遠投を考える(道具と飛距離) その一 竿編

投げ釣りの醍醐味っと言えば、 遠投


オモリを遥か彼方にぶっ飛ばす


必ずしも釣果とは結びつかないが、時に圧倒的な結果を


出すことがある。



例えるなら、ゴルフでのドライバーショット!


例えフェアウェイのド真中でグリーン近くにタマを付けても


寄せやパターが悪ければスコア−には反映しない、


ただの飛ばし屋、でしかない


とは言えスポーツキャスティング(SC)っという競技が有り、


釣りより、SCにハマッテいる御人も大勢いるのも事実。



このSCと言う競技に使われる釣り竿だが、硬すぎて釣には


使えない物がほとんど、例えばシマノだとスピンパワーの


XX(40号)かXXX(45号)最低でAX(35号)と釣具屋さんの


店頭には置いていない物ばかりで、値段も高価で、恐ろしく硬く、重い。


必然的に、釣り用とSC用とは使い分けなければならず、おいそれとは


手が出ない。



リールについては、やはりトップメーカーの投げ専用の最高峰モデル


を使用する方ばかりだが、これはスプールを専用に揃えて実釣にも使える。



オイラは実釣における、遠投用のタックル(竿・リール)の妥当性関し


考えてみた。



シマノ派のオイラはやはりスピンパワーを愛用しているが、購入に


あたっては実に悩む、並継は一本は欲しいとこだが、BXが良いのか


CXが良いのか?405が良いのか、425が良いのか?振り出しはどうなのか?


今回一つの結論に達した。


それは勿論さまざまな状況で各号数・長さを使い分け出来ればベストかも


しれないが、経済的に無理な訳で、そこで万能に近い物は何か?



私見で有るが、スピンパワー425CX-Tベストとなった。



<理由>


● 振り出しなので機動性に優れ、移動を繰り返す時に有利。



● 振り出しとは言え、並継と変わらない性能、実際並継のSリーダーより


   性能は上と思われる。



● 405の長さより425の長さのほうが飛ぶ!(振り切れれば長い方が飛ぶ)


  ※キャスティング界の大御所に色々質問攻めにし得た情報だが、釣り場


  での振り方では長い竿の方が間違いなく飛ぶ・・・しかしSC競技で


  スイング投法の場合い長い竿は技術が無ければ”さばけない”。



● BXCXでの飛距離の差がどの位か?を考えた時、大御所曰く数m・・・


   実釣において僅か数mの飛距離がどれほどの結果に反映するか?


   むしろ硬い分、魚の食い込みが悪くなり悪影響ではないのか?


   したがってCXが妥当である。   


   ※ただしSC競技において数mの違いは勝負に影響する!



以上がオイラの釣りにおけるベストタックル・竿編である。


まあ~あくまでも素人の戯言であるから、玄人肌の方・・・ご容赦下さいネ










チョイト押して見てね


 



 色々なブログがタクサンあるよ
by ssc-nao | 2008-10-29 11:49 | 釣り道具
<< 苫小牧中央南埠頭・その後樽前、... ナオ・ソーヤの冒険 >>