カテゴリ:冒険記( 94 )

夜釣りに行くつもりが・・・

夜のお勤め明けの昨日は、お家でのんびり夕方までTVを見たりして過ごしておりましたが、


何げにYahoo!の天気予報を見ると、実にナイスなお日柄ではございませんか!?


特に日曜日の夕方は波もなく風もなく、、、月曜日に有給を取っているので余裕もある事だし。



こりゃ~そろそろ、、、ボチボチですな、、、!? 


夜、アソコらへんをせめたりして・・・


なんて思い巡らせているうちにいつの間にやら夢の中にZZzz....






More 続きはこちらからどうぞ・・・                                            
by ssc-nao | 2015-04-12 17:05 | 冒険記 | Comments(0)

2015年乳~嫌~フィッシング!?

 ↑


※2015年チチ~イヤ~と読まないように。



2015年 あけましておででとうございますm(_ _)m


               ↑


          (おででとうって、、、アホですねェ)


本年も気まぐれに?ブログを続けて参りたいと思う所存でございますゆえ、


大きな心で見守りくださいますよう、宜しくお願い申し上げます。




さて、今年も恒例の札幌サーフ年明け一発目の初釣りに行ってまいりました、、



例によって新春の積丹は時化模様、特に西積丹のポイントはほぼ全滅が予想されます。



それでもなんとか磯で投げたいおバカさんたちは、余市のワッカケ岬を目指したのでございます、、、




1月3日土曜日 午前5時頃 気温−7℃前後?  



同行の白澤水産のジムニーに荷物を積み込み札幌出発・・・・



(‾_‾ i)


眠い、、、 寒い、、、 テンションが上がりません 、、、




小樽を通過した辺から雪が舞い始めます、、、、




(‾_‾ i)


更にテンションが下げ下げ、、、、




今回の参加メンバーは千歳市からドンとキクリンの2名、札幌から白澤水産と(‾_‾ i)の2名、



小樽からアントニオ・ジュンジとその釣友で今年から新入会のこんぺ君の合計6名。




午前6時半頃 駐車スペース到着 既に参加メンバーが揃っており着替えや準備を始めております。



夜明けは午前7時頃でございましょうか? 辺はまだ真っ暗でございます 。



準備完了!キャップライトを灯して出発でございますが、


今回(‾_‾ i)にはムービーを撮影しながら磯を進むという任務がございます。



そこでロット2本と三脚一台を白澤水産に託し、背中にリュックだけを背負い左手をフリーに、右手にビデオカメラを持ち、アタック隊を撮影しながら出発でございます。



磯への取り付きは深い雪に覆われて行く手を阻みます。



先頭に立ちルートを確認しながらラッセルして進むキクリンは腰まで埋もれております。


30~40m進んだ辺りで既に息が上がりバテテおります、、、


かなりキツそうです、、、



若手の白澤水産がラッセルを交代しながら進みますが、やはり30~40mで倒れます!



アタック隊が先頭から次々と倒れてゆく、、、



(‾_‾ i)は


その模様を後方からビデオに収めながら比較的余裕で進みます(‾_‾ i) ・・・



磯が見えてまいりました、、、、



時化てますが、、、、



進みます、、、、



岩盤上の低い所は膝下位までザバザバ波が洗っておりますが、、、、



進みます、、、、



大小の岩を超え崖のヘチをはつりながら、所々深みがある場所は大きなウネリが襲いかかって来る為タイミングを計りながら進みます、、、、



が!、、、、



先を進む何名かが、打ち上がった波を頭からザバ~~ンっと被っております、、、、



(‾_‾ i)はフィルムを回し続けました(デジタルですが・・・)



先頭が進めず詰まっております、、、、



突然!?



ザバ~~ン!! 全身が一瞬で滝の中に?!・・・・・



気が付くと左手は崖の岩を掴み、右手にビデオカメラを構えてモニターを覗いていたのでございますが、



カメラから滴る潮がツララとなり、口の中にはショッパイ海水が流れてまいります、、、、




凍りついたビデオカメラのモニター画面には、《映像データーが破壊されております》 の表示、、、



その後真っ白になり、完全フリーズ





終わった(‾_‾ i) ・・・・・


(せっかく撮ったムービーとカメラがお釈迦でございます)





そして、気を取り直し向かった目的の先端は ・・・




大きなウネリが打ち上がり、ザバ~~!っと波が洗っております、、、



(‾_‾ i)


『こりゃ~無理ですね』、、、



ドン


『戻ろう』、、、



戻りながら ・・・



(‾_‾ i) 


『降りてすぐの大岩なら波が死んでるみたいだから2本づつ3人位まで竿が出せるんじゃないですか?』



ドン ・・・


『一人1本ずつでも良いから皆でそこらへんでやろう。』 ・・・




そして ・・・



岩場に向かう途中は時々波が洗っておりますが、なんとか出来そうでございます。



先ずは両手がフリーの(‾_‾ i)が大岩に向い偵察 ・・・ 



なんとか大丈夫!



キクリン、白澤水産、こんぺ君が大岩にやって来ました。



準備をしていると ・・・ ご来光でございます!

e0338196_10195318.jpg


e0338196_10195372.jpg


e0338196_10195340.jpg




ドンとアントニオは途中の溝の手前付近から竿を出すようです!



e0338196_10195359.jpg



大して荒れていないように見えますが、画像中央の先端岩場が見えなくなる位のウネリが襲います。


(怖)

e0338196_10195317.jpg


e0338196_10195355.jpg


e0338196_10195369.jpg



【(‾_‾ i)の釣り座】


先ずは竿1本で暫く様子を伺い、問題なさそうなので竿2本体制に。

e0338196_10195348.jpg



晴れているかと思うと、雪が舞う不安定な気象状態でございます。

e0338196_10195383.jpg



口火を切ったのは ドン!



小型でございますが初物マガレイをゲットして!



ワッショイ♪ワッショイ♪ ・・・



ところが ・・・



なかなか後が出ません、、、 そんな時、、、



(‾_‾ i)のスピンパワーが何やらモジモジしております、、、



上げてみると、これ又小型でございますが初物ホッケさんでございます!



(‾_‾ i)も


ワッショイ♪ワッショイ♪ ・・・???



時合いが来たか?っと打ち返しに励みますがそれっきり ・・・・・



(‾_‾ i)の場合、入れ食いになるとやる気を無くしてサボリ気味になるのでございますが、


単発状態ではチョイと頑張る傾向にあるのでございます・・・・



打ち返しに励みます・・・・



が ・・・・



その後親指姫カジカ一匹を釣り上げポイしたのみで、一向に反応がありません┐(‾ヘ‾)┌




すると ・・・




何やら白澤水産が巻いております ・・・



(‾_‾ i)


『アタリあったの?』 ・・・



白澤水産・・・


『竿尻がずれていました』 ・・・



上がって来たのは初物の良型法華さんでございます!



ヨッ!ワッショイ♪ワッショイ♪ 皆打ち返しに励みますが ・・・



後が続きません ・・・



どんどんウネリが強くなって参りました、、、



帰る途中のサラシが時々大波が襲い用心が必要です! ・・・



そんな折、ドンより ・・・


『10時半になったら移動しよう!』 っと打診があり!残り30分励みますが ・・・



白澤水産が一寸法師カジカを釣り上げてポイしたのみで終了、、、 



移動でございます!



駐車スペースに戻り次のポイントに向けての協議が始まります、、、




そして ・・・






これこそ ・・・ 札幌サーフでございます ・・・??!


        



e0338196_10195352.jpg


e0338196_10195371.jpg



ここでは 


(‾_‾ i) と白澤水産が一枚ずつ、、、 あの??カレイを釣り 、、、



e0338196_10195368.jpg



(‾_‾ i)


はスピンパワーを2番の真ん中からポキ!っと ・・・



e0338196_10195335.jpg


e0338196_10195334.jpg


2015年 初折り でございます! 


こいつぁ~春から縁起が、トホホでございます、、、、





そして時刻は13時半頃だったでしょうか?、、、 




既に疲労困憊、、 



(‾_‾ i) と白澤水産、アントニオはコレにて一件落着、、、





一方 ・・・



納得のいかないドンは ・・・



キクリンとこんぺ君を従えて恐るべき!?



”あのポイントへ” ・・・








まさか? アソコへ行ったのか! ・・・




にほんブログ村


    


 


アソコって???と思った人は、


今年もこいつを ポチット 宜しくお願いしま~す!


by ssc-nao | 2015-01-04 08:43 | 冒険記 | Comments(6)

今が最盛期だったのか!?・・・爆釣~でございました!

 


    フッフッフッフッフ・・・ (‾ー☆





今回は投げ釣マン御用達で 【ING co.,】
からリリースされている竿先ライトRODtip(ロットチップ)の改良版のテストをして来たのでございます!



e0338196_10195259.jpg



テスト品の為無塗装となっておりますが上記の画像にある物と下記の画像のものでは微妙に違いが有るのでございます。



e0338196_10195235.jpg



画像では分からない事でございますが、AタイプとBタイプ(仮称)で微妙に違いがあります!



e0338196_10195210.jpg



今回は私の所有している旧スピンパワー425CX-T振り出し2本をテストに使用するためサイズをLLタイプとしました。






e0338196_10195221.jpg


e0338196_10195277.jpg



実に機能的で便利なケースなのでございますが、購入が5~6年くらい前?なので現在は取り扱いがあるのかが不明でございますf^_^;



e0338196_10195217.jpg


ライフベストの胸ポケットの中にスッポリと収まる100均で購入したケースの中に忍ばせたら、いざ磯へ!


試作品 竿先ライトRODtip の詳しい内容は今の所伏せさせて頂きますが、より使い勝手の良い物への改善努力が嬉しい事でございます!




爆釣の内容については今週の【つりしん】に掲載される? かも!(^_^;) ・・・・・







でもチラッとここで、、、、




e0338196_10195288.jpg


e0338196_10195205.jpg



今にも泣きそうな顔で必死に笑っておりますが、この釣果はかなりセーブしての物です!背負って帰る事や後始末を考えなければまだまだ釣れました、まさに入れ食い!




はい、”つりしん”掲載されましたね!っと言うことで改めて記事を追加致します。



今回は釣り場が混雑していたこともあり、ドンは千畳敷の右側で一見行き止まりの大きな切れ込みの手前に入釣。



アタクシはドンと離れて兜岬方面まで足を伸ばすことに! 


ここは結構な難所で切り立った岩壁を伝い歩き、切れ込み付け根の大きめな玉石郡を進み、更に又切り立った岩壁を伝い歩くと言う場所。


当然装備はコンパクトにまとめて、片手は完全にフリーにしないとなりません、、、、



ところがアタシときたら兜千畳敷なら楽だから!っと今回は投げ竿を予備を含めて4本にリールも4台、替えスプールも3個にホッケ用にとアミブロックやらイカ用のエサに仕掛け等々・・・・ 


おまけにこの季節、寒さ対策に防寒装備もガチガチのガチで行ってしまったものだから釣り場についた頃には汗だくで暫く動けませんでした(x_x;)おまけに飲み物コーヒー1本だけ!喉カラカラでございます。




ゆっくりと支度を終えて先ずは投げ竿を1本打ち込み、2本目を打とうとするも直ぐに1本目に良いアタリが出て良型マガレイダブルヒット!魚をそのままにして用意していた2本目を投入! 魚を外して餌を付けている間に既に投げた竿がガンガンアタリ・・・・



こりゃ竿1本で良いな! 


兎に角投げて糸ふけを取っている間に中ってきます、ホッケにマガレイ、ソウハチカレイに小型のマゾイと良型アブラコが入れ食いでございます。


(カレイとホッケ以外はほぼリリース)



こうなるとアタクシ、悪い癖で直ぐに飽きてしまうのでございます、投げ竿を放置してヤリイカタックルを準備しはじめました! その間も投げ竿には中りガンガン(笑) 



ヤリイカは今回お初のブランコ仕掛けを投げ竿で狙うのですが、これは結構奥が深く意外と難しい!


夕マズメはアタリが頻発して浮きが沈み込むのですが、合わせてもなかなか乗ってくれません!



なんとか小型を含め4.5杯確保したところでアタリが止まり、浮きを流したまま再び投げ竿に!


しっかり魚がダブルで掛かっております、、、、 


こりゃ調子に乗って釣ると帰りに確実に死ぬな・・・・・



その後も入れ食いは止まる気配が無く、良型ソウハチが投げて直ぐヒット! 


もうリール巻くのが嫌になって来ました!


こういう時、あたしの場合意外と早くリミッターが作動します(笑)



巻くのが疲れるので一本を中投げに、、、、 


するとフグの餌食で、素針になるか時にはフロロ6号ハリスがスッパリ切られてしまいます!


こりゃ~あかん! めんどくさいから投げ竿は仕掛けを上げて暫し放置。



先ほど流していたイカの浮きは何処かな??・・・ 



あれ? 中ってますやん!!



急いで合わせるとグングン刺さります! ???? 




ナンダ?!





正体はガヤでございます、、、、



それからと言うものイカの仕掛けにガヤが入れ食い!ちぎっては投げ、ちぎっては投げ・・・・



ヤリイカは何処いったのでしょう?棚を色々変えてみるのですが掛かればガヤ(涙)



なんとか粘って1杯追加出来たのでございますが、時間は20時を回っております。



帰りの崖歩きを考えここで終了でございます。




ヘロヘロになりながらも、なんとかドンの釣り座に到着して500mlのお茶を頂き一気飲み!


当然ドンはクーラーいっぱいにカレイやホッケを釣っております!! 


見るからに重そうなクーラーはやはり糞重かった!




アタシは一生クーラー釣りすることは無さそうでございます・・・・・・・・


 







にほんブログ村


    


ここもクリックしてね f^_^;


by ssc-nao | 2014-12-01 11:47 | 冒険記 | Comments(2)

全カレイ・道央会場より参戦!

(第一部)



11月16日(日) 午前4時30分、全国一斉に全日本カレイ選手権大会が行なわれました。



私の所属する札幌サーフの大会参加メンバーは道央会場に集結、今回は他協会からもこちらにエントリーされている方が数名おられました。



e0338196_10194789.jpg





今回も大物派の皆さんは実績の高い室蘭のマスイチ浜を目指すとの事です。



マスイチ浜は高低差のある急な崖を降りる釣り場で、降りられるる箇所は数箇所有りそのほとんどは薮を漕ぎ草をかき分けながらの道程でございます。


ここを攻める強者のほとんどが、大量のコマセとイカゴロ等の寄せ餌と、魚やイカの切り身やエビ、貝、虫エサなど数種類に、多種多様の仕掛けと大量の捨て錘、それと食料に飲料水を背中に背負います。


苦労して崖を下り、大漁すればしたで帰りの崖上りが待っています。


健康状態や体力に不安がある場合は避けたほうが無難な場所と言えるでしょう。



そんな訳で健康状態体力共に自信のない私は、今回も車から徒歩数分の登別市の富浦・蘭法華岬をポイントに選択したのでございますが、この場所は3年越しでこの全カレイのポイントに選んでいるのでございます。


昨年は時化でまともに釣りが出来ず敗退、初めて入釣した一昨年は細糸に遠投用カレイ仕掛けで挑み大物を確信する魚信をほとんどラインブレイクで取り込めず悔しい思いをした釣り場でした。



今回は万全の?体制でシステムを組んで挑んだつもりでございますが、まだまだでございました(-"-;A



午前4時30分の会場出発から蘭法華岬に到着して釣を開始する頃には夜が明けだす事を考え、コマセひと袋にイカゴロ20本、カツオの開き2枚で午前9時頃に使い切り、その後は滅多にやらない場所移動をして、一応大物カレイも狙おうと塩イソメも2つ用意して行ったのでございますが、結果から言うとイソメ以外はコマセ・イカゴロ等が全然足りなく、場所移動も全く無駄でございました。


まあ、終わってみると色々と反省点が思い浮かぶのでございますが、かと言って次回餌を増やし一箇所で粘ったとしても必ずや良い結果に継るとは限らないのが釣りですよね・・・ 難し~!





【登別市富浦・蘭法華岬】

e0338196_10194797.jpg



大時化の後で大岩が崩れて流され、すっかり雰囲気が変わってしまっておりますが、この辺りだろうと覚しき所にプロサーフPF425BX2本に、パワーエアロスピンパワー・道糸PE4号・ゴロ・コマセにカツオの切り身を付けた仕掛けをセットしてピンポイント投入。



遠投用にスピンパワー425BX-T1本にはキススペシャルSD・道糸PE3号に力糸でフルキャスト。



e0338196_10194728.jpg

水深はあまり無さそうでちょっと投げれば砂地かと思ってしまいますが、釣り座正面から右側は砂地に荒根地帯で根掛りゾーンでございます、左側はほぼ砂地であまり根掛りは気になりません。
e0338196_10194766.jpg




期待した明け方は小型のハゴトコが竿先を揺らすばかりで不安がよぎりましたが、午前8時頃だったでしょうか?! いきなりステン製立ち込み三脚に置いた左のプロサーフPFが激しく叩かれ竿が引き込まれて行きます!こいつは大物とすぐさま竿に飛びつき一気に煽るとずっしりと重く、ズンズンズンと暴れる手応えが伝わってきます。



ここはゴリゴリゴリゴリと一気に巻き上げます! 大きなカジカがガバ~っと口を開けバシャバシャ暴れながら寄ってきました。


頭がでっかく、乗っ込みでお腹パンパンの良いカジカでございます!


すぐさま予め準備していた仕掛けに交換してピンポイントに打ち返して、カジカの口に手を突っ込み丸呑みしたイカゴロと喉の奥に掛かっている針を外しクーラーにしまい、外した仕掛けを点検して再びネットにコマセを詰てカツオの切り身を付け、イカゴロをマゴ針に刺して打ち返しの準備をします。



遠投していたスピンパワーにはエサ取りのような反応しかなく、何度か上げてみたのですが全て素針で帰ってきます。




プロサーフPFを何度か同じピンポイントに打ち返し、反応が無ければ少しずつ打つポイントをずらしてさぐります、すると再び激しい叩くようなアタリが出てロットがグングン引き込まれます!ロットに飛びつき一気にゴリゴリゴリゴリとリールを巻き上げ、揚がってきたのは先程より少し小さいカジカでございました。


後は大物アブラコが欲しい処でございますが、居そううなポイントに打ち込んでもハゴトコばかりが竿を揺らすだけでキープ出来る嫁が来ません。



次第にゴロ・コマセが乏しくなって来て、午前9時頃には全て使い切り当初計画していたとおり移動を決断してこの釣り場を後にしました。





(第二部)



次に竿を出したのは別々川河口導流提でございます。


この釣り場に入るのは2年振り?くらいでしょうか・・・・

e0338196_10194842.jpg




マツカワかイシガレイを狙っての場所変更ですが、左からの西風が強くあまり飛距離が出ませんが、先ずは細糸PE1号に胴突き2本針に塩イソメで遠投して攻めます。

e0338196_10194834.jpg



しばらくしてスピンパワーにカレイ独特のアタリが出ますが、それっきり動きません・・・


少しずつリールのハンドルを回し仕掛けを引きずるとカレイの活性があまり良くない時に糸を張ってもすぐ緩む現象が出たので一発煽ってみると、乗っています! でもあまり大きくはないか?・・・・


途中底に底にと刺さり込みますが、揚がってきたのは30cmそこそこのリリースサイズのマツカワでございました。



再度同じポイントに遠投してアタリを待つと、今度はかなり激しく竿が叩かれます! すかさずロットを煽りゆっくりとリールを巻上げますが、ずっしりと底にへばり付くような感触が伝わります!っと次の瞬間手に持っていたロットが激しく左にブレたと思ったらストン!っと軽くなりました・・・ 


いったい何が起きたのか? っと呆然として前方に視線を泳がせると、ゴメがラインに絡まってバタバタしております・・・・ 


畜生~!あいつか~(‾へ ‾ 凸


ゴメの野郎はうまくラインが外れたようでパパパ~っと飛んで行っちゃいました、、、、(糞)


何も魚が付いた糸にアタックして来なくても良いだろうに!全く腹が立つ)`ε´( 



ラインもかなり短くなり再利用は無理な感じ!悔し~(T_T)



気を取り直して予備のPE1号を巻いたスプールに変え、再び投げてアタリを待ちますが今度は飛び回っているゴメが気になって仕方ありません(-"-;A



しばらくしてお腹がすいたので持参した菓子パンを食べておりました・・・・



三脚の左側においていたスピンパワーBX-Tがガシャーんと左側にぶっ飛び堤防から姿を消しました!



びっくりして座っていたチェアーから腰を上げると海面すれすれに積んであるテトラの上にすっかり縮こまっているスピンパワーが引っかかっておりました!


またもやゴメの特攻を受けてしまったのでございます!! 


なんとか手を伸ばしロットを回収しましたが・・・・・・


多分どっかで折れているか、何かしらダメージは受けているだろうと竿とリールを確認してみるとトップ付近に傷が入っているものの大きなダメージは無さそうでございます。   



PE1号はまたもやお釈迦ですが (T_T) 



今思い出しても腹が立ってまいります (‾へ ‾ 凸 


(ゴメって奴はマジで馬鹿だ!  あいつら何かの役に立っているのか?死ねば良いのに、マジ絶滅してしまえ・・・・)



すっかりやる気ダウン 飛距離も益々ダウン・・・ 満身創痍でございます・・・



三脚にセットしていた餌箱に入っていた塩イソメも先ほどの衝撃で堤防の上の水たまりに全てこぼれ落ちて散乱しております・・・・



再び気を取り直して予備のスプールに変え、水溜りに散らばっている塩イソメを拾い打ち返しましたが、1、2投で時間も迫ってきたので撤収することにいたしました。




午後14時を少し過ぎた頃に会場に到着しますと、既に計測が始まっております。



大漁した方! そうでない方! ・・・・・・・




苦労して俺はこれを釣った!

e0338196_10194823.jpg


(マスイチの崖に挑戦して足だけ痙って来たそうです。  痙り人 菅原 隆氏)







そして、、、、出ました!



e0338196_10194891.jpg


この二人 実の兄弟なのですが・・・・ 




二人してよ~釣るんですわ、、、、

e0338196_10194865.jpg




仲良く激戦区 マスイチ浜に降りて天国に昇天したようでございます


まるで天使のような微笑みでございますね~

e0338196_10194850.jpg




しかし・・・ プライベートで釣るならともかく大会で、それも全国大会の本賞を獲ってしまうとは!!




恐るべし!

e0338196_10194863.jpg





ボクの釣ったカジカは誰にも見向きもされませんでした(T_T)







にほんブログ村


            


   ここをクリックして下さいなm(_ _)m


by ssc-nao | 2014-11-23 11:56 | 冒険記 | Comments(6)

土砂降りの中3人でアナる!?・・・・・・R18指定

前回の記事でも書きましたが、最近はほぼ毎週のようにハモっているのでございます・・・・・


今回はちょいと趣向を変え、”アナる” ことに致しますた。




って事で、


11月1日 土曜日 極太アナゴを狙いに再び行ってまいりますた!


(※北海道ではアナゴの事をハモとよんでおります。)




今回、SSC(札幌サーフ)の若きホ~プ!


小菅原 小隆より、ドン菅原陛下の元に連絡が入り、一緒にアナリたい!?


っとリクエストがあったそうでございます。



その為、急遽ドンよりアタシに連絡が入り今回は3人でプレ~?する事と相成りました、、、、




やっぱり極太が恋しい~!!・・・




そこで迷わず室蘭港を目指すことになったのでございますが、、、、、、





ドン菅原陛下が、夕まずめの1~2時間、黄金でイシモチの刺身を釣ってからアナリたいと申され、


仕方なくイシモチの(イシガレイの事)刺身を狙ってからやることにいたしますた。



じつはアタシ、カワガレイ同様 イシモチの刺身は食べないのでございますが、


その事をドンに申し上げると・・・・



「まだまだ青い!!」 ヽ( )`ε´( )ノ 斯く斯く云々■○□×△・・・・・




トホホホ・・・・・・ ┐(‾ヘ‾)┌ でございます。





そのような訳で夜も更けぬ午後3時頃でしょうか、、、


黄金駅裏のポイントで仲良く3人並んで先ずはイシモチの刺身釣りから開始でございます。



夕方から雨の予報が出ておりましたが、気温はそれほど下がっておらず12~3℃位ですが、


後方からのやや強めの風のため防寒を着込まないと寒いくらいでございます。



最初にお刺身をヒットさせたのは小菅原 小隆でございました・・・


まあまあのサイズゲット??



続いてアタシにも小ぶりなヤツが一枚・・・・ 


もちろん! リリ~ス♪




・・・・・・・・・





ここで本命狙いに場所移動でございます。



白鳥大橋を渡り、ポイントについた頃からでございましょうか?・・・



予報どおりの雨でございます(T_T)



先ずはいつものポイントにドンが乳~釣~!



小菅原 小隆には前回アタシがいい気持ちになった場所を攻めて頂きましょう~!



アタシは岸寄りの場所に店開きでございます。



準備を終え、それぞれ3本の竿を出してビチャビチャになりながら頑張ります!



かなり雨風が吹き付けますが、出しとなるため意外とイケそうです・・・・




しかし、、、、、




すっかり暗闇に包まれているのでございますが、ぜんぜんアナりません!



すると、小菅原 小隆がやって来て、「防波堤曲がり角付近は釣れませんか?」



と訪ねてきます・・・



アタシは


「ポイント的には良いんじゃ無いかと思っているけど、やったこと無いから分からない!」



小菅原 小隆


「僕アソコでアナってもいいですか?」



アタシ


「おっ、やってみるかい、良いよイットイレ~! ダメならいつでも戻っておいれ~!」・・・・




小菅原 小隆 ポイント変更~!




しばらくして・・・・・


かなり強い雨風を防寒着のフードを被り背中で受けながら、夜空に3つ灯る竿先ライト見つめていると、、



突然横から!



ぶっといブツを突き出して来よります、、、、



小菅原 小隆


「釣れましたぁ~!」 (≡^∇^≡)




 おわわっ、(((゜д゜;))) ビックリするやんけ、、、、





移動直後にヒットしたらしく、強い締め込みを堪能したそうでございます、、、


良かった良かった。。。





間もなくして、アタシの竿先ライトの一つがフ~ワ フ~ワと風とは違う動きを見せ始めました!


ロットの後ろに身構えて、完全にフッキングさせるタイミングを計り穂先がガンガン入り始めた所で合わせをくれて、大きくゆっくりロットを後ろに煽りながらリーリング!


アナゴ特有のずっしりとした手応えはありますが、それほどの大物ではない感じ、、、



上がったのは50cmほどのアナゴ! 本命でございますが、先ほど小菅原 小隆が仕留めたアナゴさんには程遠いサイズ。



引き続き出し風に乗せて思いっきり遠投で、集魚ライトの赤をセットした仕掛けを送り込み、大物アナコンダを待ちます。



ここで、もしや?っと思い一本のスピンパワ~を7、80mの距離に打ち込んでみることに。




「おっ!」 


激しく叩くようなアタリが先ほど打ち返した竿とは違う遠投の竿に発生!




上がってきたのはジャスト60cmのアナゴさん!・・・・




どうしたのだ?!80オーバーの特大極太サイズは出ないのでございましょうか・・・・?




それとも、真夜中近くならないと動き出さないのでございますか?



色々考えちゃいます。





雨風に吹かれる夜の防波堤の上、、、真夜中まで頑張るのはいいのでございますが・・・



「風邪ひくんじゃね~べか?」


とっ少し不安でもございます・・・・






やがて・・・


今度はチョイ投げしていたロットが激しく揺さぶられています、


タイミングを見てゆっくり大きく煽り、手応えを確認して確実に合わせを入れて再び大きく煽る!!


「重いぞ~!!」


次の瞬間、


すか~っと完全にテンションが抜け・・・・・・・



道糸がタカ切れ! ますた・・・・・・・



結構ショックでございます (T_T)



獲物を逃した事より、ハモスペシャルと名付けている仕掛けをロストした事が相当の痛手でございます。



何しろハモスペシャルは特別な高級錘を使用しているのと、集魚ライトも電池タイプの物を取り入れ、


一本の仕掛けに結構なコストが掛かっているのでございます。


多分ざっと一本1千万円以上かかっているでしょう・・・




暴風雨の中で、ずぶ濡れになり完全にふやけてかじかんだ手、おまけ老眼で手元がほとんど見えない状態で道糸と力糸を結ぶのがめんどくさくなって、切れた方のロットを片付ける事にしました。



こんな日は2本の竿に集中した方が効率も良いでしょう・・・・




小菅原 小隆の方を伺って見ると・・・・



3本の竿に向かってクーラーに腰掛けております・・・・ が!



防寒着のフードをスッポリと被った頭が完全に自分の股間を睨んでおります、、、、



あいつ・・・・ 寝とるな!よくこんな状況で寝れるものだ!っと感心しつつも一応生存確認をしに行くと・・・




寝とりました、、、






午後8時、防波堤先端で耐え難きに耐え忍び難きを忍んでおられたドンより、無条件降伏の声明。



終戦をむかえました。





因みにアナゴさんは天丼になって美味しく食べられましたとさ!めでたしめでたし。



にほんブログ村



by ssc-nao | 2014-11-02 12:43 | 冒険記 | Comments(2)

穴子の蒲焼、、、

春のカレイ釣りの記事以来、久々の更新となりましたが、実は例年にないほど釣りには出かけております。



初夏のソイ釣りや、今年不調だったイカ釣り。


ソイ釣りについては久々に磯渡しで「積丹の離れ」と言う離岩に上がり、ムービーも多少撮影して記事も書きかけたのですが公開せずに時間が過ぎ去ってしまいました(汗)。



実はその魚体の特徴柄敬遠し続けていた魚、通称ハモ!(マアナゴ) 


あのニョロニョログネグネネバネバ、、、



絶対無理!! ・・・・



でした、、、



しかし何時までもハモ(穴子)を避けてはいられません、、、


※北海道では本当のハモは釣れません、こちらでハモと呼んでいるのは穴子のことでございます。



そんな訳でお盆を過ぎた頃からでしょうか?!ドン菅原を隊長に「ハモ調査隊を結成」し、クラブのメンバー数人で調査釣行を実施しました。 


結果はメンバーのほとんどがターゲットをゲットして、概ね成功!



そしてその時釣ったハモを翌日、蒲焼と天ぷらにして食べたのでございますが、あまりの美味しさにホッペが落ちてしまいました、、、



以来ほぼ毎週のようにドン菅原と共に、あるいは単独でもハモを追いかけて西へ東へと釣り歩いてまいりました。



中でも大型のヒット率が高いとの事でドンが大好きな室蘭港は、当初釣果がパッとせず坊主こそ無かったもののペンシルサイズが1~2本と言う貧果に泣かされてきました。




そしてついに!



苫小牧の東西の港にあるポイントは一通り釣果も安定したため『そろそろ室蘭もいい頃では?!』


っとドンから再びお誘いを受け、10月11日に向かうことに致しました。



今回はシマノから今年モデルチェンジして発売になった SURF LEADER がドンの下に届いており


そのテストと、INGから発売されている集魚ライトの効果を検証する目的もあります。



あたしはメーカーさんのテスターでも無いですし、実力もありませんので製品に関しての細かい事は書けませんが、今回ドン菅原が使用したロットはSURF LEADER 425EX-T、425DX-T、425CX-Tのそれぞれ硬さの違う3本。 


アタシが使用したのは旧スピンパワー425CX-T2本と今回お借りしたSURF LEADER 425BX-Tが1本の各3本体制。



仕掛けについては2人とも胴突き2本針に集魚ライトをセットした物、ただし針の種類やライトをセットする位置、種類、色等はそれぞれ別なオリジナルを作成してテストしました。



因みに餌は塩イソメオンリーでございます。





日没前に現地に入りタックルをセットしそれぞれ投げました。


ドン曰く活性の高い時は日没前から食って来るそうですが、この日は一向に中りがありません。



e0338196_10194603.jpg


e0338196_10194672.jpg


完全に日が落ちて辺りが暗闇に包まれる中一抹の不安が過ぎります・・・・



e0338196_10194611.jpg




午後6時をまわった頃、あれこれと雑談をしていたら突然アタシがお借りしているSURF LEADERが弾けました! おっ!?と竿に近づいてみるとラインがだら~んとふけています!


ロットを手に取り糸ふけを取りながらゆっくりと煽るとズッシリとした手応え!空かさず合わせてリーリングするとSURF LEADER 425BX-Tが大きく弧を描き時折リールが巻けなくなるほどの刺さりこみをします。



e0338196_10194637.jpg



ようやく水面まで魚を浮かし寄せると、大物のハモがバシャバシャと暴れております!



e0338196_10194606.jpg



タックルを信じて一気に抜き上げ、ドサっと足元に落ちたハモは約80cmの大物!



e0338196_10194674.jpg



先ずは新聞用に恒例の写真撮りです。



e0338196_10194673.jpg



それにしても元気な大物はやはり、、、、キモイ!!




やがてドンにも待望の中りがあり2人とも獲物を獲得出来たのでこの日の釣果に期待が膨らみます!



e0338196_10194648.jpg




ところが・・・・・



単発で中って来るばかりで時合いらしきピークがありません。


それでも先程と同じくらいのハモを追加し、餌を付け替え少し広範囲にポイントを探ろうとやや左目掛けて投入してみました。


すると左目掛けて投げた竿が激しく揺れております! 



上げて見ると今日一のグットサイズ! 不思議な事にハモが付いたのは全てお借りしているSURF LEADER 425BX-Tだけ、、、、それも大物ばかり!



e0338196_10194736.jpg



どうしたのだ?すぴんぱわ~!・・・・



e0338196_10194722.jpg



結局ラッシュらしい時間を迎えず竿を収めるタイミングを思案している中ようやくスピンパワーに魚信が出ました。


そこそこの重さを感じたのでまあまあの獲物と目論んでいたのですが、上がってきたのは40cmほどのハモのスレ掛りでございました。



このスレ掛かりを機に撤収を決断し、午後11時半竿仕舞いとしました。



e0338196_10194756.jpg



あたしとドンの釣果でございます!



e0338196_10194740.jpg



夜はかなり冷え込んでまいりましたが、防寒体制を万全にもう少しハモりたいと思っております!



今週は何処に行こうか?・・・・・・・









by ssc-nao | 2014-10-19 10:42 | 冒険記 | Comments(4)

岩に叩きつけるが如く振れ!

先週の日曜日のお話でございます、、、



絶好の釣り日和でございました、気合十分のあたしは土曜日の夜中のうちから寝ないで釣り場に向かったのでございます。



今回は久々にじゅんじ君に登場して頂きました、前回の登場は3月末の兜
でございましたが、


あまり魚も釣れず投げの特訓に付き合うはめになったのでございました、、、



じゅんじ君はプロレスラーみたいな人?いや、ほとんどプロレスラーなのでございますが、



e0338196_10194014.jpg



なぜか竿を振り回す時は優しくなってしまうので、この時あたしは言いました!



『もっと、思いっきり!体全体で大きく竿を岩に叩きつけてブチ折ってやる!、、、くらいの勢いで振れよ~』



な~んてね、、、




ところがどうでしょう!?



今回のじゅんじ君はまさに”アントニオじゅんじ”でございます!



びし~~っと投げちゃってます、、、



あららら?、マジで練習してるんでしょうかね?!



・・・・ 



けっこう飛んでるみたいだし、、、心なしか お鼻が少し長く見えるのですが?!




ちょっとぉ~、、、



天狗んなってんじゃね~?!



・・・・



ひょっとして、、 な~んか調子んのってんじゃね~?? 




めちゃめちゃ感じ悪り~んですけど ( ‾っ‾)




『くっそぉ~、あいつに変な投げ方教ちゃれば良かった、、、、』 



っと 心の中で思っちゃいました、、、




おまけに、『今時期ここの場所は遠投出来れば余裕で爆釣っすよ~!』



なんてホザキよるんです、


でも、この日もあたしゃ~たいして釣れてないじゃないですか~、、、



な もんだから余計にムカつく~~ (‾へ ‾ 凸




更に悪い事に黒くて首の長い変な鳥にラインを思いっきり引っ掛けられて、


大事な竿が思いっきりぶっ飛んで行き、危なく海の藻屑になる所でございました、、、



岩場に叩きつけられてピカピカだった竿とリールはそれはもう傷だらけでございます!(T_T)



こんなときに限ってスプールは滅多に使わないPEラインで、はぼ真ん中辺りでプッツン、、、



今後 あの黒くて首の長い変な鳥の名を ”マザーファッカー” と呼ぶ事にいたしました。



皆さんも ”マザーファッカー” にはくれぐれもご用心下さい!




そんなファックな出来事や、イライラを振り払い、なんとか気を取り直したあたしは


”アントニオじゅんじ” に手本をみせるが如く、体全体で大きく竿を岩に叩きつけてブチ折ってやる!、、、



くらいの勢いで力一杯竿を振りました!




んっ!?




あっ!?




スイング中 ゆびがラインをリリースしたはずでございますが!?




リリースポイントを過ぎた辺りから手に伝わるロットの負荷が なぜか?




下に向かって加速し始めるではありませんか!!




おぉぉぉ、、、、、、、ぶっ、ぶれ~き~~~!



・・・・・



バッキ~ン



・・・・・・・・



じゆんじ君 (@‾Д‾@;)!!『さすが~!ほんとに岩に叩きつけるもんなんですねぇ~♪』




こ、こいつ~ (‾へ ‾ 凸 『おまえもマザ~ファッカ~じゃ~!』





久しぶりにベール起こし忘れてしまいました(‾∩‾#






じゅんじ君、、、あたしが投げる時、前に居ると




死ぬよ (*^-^)b




e0338196_10194146.jpg



振りがショボイもんですから竿は折れませんでしたが、


スピンパワーの2番とあたしの心に深~い傷が残りました(T_T)



なんでも良いからポチっと! 
     ↓


にほんブログ村


by ssc-nao | 2014-05-18 22:36 | 冒険記 | Comments(2)

ぶらざ~がっ!!・・・・

今年も早い時期からここ北海道にカレイやホッケと戯れに来たいと連絡を頂いていたのでございますが、、、






今年の北海道はちょいと前まで激渋の日々が続いておりました。






とにかく我が軍団のドンを初めとしてクラブ員が、年明けから毎週のように繰り出していたのでございますが、日本海はほぼ壊滅に近い状態で御座いました!






その旨”ぶらざ~”にも伝えていたのでございますが・・・・・・・




まさかここまで渋いとは信じられなかったのでございましょう (‾_‾ i) ・・・・・



そして、あたしもそろそろ上向いても良い頃では?!などと多少の期待もございました。



e0338196_10193727.jpg



早い時期で積丹の他の場所があまりぱっとしない時、比較的入釣しやすくて釣果を出しやすい場所として


あたしゃ~好んでよくここにくるのでございますが、、、、



e0338196_10193746.jpg



嬉しい事に前回放送された 『釣り百景』 もここでロケが行なわれようでございますね!



そんな有名ポイントでございますが、、、



人気の先端部こそ人が入っておりますが、最盛期には程遠い釣り人の数、、、、



『やはりまだ駄目か?!』・・・ 



この日は風裏となり、比較的穏やかで条件は決して悪くはございません!



e0338196_10193736.jpg



”ぶらざ~” も期待で胸が巨乳化しております!



e0338196_10193743.jpg



これで釣れなきゃ”うそやぁ~!” でございます、、、、、




e0338196_10193742.jpg



・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・   ・・・・・・・



・・・ (‾_‾ i) 



”うそやぁ~~!!” ・・・・・・




e0338196_10193763.jpg



美しい景色!



でも、、、、、、



・・・・・・ ・・・・・・


 ・・     ・・  


              


    ・・・  


   ・・・・・・




             『釣れん!』 ・・・・・・




さすがの ”ぶらざ~” もあの手この手と尽くしておりますが、、、、




万策尽きた模様でございます (-з-)






そして、この日の”あたしの” 釣果でございます、、、、



e0338196_10193722.jpg



『がちょ~ん!』 で、ございます (‾^‾)




”ぶらざ~”も 『がちょ~ん!!』 で、ございました、、、





・・・・・・・・




『がちょ~~ん!!』 と思ったら、、、、


      


にほんブログ村
by ssc-nao | 2014-04-28 07:49 | 冒険記 | Comments(0)

投げ釣りバトル!・・・・

今回も 《投げ釣りバトル》 は爆風の中集まった勇士たちにより開催されました!



では、その模様をお伝えしよう!






・・・・・・・・





っと、 思ったのでございますが、、、、、、




あたしゃ~ もう目を開いているの 無理!    、、、、、


                            




次にお目覚めした時 更新頑張る!      ? 、、、、、、





(@‾ ‾@)zzzz zzzz zzzzzzzzz・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 



  




zzzzzzzzzzzzzzzz













お目覚めでごいざいます (‾*‾ )




では、大会当日の模様を!




午前2時に集合場所に到着したのでございますが、既にかなりの車が集まっております(+_+)



天気予報では前日までの大荒れから回復して、朝方の気温こそ低いものの風もさほど強くなく、



大会としては期待が持てたのでございますねぇ・・・・・




さて、サーフのメンバーは午前2時半頃から会場の簡単なセッティングを開始。



やはり結構寒いですね!



そして午前4時、、、



e0338196_10193783.jpg



受付開始と同時に続々と参加者の皆さんが集まってこられて、欠席者無しで全員がエントリー終了。


スタートの4時半を待たずに大会開始となりました!



皆さん思い思いの場所に一斉に車を走らせるのを見送り、テント等を一旦片付けてから、



サーフのメンバーたちは、さて?何処に釣り座を構えましょうか?




邪魔にならない所は?・・・・


e0338196_10193744.jpg


ありました、ほぼ誰も居ない砂浜・・・・




残った皆で仲良く並んで釣り座を構えました。

e0338196_10193894.jpg

¥


e0338196_10193843.jpg



釣れても釣れなくても、普段あまりご一緒出来ないメンバーと並んで竿を並べるのは、


これはこれで楽しいものですなぁ~!



でも ここ砂浜では完全に強烈な向かい風!! なまら寒いべさ・・・・・



そして、誰~~にもアタリがない・・・・・ 



これは やばい (-"-;A




気になったので きゃ~めら をもって一本防波堤を偵察!




実績場所はずら~っと竿が並びました!


e0338196_10193811.jpg


e0338196_10193809.jpg



しかし、晴れてはいるけど防波堤上は冷たい右からの横風が吹き、


まだ誰もノービンゴでございます、、、、



e0338196_10193855.jpg



漁港方面に入ったメンバーからの電話でもまだ誰もノービンゴ!  マジ、やばいっす (゜_゜i) 



魚の提出が無い大会になってしまうべさ (‾□‾;)!!




あたしゃ~ ょっと悪あがきで 波堤基部に移動を試み最後の望みをかけたのでございますが、、、、



撃沈 ┐(‾ヘ‾)┌ ヒーローにはなれまへんでした、、、




サーフのメンバーは10時終了の一時間前の9時に竿上げして、審査と抽選会、その後行なわれる試投会の準備でございます、、、、



e0338196_10193873.jpg


え~~~ 因みに このお方も ”BO” の字でございました(^ε^)♪




e0338196_10193816.jpg


ニュースピンパワーPFの製品版とプロトタイプが今回の試投会のロット!


e0338196_10193847.jpg







そして、不安の中審査! 果して魚の提出は有るのでございましょうか??・・・




ありました(‾▽‾)=3


e0338196_10193856.jpg


e0338196_10193880.jpg


e0338196_10193861.jpg



凄まじい激渋コンディションにも関わらず、全体に小ぶりではございますが、魚を釣って来たプロ中のプロのビンガ~様が!! 



恐れ入りましたm(_ _)m







e0338196_10193922.jpg


これはオマケ?





あれ? 一番高いところに立っている人! CFのOTさんじゃないですか、、、、


e0338196_10193944.jpg



さすがでございますね~ (b^-゜) 




表彰を受けられた選手の皆さんおめでとうございます! そしてお疲れ様でございます。


e0338196_10193937.jpg



釣果がなかった皆さんも、厳しいコンディションに臆することなく健闘された事に、


菅原以下会員一同感謝いたします。



続きまして、



《お楽しみ抽選会》


e0338196_10193962.jpg




e0338196_10193906.jpg


e0338196_10193920.jpg


e0338196_10193963.jpg


e0338196_10193967.jpg


e0338196_10193907.jpg



一応参加者皆さんに行き渡るように!・・・・・



景品がランダムに選ばれるので前半後半でのアタリハズレがありません。



良い物当たった方はオメデト~! そうでない方はまた来年!






そして、気になるニューロット試投会でございます!



わたくし一番乗りでプロトの405AXをSTで投げさせて頂きやした (^^ゞ



う~ん!マイルド・・・・って言うか投げやすい! でも結構飛んでる気がする!! 



そして製品版の425CX-T」を垂らし投げで何投かしてみると!? 



これ、、、、かなり強いんじゃないですか?? 



手持ちでフリフリすると柔らかいのですが、オモリを乗せて思いっきり振ると胴のパワーが凄まじい感じがいたします!(あくまで私の体力的、技術的、個人的感想でございますよ!)



なんて言うの、投げたときの感じはパーンっと跳ね返る感じじゃなくて、トルクフルな感じ!?


って言うの?・・・



こりゃ~柔らかい仕様の竿と聞いて、振り出しCXだからってなめて掛かると痛い目にあいますな!



しかし いざ釣りとなると魚を弾かない穂先の柔らかさと、大物にのされない胴のリフトパワーを感じるのでございますわ!



ほんと振り出し竿とは思えない出来栄えでございます、!



価格もですが(汗)・・・・



大物を追い求めて日本全国を遠征して歩かれる方には、振り出しと言う事で機動性もあり、


手に入れたら離せなくなる一品かも!(っと、あたしゃぁ~マジで感じました)



e0338196_10194074.jpg




最後に 《お知らせ》 がございます!



5月25日(日) シマノ 投げ竿 試投会 が石狩浜にて再び行なわれる事になりました!


詳細は情報が入り次第HPに公開いたします。




最後に↓クリックしてね!


にほんブログ村
by ssc-nao | 2014-04-06 15:58 | 冒険記 | Comments(4)

頑張って遠投!?

と、言うのはですね~、、、



低水温の影響?で、あまり良い情報が聞こえない日本海へ行ってしまったのでございます・・・




いい加減に磯で思いっきり投げたかったんですね~ (-"-;A



とは言えあまり きつい所や、途中オッカネェ~所は イヤイヤなのでございますが ┐(‾ヘ‾)┌




今回わたくしの お供を勤めるのは!


e0338196_10193213.jpg



じゅんじ~君 でございます! じゅんじ~君とは正月のカワガレイ祭り以来でございますが、、、



しばらくお会いしない内に大意張りなフォームを身に着けた様でございます (‾*‾ )





夜も明けきらぬ午前4時~人気の岩場先端部は既に場所取りの三脚で満員状態でございます。




e0338196_10193385.jpg



ほぼ無風状態で快適そのものでございますが、果して釣れるのでございましょうか???






ビンゴ~~~!意外とあっさり釣れちゃいますた、、、、


e0338196_10193318.jpg



さて、後が続くのでございましょうか??





続いちゃいますた、、、、




じゅんじ~君のお口から、、、『さすがプロビンガ~!!』 ・・・・・




さあ~! じゅんじ~君もがんがってビンゴしたまえ、、、




e0338196_10193336.jpg


e0338196_10193329.jpg


今回一眼レフは重くて荷物になるのでコンデジを持って行ったのでございますが


ピンボケ~でございますね!


e0338196_10193310.jpg



しかし、、、 7時をまわったくらいからでしょうか、、、


岩内方面に厚い雲が垂れ込めてきたなぁ~と思っていると、かなり強烈な風が吹き荒んでまいりますた!



最悪な事にわたくし今日に限り水汲みバケツを忘れて来た為、色々な品物を三脚にぶら下げて凌いでいたのでございますが結局3回位三脚ごと竿がぶっ飛んでしまいますた(-"-;A



無風だったあの頃が懐かしい、、、、、、竿先も常にブラブラ揺れております、、、、、



おまけに冷たい雨まで降ってまいりますた(泣)




あれだけ居た一等場所も続々と釣り人が引けて行きますた。


e0338196_10193302.jpg



 


いつものわたしならば、『寒みぃなぁ~止めっかぁ~!?』 っとなるのでございますが、、、



きょうのわたしはいつものわたしと チョイと違います! プロビンガ~~なのでございます!



プロの名にかけて、日本海を制覇するのでございます!


e0338196_10193323.jpg



ぁっ! じゅんじ~君、 なんか変!?





いきなり ダブルビンゴ~しております、、、、 『嫌な奴、、、』 (‾へ ‾ 凸


e0338196_10193313.jpg



『なんかぁ 巻いて見たらダブルでビンゴ~しちゃってましたぁ~!』 ・・・・・・・



これは!時合いなのでございましょうか?  途端にお喋りをやめて打ち返しがスタートいたします!



e0338196_10193468.jpg


e0338196_10193466.jpg



わたくしもプロビンガ~の名?にかけて気合で投げまくります!!





やがて三脚に置いたロットの先が、ふっと上がり、次に軽く上下にクンクン、、、


e0338196_10193433.jpg



『良型スナガレイ ビンゴ~!』  これは徐々に上向いてくるかも? 


っと期待が膨らみ始めてまいりますなぁ!



相変わらず強めに吹く横風と、冷たい小雨に手がかじかみ痺れておりますが、定期的に打ち返しを続けましょう!




ようやくマガレイビンゴ~!


e0338196_10193495.jpg




その後は じゅんじ~君の 投げ連!なげれん??を見物しながら、かなりしつこく粘りましたが、、、、



結局 ビンゴ無し、、、、 今日のところはこの辺でカンベンしてあげましょう、、、




来月中旬辺りには再び日本海を征服しに参るぞ~~!! 





ボチボチあのお方も出撃してこられそうでございますしねぇ・・・・




ブラザ~!?と思ったらポチ、、、、っと押してチョ!



にほんブログ村



取り敢えず自分でも一発ポチっとくか、、、、


by ssc-nao | 2014-03-30 21:47 | 冒険記 | Comments(4)