<   2013年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

今年はSC第3種目に挑戦? そして全キスではしびれますた~(゜_゜i)

前回の更新からほぼ一か月以上になりますかね?ずいぶんとブログを放置しておりますが、、、、


おかげでブログ村ランキングからも消えかけております(;^ω^A


しかしまあ、何かと忙しいひと月で御座いました。


そこで今回はチョイと長編



室蘭で でっかいクロガシラを釣ったのが前回の更新、そこで翌週も二匹目のどじょうを! と向ったのでございますが、


見事に崎守は満員!・・・


まあこんなもんか?!っと思い 人の居ない適当な所で取りあえず竿を出したのでございますが、


散々な結果・・・・



そして6月に入り第三回SC北日本選手権大会があり、前日の準備やら前夜祭などを経て大会当日は早朝から大忙し。


因みに成績は?と言うと例によって練習不足と腰を痛めていたのもあり無難に投げて何とか3Fは免れた物の相変わらずの寸たら寸前、、、、(‾_‾ i)



ST-Aで参戦するのも今年で最後、反省をふまえて ちゃんと腰を治して練習に励みましょうか?!っと思い 珍しく大会翌週の土曜日に練習場に向かったので御座いますが、ここで”桜庭センパ~イに”3種目に誘われ、試しに練習をしてみると・・・・・・



目茶目茶面白~い!!


すると親分が3種やるならMG用のスプール譲ってあげる!って。


あれよあれよと言う間に引きずり込まれて・・・・ いやいや、、、、導かれたのでございます(;^ω^A



即行ガイドも注文しちゃいましたしね (^^ゞ  納品まで1~2ヶ月掛かりそうですが、それまで”桜庭センパ~イ”にロットもお借りしちゃいました!今年から3種に挑戦でございます(^^ゞ



そして、先週は全日本キス投げ釣り選手権大会!



ここ北海道はキスが釣れませんので、その他の魚種で勝負を掛ける他ないのですが、高確率でポイントを稼げるのはカジカでございます!


わたくしカジカはあまり得意な魚ではありませんが、今回は頑張りました(-。−;)



目指す釣り場は室蘭市にあるとある磯場! 


今回は親分とご一緒させていただく事になっていたのでございます!



が・・・・ 二人ともこの釣り場に行った事も無く、行き方も解らない(汗


事前に事務局長殿には航空写真のコピーと説明を受けていたのでございますが、真夜中に断崖の展望台にある駐車場から藪を漕いでの崖下りはあまりにも無謀すぎます(‾ー‾;



取り敢えずコンビに寄って作戦を練り直そうと向かうと、丁度コンビニにSC抜投会の方が二人後を追う感じで来られたので、我々が目指すポイントを尋ねて見る事に!


すると室蘭出身の方だったようで実に詳しく説明して下さり、お二人も近くのポイントに入る予定だったようで案内までして頂ける事に♪


本当にラッキーで御座いました(^o^;) 


(その節は大変お世話になりました、本当にありがとうございました。)



当初予定していた場所は、藪がうっそうと茂っており結構な急斜面らしく直ぐ右側は切り立った絶壁だそうで気をつけなければならないとの事だったので、パスする事にして別なところに案内して頂く事に。



着いて見るとそこも藪が茂っておりますが、うっすらと踏み分けた後が残っております!


高低差は100m位だそうですがつづら折に降りるので時間は結構掛かるとの事です、、、、


ここは親分と二人、行ってみましょう!っと決意を決めて出発~!



途中滑ったりズッコケタリしながらゴロタ場の海岸に着いたときは汗びっしょり、、、、、



しかし磯のポイントに行くには大岩を乗り越えるかウェーダーが無ければ行けそうにもありません・・・


何でも干潮時には完全に干上がるそうですが、とても長靴でそれも夜間に行ける状況ではありません!



意を決してロッククライミングする事にいたしました、、、(ちょっとオーバーかな??)


でも結構恐ろしかったんですよ(・_・;)


親分は脆い岩が崩れてプチ滑落!!


あたしゃー本当にびっくりしましたが、親分ピンピンしているので一安心、、、



なんとかそれぞれ釣り座を構えて三本の竿を投げます。


すると直ぐに小型のガヤ(エゾメバル)が竿を揺らします!とにかく暗いうちは同じ位のガヤしか来ません・・・



やがて夜が明け始めてガヤの中りも無くなり一抹の不安が過ぎります・・・・・




そして完全に夜が明けました。




親分のほうは更に魚信が乏しいようでございます。



そこで親分一度荷物をまとめて陣地変換! 


e0338196_10192786.jpg



更に左奥に釣り座を移動でございます!



e0338196_10192776.jpg



わたくしは引き続きイカゴロ仕掛けを打ち込みつづけました。

e0338196_10192772.jpg





しかし静かに時間ばかりが過ぎてゆきます・・・・・



e0338196_10192702.jpg




やがて疲れたのでしばらく放置状態にしていた時、一本のスピンパワーの穂先がガツンガツンと叩かれております! ドカ~ン!と合わせをくれてやりましたが、



以外に軽いf^_^;   そして揚ったのは中型のカジカ、、、




気合を入れ直して再び打ち返しを繰り返していると!今度はいきなりガッツリと竿先が押さえ込まれたままになっております・・・


あわてて竿を手に取り 合わせると根掛かりしたような手応えですが、ズリズリ~・・・・ズン!ズン!ズン!   お~ぉ!! 大物じゃ!!    ラインも仕掛けも強度は十分! 根に食われてなるか!っと強引にゴリ巻きスタート! ゴリゴリゴリ!・・・  ズボッ!  (‾Д‾;; 



やっ、やってもうた、、、、



ありゃぁ~ヒラメだったかなぁ・・・・・ めちゃめちゃ後悔( p_q) 慎重にやれば良かったょぉ、、、、



おもいっきりへこんでおります、悔やまれて悔やまれて、もう仕事が手につきません・・・・・



親分は遠投に切り替え、良型のイシガレイをげっとしたようでございます!


e0338196_10192872.jpg



e0338196_10192876.jpg




そしてカレイのじあいに入ったようでコンスタントにマガレイ・スナガレイとゲットしている模様!!



わたくしもイカゴロ仕掛けを出来る限り遠投してみることにしました、やがてそれが功を奏し激しい中りが竿先を叩き、空かさず竿を手に取り合わせるとズッシリトした手応え!何度か抵抗しながらも大きな口を空けたカジカが姿を見せました!手前まで寄せたので御座いますが、荷物になるのでタモを持ってきておりません、、、一か八かで抜き上げる事に!! しかし流石スピンパワー! 余裕でございました!?・・・



何とか頭になる魚をゲット出来たので、後は時間まで諦めず頑張るのみ!そこでなんとかアブラコの大物かカレイの大物が来ないものかと一本の竿を遠投に切り替える事にしました。



ラッキーな事に遠投に切り替えた竿に締め込む中りが! 



これは、カレイだねぇ~(‾ー☆



40.3cmイシガレイゲット! 大物とは言えませんがとにかく嬉しい♪






ちょうどイカゴロも使いきり、上がる予定時間の午前10時までしばしマッタリモードでございます、、、



e0338196_10192810.jpg



来る時は水中だった所もすっかり潮が引き完全に露出いたしました、帰りは岩超えしなくてすみそうです。



e0338196_10192889.jpg




しかし・・・・  



実は釣りをしている時からずっとなのですが、腰と右足に突っ張った様な痛みがあり帰りの崖登りに一抹の不安が過ぎっているのでございます。    



マジでヤバイ感じ!・・・・・・・



e0338196_10192868.jpg


   


この山のてっぺんまで重い荷物を背負って傷む腰と足で登り切る事が今のわたくしに果して出来るのでしょうか??・・・



そしてこの不安は、現実としてわたくしの身に襲い掛かってきたので御座います・・・・・




終了間際に親分が足元に垂らし投げしていた捨て竿に50cmオーバーのアブラコが掛かった所で切りを付け撤収準備に取り掛かり、背負子を背負うとズッシリト背中にのしかかって来ます。



頑張って藪に取り付き踏み分けを九十九折に上ってゆきますが、この日の夜間は気温が低かった為防寒着を着込んで行ったのですが、帰りも藪を漕いでの道程と言うこともあり、着て来た防寒とフローティングベストを着込んだまま登りに着いたのです。



これが裏目に出ました、、、



この時期 日中はかなり気温が上がり重い背負子を背負い、がっちり防寒着を着込んだ身体は直ぐに汗みどろになります。


ましてや藪の中は場所によっては全く風が当たらないので更にのぼせ上がって来ました・・・ 



かなり後からわたくしの後を追うかたちで登ってきた親分に直ぐに追いつかれたので先に行ってもらい、


わたくしは休み休み登り続けました。



腰と足が次第に悲鳴を上げ、先ず右足が攣ってしまい足全体が硬直してしまいました、それでも気力を振り絞り登り続けたのですが、間もなく右足をかばった左足も攣ってしまいました。



どうにもならず、その場に倒れこんだのですが手も足も硬直し痙攣し始めて身体がズルズルと下にずり落ちて行くのですが、それを止める事も出来ません。 



藪の中で倒れこむと風が遮られ熱気が地面から立ちこめて追い討ちをかけるように息苦しくなってきます、既に汗も出しつくしている感じです。 



ヤバイなぁ・・・・ 



全身が動かなくなりかけている中 なんとか背中から背負子を下ろしたのですが、逆に身体が斜面を滑り落ちてゆくのを止める物がなくなり、自分の力で滑り落ちるのを止める事も出来ません・・・・



自然に身体が止まったところで体力の回復を待ちますが、呼吸は荒れたままでなかなか落ち着きません。



なんとかフローティングベストと防寒着の上着を脱ぎました・・・・・




どのくらい時間が経ったでしょう・・・・




親分の声が聞こえます、『もう少しだ!頑張れ!』 



上まで登り切った親分はいくら待っても登ってこないし、呼んでも返事が無いわたしが崖を踏み外して転落したのではと心配し、戻ってきてくれたのです。



わたくしはまだ動く事が出来ませんでした、迎えに来た親分に返事すらしたのか覚えておりません。



親分はわたくしの荷物を背負って上まであがってくてました。



わたくしは力を振り絞り 這うように駐車場までたどり着きました。


両足が腰から硬直して左腕も硬直して痙攣しております、あれだけ汗をかいて熱かった身体が寒くさえ感じております。



親分から水をもらいゆっくりと一口飲みました、もう一口・・・ 身体に元気が戻って来ましたが、足の硬直はあまり回復しませんでした。





釣りから帰り、週明けの月曜日から当然仕事、水曜日の仕事中ついに腰から左のお尻と左足がつっぱたまま動かせなくなり仕事を終えた帰りに整形外科を受診しました。



『椎間板行ってるよ、ヘルニアだね!』・・・・



『あなたはどうせ入院しなさい!と言っても聞かないから薬と注射で一週間様子を見るけど、反応が悪くなるようなら直ぐ入院だからね!・・・またどうせ釣りでやったんでしょ!? ダメだって言っているじゃないの!!そんなに辞められないもんなの?!』 ・・・・



『はい先生、辞められまへん! 今度は真面目にリハビリにも来ますから!』 ・・・・




しかしあの注射効いたなぁ!・・・・・・・




バカにつける薬は無い! っと思ったら!



これ押して下さいな Σ\(‾ー‾;)


    




にほんブログ村
by ssc-nao | 2013-06-27 20:22 | Comments(4)