9時の竿上げまでかなりの時間を残して一足先に帰路につきました、途中何度か休憩を取りつつもそれはそれは只無心で歩きました・・・・死にそうでした。



すると、僕よりかなり送れて釣り場を後にしたはずのエテコウきくりんが何時の間にか僕を追い越して道路に上がり、自分の荷物を下ろして僕を迎えに来てくれました、、、ロットケースをきくりんに託し最後の滑りやすい藪に覆われた土手をストックを頼りにやっとこさ上がり、荷物を下ろしてしばらく放心状態(‾□‾)




e0338196_10182124.jpg

e0338196_10182141.jpg




e0338196_10182113.jpg



キクリンは再び左の岬から撤退してきたぺロ氏を迎えに土手藪を降りて行きました。




今の僕を自撮りしましたが、、あまりの悲惨な状態な為載せるの止めます(^o^;)



左奥から帰還するお二人を僕は高見の見物で御座います(^~^)


e0338196_10182103.jpg


e0338196_10182198.jpg


S庭さ~ん!そっちじゃないよ~! 


(道を間違えております・・・)



e0338196_10182140.jpg



凄い形相です!気の毒です!

e0338196_10182129.jpg



e0338196_10182271.jpg

e0338196_10182248.jpg



あまりに凄い形相だったので僕も途中までお迎えに行くことにしましょう!



e0338196_10182270.jpg




お疲れ様です(´∀`)
e0338196_10182233.jpg




ぺロ氏も道を間違えたようです、、、気の毒です!
e0338196_10182246.jpg

e0338196_10182345.jpg



e0338196_10182336.jpg



何でもぺロ氏、明るくなってから50オーバーのソイをぶっこ抜いたとか!?背負子が重そうですね♪



帰還されてお二人は口を揃えて『もう二度とここには来ねぇ!)`ε´(』 っと怒っていました、、、





再びこの上りを越えて、下ってバスが迎えに来る場所まで歩く、歩く、歩く・・・・

e0338196_10182361.jpg


e0338196_10182357.jpg





事故や怪我も無く全員無事に審査提出です。

e0338196_10182396.jpg

e0338196_10182343.jpg



出るは、出るは・・・・ 



親分はクーラー3つ分釣って居りました(^O^)・・・




e0338196_10182316.jpg

e0338196_10182364.jpg


優勝・準優勝と昨年故M氏浜谷副会長が入釣した磯で、今年は故M氏の弔いに菅原会長と大親友の浜谷副会が入り見事ワンツー・フィニッシュ!!浜氏『釣らせてくれたんだわ・・・』の言葉にウルッ(゜ーÅ) 


第三位に僕の隣でモンキーの様に跳ね回っていたキクリンが入賞!僕は惜しくも第4位(^^ゞ



今回僕は魚種別も取れませんでした、狙っていたソイもぺロ氏50オーバーに持っていかれました(^_^;)



残念!(T_T)




フェリーがやって着ました!


e0338196_10182350.jpg

e0338196_10182474.jpg





うにまる君もスタンバイに入っております!

e0338196_10182498.jpg

e0338196_10182434.jpg




e0338196_10182499.jpg

e0338196_10182489.jpg





e0338196_10182452.jpg

e0338196_10182447.jpg

e0338196_10182552.jpg

e0338196_10182593.jpg




e0338196_10182596.jpg

e0338196_10182535.jpg



さよなら奥尻島!又来年!?




この後札幌まで殆ど記憶がありません・・・・



奥尻最高~!っと思ったら”ポチ”とネ♪


にほんブログ村


by ssc-nao | 2011-05-23 22:20 | SSC月例会 | Comments(2)

黄金の鰈!

黄金道路! 今回の月例会は 《庶野~フンベの滝》 間で開催されました。



予報では天候、海況共にあまり良い条件では無い為入釣場所に難儀します。



なんせ真夜中にバスから釣り場に降り立ったら最後、後は翌朝の竿上げ時間まで移動は全て徒歩!それもクソ重い背負子にロットケースや、餌満載のバッカン等を抱えて、キャップライトの灯りのみを頼りにヨタヨタと歩かねばならないのです。


もし?降りた場所が釣りにならなかったら、この地獄のような洗礼が待ち受けています。


わたしゃ~、そんな事はまっぴらゴメンなのです!



荒天時の釣り場の選択はポイントの地形や海の状況を知っている方が強いのは言うまでもありません! そこで私ゃ~この範囲は全くのど素人なので的確な状況分析と判断で、釣り場の選択をしました。




会長~!何処入るの~??



○×△◆・・・・・・で、○×△◆だから、○×△◆にしようと思っているんだ!



・・・・一緒に来る?



(*^o^*) 行きます~!




って事で今回も親分の後ろをヒョコヒョコと(;^ω^A




現在廃道となっているポイント周辺 【明け方撮影】

e0338196_10174206.jpg


トンネルを出て親分の釣り座とその奥に私の釣り座。


あたりを待つ親分。

e0338196_10174259.jpg



私の釣り座

e0338196_10174296.jpg


e0338196_10174202.jpg


【タックル】


ロット  シマノ プロサーフPF425bx 2本(リール・PAスピンパワー)


          スピンパワー425bx-t 1本(リール・キススペSD)



ライン ファイヤーライン5号(PAスピンパワー)


     パワープロ3号(キススペSD)



オモリ・丸玉40号(中通し)・小田原40・50号



仕掛け ロケットカゴ中通しオモリ下一本針・イカゴロ胴突き2本針・


     胴突き2本針 



餌 カツオ・イカゴロ・コマセ・塩イソメ




夜のうちはほとんどアタリが無く、釣れて来るのはハゴトコのみ・・・


明け方から親分は遠投!遠投!ド遠投!! っで良型ウサギをゴロゴロと・・・

e0338196_10174261.jpg



しかし!結局嫁が来ませんでしたε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ




e0338196_10174236.jpg


e0338196_10174273.jpg


e0338196_10174269.jpg


e0338196_10174368.jpg




 わたし?





タカノハ釣り上げ直後計測時42.5cm・・・

e0338196_10174313.jpg



審査時41.5cm ・・・1cm縮みました。








e0338196_10174358.jpg




50オーバーには程遠いな!っと思ったら!





にほんブログ村
   ポチッっと(°∀°)b
by ssc-nao | 2010-07-04 19:07 | SSC月例会 | Comments(16)

奥尻島に見参(-_☆)


今年第二回目のサーフ月例会は毎年恒例の!



『奥尻大会!』



今年は天気に恵まれ期待とともに札幌を出発したバス内は、



入釣ポイントを何処にするか?の話題で賑わっております



そしてフェリーが出る瀬棚に到着すると・・・



忙しい中、見送りと所要の為に今年も”あのお方”が来てくれました



弘司の、なまら釣れるかも ・・・・
 の、奥方様!通称”おかあちゃん”!



私が地図を睨みながら作戦を練って入る時に!?



後ろで親分と”激しく抱擁”??・・・・・



| 壁 |д・)チラッ・・・・・っとチラ見して、再び地図に目をやると、、、



『この男、無視しているよっ(-_-メ!』・・・・っと(‾Д‾;;



あははははっ(^O^)



ひろし。。。さん、奥様、7月の極秘作戦?へのお計らい、



『感謝』致します



おかあちゃんに手を振り、フェリーに乗り込んだ一行は、



これから仕留めるであろう!?いやっ!既に仕留めた気分?



の魚たちに思いを馳せ、あそこはどうの、ここはどうだ!



っとバスの続きにも熱が入ります




今回私が目指すのは?・・・・



前日に根物師匠のT氏からアドバイス頂いたポイント???(秘密)



一人では心細かった私に、同行者としてTM氏をそそのかして?頂き(笑) 



二人で宿敵”巨ソイ”を退治しに行くことになりました!




奥尻に来てまで重い背負子を背負って磯歩きをする事になるとは・・・



最初の出岬にTM氏が釣り座を構え、私は更に歩き北側に釣り座を・・・

e0338196_10171296.jpg


私の釣り座(朝、携帯にて撮影)



実はデジカメを取り出し、写真を撮ろうとすると?!



なんと!バッテリーがスッカラカン(‾ー‾;・・・・(←あほっ!)



釣り座左手

e0338196_10171223.jpg



釣り座右手

e0338196_10171295.jpg



夕まずめから良型ホッケがグイグイ竿を引き込みます!



しかし・・・・



カジカは小さいし・・・?



根掛かり地獄 仕掛けがどんどん消耗して行きます



夜にかけて、小型ホッケとカジカをリリースしまくっていたのですが、、、



深夜0時過ぎに、仕掛けの補修をしていた時に突然竿尻が足にぶつかり?!



ロットがが横に跳ね上げられております!



(‾ー☆ きたなぁ~!



それからというもの!・・・・宿敵ソイとの戦いが火蓋を切りました



約二時間半の白兵戦で、弾薬(餌と仕掛け)を使いきった私は・・・


e0338196_10171216.jpg



早々と竿をたたみ帰りの支度にかかったのでした。



e0338196_10171269.jpg





結果

e0338196_10171281.jpg





第二位の方と同点でしたが、身長差で負けたので第三位でした




e0338196_10171218.jpg




今度はキャスティングでもメダルが欲しい・・・・


(親分に練習が足らん!っと言われていますが・・・)




ゾロ見参!っと思ったら ”ポチ”っと


           
e0338196_10171360.jpg

by ssc-nao | 2010-05-17 18:21 | SSC月例会 | Comments(18)

S・サーフ始竿会 ツラツラ岬 その2


会長の活躍でなんとか背負子を回収することが出来た私は、


今度は両方のベルトを直接フレームに縛りつけたのだが、


結べる部分の長さが短いため、なかなかしっかりと結べず不安が


付きまとった。


しかし、難所はすでに越えたようで、あとは歩きづらい岩の上り下り


が残っていたものの、海へ転落するリスクは減ったように思えた。



全身にどっぷりと汗をかいて、辿り着いた場所は、それまでの険しい


道のりとは少し変わり、やや平坦部のある、いかにもここで釣れ!


っと言った感じの場所だった。


空撮ガイドによるとツラツラ岬の好ポイントA・B地点である。



しかし・・・・



風は斜め後ろから強く吹いていたのだが、強いうねりと、波で釣座


を確保出来そうも無い状態。



波を被らない様にあちこち釣座を探して、しばらくさまよっていたが、


会長は湾胴側に三脚をセットして準備に掛かっていた、次に菊リンが


その横に三脚をセットして外海側に打ち込む準備に掛かっていた。



私はとても場所を決められなかった・・・・



そして波の被らない、かなり後ろの高い岩から様子を伺っていた。


最初に頭からザバー!っと洗礼を受けたのは菊リンだった。


三脚ごと竿も道具も流されていたが、汗をかいたので防寒着を脱いで


いた為、ずぶ濡れになっていた。



すぐに会長の反対横に場所移動して、湾胴側狙いに変えたようだ。



私は相変わらず釣座を決めかねていた・・・



一時間近く波の様子を伺って、やっと何とか状況を読むことが


出来たので、やっと私も三脚をセットして準備に掛かった。


そこは大波が来ても、ここだけは波が乗り越えてこない場所。


一番高く尖った岩の影に竿をセットした。


海面までは距離があり、取り込みで手前の岩に食われそうだが、


何より安全第一、そしてどうしても波を被り濡れたくなかった。



一方会長、菊リンは何度も大波の洗礼を受けて、波に飛ばされながら


海に流された竿、三脚をギャフで回収しながらホッケを釣り上げていた。



そして、菊リンのニュークーラー、フィクセルが湾胴の中に漂っていた。



回収しようにも、とても届かない距離にあり菊リンの顔は悲しげだった。



一方私は、魚が付いても手前の瀬に食われてやっと良型のホッケを


一本揚げたものの、苦しい状況が続いていた。



そして風が変わり、湾胴奥で波に揉まれていた菊リンのクーラーが


会長の予言通りに寄って来たのだ。



すかさず回収に掛かる菊リンも、会長のタモ網でなんとかクーラー


救出成功!




空が白み始めた頃、依然風は強く吹き付ける物の、


波はやや弱くなった気がしてきた。



ここぞとばかりに打ち返しを試み、やっとホッケを4本揃える事が


出来た私は、仕掛けを遠投用に変え全て虫餌にして嫁さんを狙った。



会長、菊リンにも嫁が来ていないようだ。




暗い間波避けになっていた私の釣座からの夜明け。

e0338196_10171023.jpg


e0338196_10171007.jpg




夜明け後、波が落ち着き始めたので横の平らな場所に。

e0338196_10171024.jpg




4度目の場所移動をした菊リン!(若いって良いな)

e0338196_10171094.jpg






海中転落後会長の活躍で生還した背負子の傷。

e0338196_10171012.jpg



帰りはベルトを結んで、更に上から紐で補強して背負って来た。

e0338196_10171000.jpg






結局?






クーラーには・・・・

e0338196_10171029.jpg





私に嫁が来てくれた♪


e0338196_10171008.jpg






結果!





e0338196_10171041.jpg




銀メダリスト!

e0338196_10171049.jpg


e0338196_10171045.jpg





しかし、一番の功労者はやっぱり!親分でしょう。




《追記》 


今回の釣行で以前このブログで紹介した真空錘仕掛けの


テストをしました。



これは石鯛用の根掛かり対策錘の流用ですが、ゴムチューブ


を付け、専用の錘止めもセットし、幹にはステンワイヤーを使用し、


今回は一本ハリでの試用でした。



結果としては、有効な仕掛けで有ると個人的には感じました。


更に、色々な可能性も模索して行きたいと感じています。


詳しくは又、改めて紹介しますね。


by ssc-nao | 2010-04-13 10:43 | SSC月例会 | Comments(8)

S・サーフ月例会(2010年度初竿会) 宮野~元和間 その1

4月10日~11日S・サーフ2010年竿初会が瀬棚郡宮野~元和間で、


総勢7名の参加と、非常に寂しい大会となりました。


天候は、夜間は生憎の雨、強風、時化の厳しい釣りでしたが事故、


怪我等無く?(アクシデントは結構有ったが)無事終える事が出来ました。



今回の大会参加は私にとっては、とても辛くハードな物でした。


っと言うのも、今週は仕事のシフトが夜勤だったので、当日は残業を


終え帰宅したのがお昼ころ、疲労困憊で本当はキャンセルしたかった


のですが、事前に今回参加人数がかなり少なく、クラブの釣りバス運営


にとっては厳しい事態と聞いていたので、自分なりに無理を押しての


参加でした。




餌やもろもろの準備を終えた頃は既に集合時間が迫っており結局、


まる2日、一睡もせずに臨んだ釣行になったのです。




大会範囲に向かうバスを最初に降りたのは会長、菊りん、私の3人で


ツラツラ岬に向かいます。



そこで、先ずは私に最初のトラブル発生!



さて、行こうかっと背負子を背負った途端片方の負い紐のバックルが


壊れてしまったのです。


リールや錘、仕掛けに備品類、食料、飲み物、釣り餌各種にゴロ・コマセ


満載のバックとバッカンを括り付けた背負子は、ただ軽いだけが魅力で


購入した物で、その耐用荷重を遥かに超えた荷物はハードで危険の伴う


釣には不向きだったようです。


今後は継続して使うのならば各部に補強を加える必要が有りそうです。



何とかベルトを縛りつけ、釣り場に向かう柱状節理の尖った岩場を歩き、


一番の難所を通過中に二回目のトラブルが発生!



ウネリと波が打ち寄せる、海面上約4~5mの高さを岩壁に張り付きながら


渡っているとき、もう片方の背負子のバックルがぶっ飛び、背中で弾けた


途端、先ほど破損して縛り付けたベルトも外れて背負子が岩に弾けながら


荒れ狂う海へ真っ逆さまにドッボン!!



『あぁ~!』っと悲痛な叫びを上げて岩に張り付いたままの私・・・



落ちた背負子は直ぐには沈まずに、波に揉まれて上下しています・・・



すると、先行して既に難所を通過し終えていた、S・会長が空かさず自分の


ロットケースから5.3mのギャフを取り出し伸ばして、波に揉まれ岩に


打ち寄せながらかろうじて沈まずに上下している背負子にタイミングを


合わせて身を乗り出して、救出を試みて下さっています。



そして、絶妙なタイミングと見事なギャフ捌きで引っ掛ける事が


出来たのですが、重い背負子を上まで揚げる事は到底出来ません・・・



ギャフが壊れる前に取らねば!



私は波のタイミングを読み、ぎりぎりまで岩を降りました。


そして数回の波の盛り上がりでなんとか掴み取る事が出来たのです。



会長は笑いながら大きな声で『良かったなー!』っと・・・ (涙



会長、 本当にありがとうございました・・・(゜ーÅ)





                                      つづく



『良かったなー!』 っと思ったら ポチッ っと宜しくネ♪



にほんブログ村



(札幌サーフの釣りバスにビジターの参加者して頂ける方大募集して


 います、ご興味のある方はメッセージ、コメント頂ければ幸いです!)


by ssc-nao | 2010-04-11 20:37 | SSC月例会 | Comments(10)