<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

4ヶ月の時を経て本日納品!

今年の一月、正月気分で注文をかけてしまったブツがあることを



すっかり忘れかけていた昨日の朝・・・・



夜勤を終え、さ~寝ましょ~かZzz…(*´?`*)。o○ っと、



携帯をマナーモードに切り替え、ベットに潜り込んで間も無く?



着信ランプがチカチカ ?



ん~?



釣具やからじゃ!



折り返し電話をすると・・・



『やっと昨日入ったわ~!』



『お~~!来ましたか、、』 ・・・


げっ、ゴールデンウィーク目前に金欠になるべゃ(>_<)



『あ、明日取りに行きますわ~』 (゜ーÅ)



んでもって、約4ヶ月の時を経て納品されたブツとやらは・・・





【ゴアテックス カットピンフェルトシューズ・リミテッドプロ】

e0338196_10170654.jpg



ミーハーな私は今回もシマ~ノでございます(*^o^*)



早速家の中で履いちゃいました



でも・・・



一気に貧乏になりました(iДi)



そして、そんなブルーな気分を改める為にある決心をいたしました!



ゴールデンウィーク中にハッピーバースデーを迎える私の為に、



婆やに竿を買わせてあげる事にしたのです。



私が竿と呼ぶのは、唯一つしかありません。



シマ~ノが私の為に作ったと言う あれ?で御座います。






しま~の すぴんぱわ~


e0338196_10170773.jpg



う~~ん・・・・ リールも欲しくなって来た(><;)



私がリールと呼ぶのは、唯一つしかありません・・・・







一攫千金狙ってマグロ釣れば!



っと思ったら ”ポチ” っと宜しく(;^ω^A


にほんブログ村


by ssc-nao | 2010-04-29 19:39 | 釣り道具 | Comments(8)

北海道協会・春季通信大会、申し込み忘れて、、、釣りだけ参上!


4月25日(日曜日) 函館会場にてキャスティング大会が開催されました。



ですが、、、



私、申し込みを忘れて参加できませんでした(^▽^;)



・・・・



でも、親分とその仲間たちの一部が、



福島町の岩部の磯に渡し舟で上陸してババガレイを狙う!



と言う計画を察知した私は、すかさず参加表明し日曜日の朝



単身函館を目指し札幌を出発したのだ。






親分一行と合流したのは知内の温泉



この日は福島町の船宿に一泊し明朝3時に起床、準備出来次第



秘境岩部に出撃!  



の予定であった・・・・





その前に私は現地の友人に連絡を入れ久々の再会を果たし



暗くなるまで共に2時間ほど福島漁港で竿を並べることが出来た。



彼は30弱のマコを一枚釣り、



『もって行って下さい』 っと持たせてくれた。



私はホッケ1本の釣果だった。






宿に戻ると、宴も酣でございます!



頂いたマコは親分が鮮やかな包丁捌きで、あっという間に刺身に!


親分の作った料理を取り囲みワイのワイと盛り上がり22時には消灯



実はこの時既に、楽しみにしていた秘境岩部には渡れない事が



決定事項として船頭から告げられていた


(なかなか渡れない事で有名な場所)





かなし~い(T_T)




なんの為に片道約400Kmも一人はしったのだろうか?





結局翌朝、福島漁港の沖提に渡してもらい、まだ真っ暗な中実釣開始。




・・・・ しかし暗いうちは全員、全く反応無し男君(-"-;A




それでも夜明けと共に待ってました!っとばかりに4人で外海めがけて、



フルキャスト



ターゲットはマコガレイ40オーバー!






・・・・しかし、ここもご他聞に漏れず 





『しぶい!・・・・』





それでもなんとか皆、竿上げの11時までに、



マコ・やイシ、アサバ、マガレイ等のカレイ類とホッケ、アブラコをそこそこ



ゲットして沖提を後にする事が出来た(o^-')b







本日の獲物、最長34.5cm(^_^;)・・・ 

e0338196_10170759.jpg


(カメラマン・S親分)




帰りは松前経由で釣り場の下見(-_☆)


e0338196_10170719.jpg


松前小島でしょうか? 今年上陸するべ!!


っと計画が水面下で・・・




このオジサンたちは、いったい何処ぇ行くのでしょうか???

e0338196_10170708.jpg


e0338196_10170712.jpg




藪の切れている所から崖???

e0338196_10170723.jpg




ここを、こ~やって行って、あそこを通り、、、あそこを渡って・・・・・

e0338196_10170844.jpg




あそこに、ロープが渡して有るから・・・・・・


e0338196_10170805.jpg




【岬左側の湾胴】


e0338196_10170811.jpg


e0338196_10170899.jpg




【岬の右側の磯】

e0338196_10170818.jpg


e0338196_10170862.jpg




帰りに来た道??を、、、(何処に道があるんじゃ?)


e0338196_10170816.jpg


夜ここを目指すのはチョッとチビリそうです




獣か? っと思ったら ”ポチ” っと 





にほんブログ村




e0338196_10170827.jpg



by ssc-nao | 2010-04-26 20:31 | Comments(10)

一週間放置のタックル・メンテナンス、、


今週一週間は時差勤務(夕方~深夜)だった。



先週は夜勤(深夜~朝)の一週間で、最終日には昼近くまで残業を


こなして、勤務明けからバタバタと例会の準備をし、そのまま釣りバス


に乗って、嵐の海で釣りをした。



もうフラフラの状態での月例会で、おまけにタックルを背負子ごと海に


落として水没させるというアクシデントにも見舞われて、帰宅後は何も


する気力も、体力も残っていなかった。



汚れたウエアーなどは婆やが綺麗に洗ってくれたが、タックルは一週間


放置状態であった。



そこで、今日はメンテナンスにあてることにした。



流石に落水後一週間も放置されていたタックルバックは、


死臭を放っていた



 である。



細かい内容は省略するが、結構大変だった



前回のメインタックルは、リールがPAスピンパワー2機にロットは


プロサーフPF二本。




リール、ロットをシャワーで洗い、ロットにはボナンザで磨き上げ、


リールは乾燥後オイル、グリスを挿してやった。



e0338196_10170967.jpg




実は先週の釣行では使用しなかったが、


今までのハード釣りで、振り出しスピンパワーのガイドが2点破損して


いたのだがこれも先週パーツが届き、今日交換することにした。



e0338196_10170947.jpg


e0338196_10170913.jpg



遊動ガイドの一番と、固定ガイドの一番がそれぞれ割れていたので


アルコールランプを使いトップガイドを温めて抜き、遊動ガイドを全て


抜き取って、破損している固定ガイドを温めて抜きます。



抜き取った固定ガイドの接着剤を綺麗に取り除きた後、今までは


FUJIのホットグルーを使っていたのですが、外れやすい気がしていたので


今回はホームセンター等で売っている、ホットガンに使うハードタイプを使い


ました。



e0338196_10170904.jpg



固定ガイドを真直ぐ接着して、遊動ガイドを順番に通しトップガイドも


同じ要領で加熱して溶着。



これで安心して使えます




前回テストした対根掛かり用遊動式真空錘使用の仕掛け。

e0338196_10171033.jpg


幹にはステン製ワイヤーを使い、遊動錘のストッパーには


専用のゴム製錘止めを付け、ハリスはナイロン6号にフロート、


ハリはチヌ8号を使いました。



前回の釣り場は投げるとほぼ砂地でしたが、時化の為かなり


岩場の後方からの取り込みになり、手前の駆け上がりや、瀬に


結構な仕掛けを取られたのですが、この仕掛けは100パーセント


回収出来ました。


又シンプルなため、当然底ウネリの海でも絡みは皆無でした。



結果としては、場所によってかなり回収率が高い仕掛けと言えます。


折角魚が付いても取れなければ、意味がありませんネ!



感覚として以前ボナさんが指摘されていた、巻き上げの際の水の


抵抗は、錘止めのせいか?魚が付いたときは意外と強く感じました。



いずれにしても腰の強い竿で、その反発力を上手く利用した竿捌きが


根掛かりから外す肝でしょう。



今後コマセロケットやネットを上手く取り込めれば、


より面白くなりそう・・・・な予感??? 




明日は?



餌は仕込んであるけど・・・ 釣り? 練習? 



どっちだよ!っと思ったら最後にポチットm(_ _)m ネ




にほんブログ村
by ssc-nao | 2010-04-17 21:57 | 釣り道具 | Comments(10)

S・サーフ始竿会 ツラツラ岬 その2


会長の活躍でなんとか背負子を回収することが出来た私は、


今度は両方のベルトを直接フレームに縛りつけたのだが、


結べる部分の長さが短いため、なかなかしっかりと結べず不安が


付きまとった。


しかし、難所はすでに越えたようで、あとは歩きづらい岩の上り下り


が残っていたものの、海へ転落するリスクは減ったように思えた。



全身にどっぷりと汗をかいて、辿り着いた場所は、それまでの険しい


道のりとは少し変わり、やや平坦部のある、いかにもここで釣れ!


っと言った感じの場所だった。


空撮ガイドによるとツラツラ岬の好ポイントA・B地点である。



しかし・・・・



風は斜め後ろから強く吹いていたのだが、強いうねりと、波で釣座


を確保出来そうも無い状態。



波を被らない様にあちこち釣座を探して、しばらくさまよっていたが、


会長は湾胴側に三脚をセットして準備に掛かっていた、次に菊リンが


その横に三脚をセットして外海側に打ち込む準備に掛かっていた。



私はとても場所を決められなかった・・・・



そして波の被らない、かなり後ろの高い岩から様子を伺っていた。


最初に頭からザバー!っと洗礼を受けたのは菊リンだった。


三脚ごと竿も道具も流されていたが、汗をかいたので防寒着を脱いで


いた為、ずぶ濡れになっていた。



すぐに会長の反対横に場所移動して、湾胴側狙いに変えたようだ。



私は相変わらず釣座を決めかねていた・・・



一時間近く波の様子を伺って、やっと何とか状況を読むことが


出来たので、やっと私も三脚をセットして準備に掛かった。


そこは大波が来ても、ここだけは波が乗り越えてこない場所。


一番高く尖った岩の影に竿をセットした。


海面までは距離があり、取り込みで手前の岩に食われそうだが、


何より安全第一、そしてどうしても波を被り濡れたくなかった。



一方会長、菊リンは何度も大波の洗礼を受けて、波に飛ばされながら


海に流された竿、三脚をギャフで回収しながらホッケを釣り上げていた。



そして、菊リンのニュークーラー、フィクセルが湾胴の中に漂っていた。



回収しようにも、とても届かない距離にあり菊リンの顔は悲しげだった。



一方私は、魚が付いても手前の瀬に食われてやっと良型のホッケを


一本揚げたものの、苦しい状況が続いていた。



そして風が変わり、湾胴奥で波に揉まれていた菊リンのクーラーが


会長の予言通りに寄って来たのだ。



すかさず回収に掛かる菊リンも、会長のタモ網でなんとかクーラー


救出成功!




空が白み始めた頃、依然風は強く吹き付ける物の、


波はやや弱くなった気がしてきた。



ここぞとばかりに打ち返しを試み、やっとホッケを4本揃える事が


出来た私は、仕掛けを遠投用に変え全て虫餌にして嫁さんを狙った。



会長、菊リンにも嫁が来ていないようだ。




暗い間波避けになっていた私の釣座からの夜明け。

e0338196_10171023.jpg


e0338196_10171007.jpg




夜明け後、波が落ち着き始めたので横の平らな場所に。

e0338196_10171024.jpg




4度目の場所移動をした菊リン!(若いって良いな)

e0338196_10171094.jpg






海中転落後会長の活躍で生還した背負子の傷。

e0338196_10171012.jpg



帰りはベルトを結んで、更に上から紐で補強して背負って来た。

e0338196_10171000.jpg






結局?






クーラーには・・・・

e0338196_10171029.jpg





私に嫁が来てくれた♪


e0338196_10171008.jpg






結果!





e0338196_10171041.jpg




銀メダリスト!

e0338196_10171049.jpg


e0338196_10171045.jpg





しかし、一番の功労者はやっぱり!親分でしょう。




《追記》 


今回の釣行で以前このブログで紹介した真空錘仕掛けの


テストをしました。



これは石鯛用の根掛かり対策錘の流用ですが、ゴムチューブ


を付け、専用の錘止めもセットし、幹にはステンワイヤーを使用し、


今回は一本ハリでの試用でした。



結果としては、有効な仕掛けで有ると個人的には感じました。


更に、色々な可能性も模索して行きたいと感じています。


詳しくは又、改めて紹介しますね。


by ssc-nao | 2010-04-13 10:43 | SSC月例会 | Comments(8)

S・サーフ月例会(2010年度初竿会) 宮野~元和間 その1

4月10日~11日S・サーフ2010年竿初会が瀬棚郡宮野~元和間で、


総勢7名の参加と、非常に寂しい大会となりました。


天候は、夜間は生憎の雨、強風、時化の厳しい釣りでしたが事故、


怪我等無く?(アクシデントは結構有ったが)無事終える事が出来ました。



今回の大会参加は私にとっては、とても辛くハードな物でした。


っと言うのも、今週は仕事のシフトが夜勤だったので、当日は残業を


終え帰宅したのがお昼ころ、疲労困憊で本当はキャンセルしたかった


のですが、事前に今回参加人数がかなり少なく、クラブの釣りバス運営


にとっては厳しい事態と聞いていたので、自分なりに無理を押しての


参加でした。




餌やもろもろの準備を終えた頃は既に集合時間が迫っており結局、


まる2日、一睡もせずに臨んだ釣行になったのです。




大会範囲に向かうバスを最初に降りたのは会長、菊りん、私の3人で


ツラツラ岬に向かいます。



そこで、先ずは私に最初のトラブル発生!



さて、行こうかっと背負子を背負った途端片方の負い紐のバックルが


壊れてしまったのです。


リールや錘、仕掛けに備品類、食料、飲み物、釣り餌各種にゴロ・コマセ


満載のバックとバッカンを括り付けた背負子は、ただ軽いだけが魅力で


購入した物で、その耐用荷重を遥かに超えた荷物はハードで危険の伴う


釣には不向きだったようです。


今後は継続して使うのならば各部に補強を加える必要が有りそうです。



何とかベルトを縛りつけ、釣り場に向かう柱状節理の尖った岩場を歩き、


一番の難所を通過中に二回目のトラブルが発生!



ウネリと波が打ち寄せる、海面上約4~5mの高さを岩壁に張り付きながら


渡っているとき、もう片方の背負子のバックルがぶっ飛び、背中で弾けた


途端、先ほど破損して縛り付けたベルトも外れて背負子が岩に弾けながら


荒れ狂う海へ真っ逆さまにドッボン!!



『あぁ~!』っと悲痛な叫びを上げて岩に張り付いたままの私・・・



落ちた背負子は直ぐには沈まずに、波に揉まれて上下しています・・・



すると、先行して既に難所を通過し終えていた、S・会長が空かさず自分の


ロットケースから5.3mのギャフを取り出し伸ばして、波に揉まれ岩に


打ち寄せながらかろうじて沈まずに上下している背負子にタイミングを


合わせて身を乗り出して、救出を試みて下さっています。



そして、絶妙なタイミングと見事なギャフ捌きで引っ掛ける事が


出来たのですが、重い背負子を上まで揚げる事は到底出来ません・・・



ギャフが壊れる前に取らねば!



私は波のタイミングを読み、ぎりぎりまで岩を降りました。


そして数回の波の盛り上がりでなんとか掴み取る事が出来たのです。



会長は笑いながら大きな声で『良かったなー!』っと・・・ (涙



会長、 本当にありがとうございました・・・(゜ーÅ)





                                      つづく



『良かったなー!』 っと思ったら ポチッ っと宜しくネ♪



にほんブログ村



(札幌サーフの釣りバスにビジターの参加者して頂ける方大募集して


 います、ご興味のある方はメッセージ、コメント頂ければ幸いです!)


by ssc-nao | 2010-04-11 20:37 | SSC月例会 | Comments(10)

飛ばし屋たちの苫東道場開幕!

なかなかカレイ日和に恵まれない今シーズン・・・



基本的に”投げ”釣りに関わる事柄だけ??を更新して行こうと



考えているわたくしは、ネタがありまへん( p_q)






ゆっくりと目覚めた今朝、さて今日は何して過ごそうか???






AM10:00 親分にお電話。



『お~う!生きてたかぁ~?! 今練習に来たとこや!』・・・・  親分



・・・・・ やはりなっ (‾ー☆  親分は行っていると思ったぜぇ!


       (注)心の中でつぶやいたアタシ





昨年10月以来、約半年振りの練習参加でございますf^_^;



最近の鈍り切ったバディーにはCX-Tですら硬く感じており、、、



XXが振れるのかチョイと不安でしたが、



まあ~なんとかなるでしょう・・・??


(元々がたいした物じゃ無いべ!)





道場入りはお昼頃、既に飛ばし屋さんたちは強い横風を切り裂き



投げております





今シーズンからわたくし、ビデオカメラを導入いたしまして、、(*^o^*)



恥ずかしい映像を、自撮りして夜な夜な○◎●・・・




それでは皆さん、



むさっ苦しいオッサンどもの飛ばしっこをご覧あそばせ







親分、今年は第三種目に転向し全種目制覇を狙っているそうです!



日本のトップクラスの猛者たちに紛れて、わたくしめも奮闘しますた(^^ゞ








ヘタ! とか、ヘナチョコ! とか言ってるのダレ!!ヾ(▼ヘ▼;)





にほんブログ村


by ssc-nao | 2010-04-03 23:28 | SC(スポーツ・キャスティング) | Comments(12)