スピンパワー425CXーTの固着

先日の苫小牧でのコマイ釣り



この時期の夜釣りは-15℃は普通なんですが・・・・



あの夜はスピンパワー425CX-Tを2セットと



405BXを1セットの3本体制で頑張ったのですが、



気温はかなり低く竿やリールが霜で真っ白になって



おりました。



釣りを終えて片付ける際、一応竿の霜を拭き取って



しまったのですが・・・



翌日再度手入れをしようとCX-Tを取り出し穂先側から順番に



伸ばしながらタオルで拭き取りをしていると、やはり昨夜の霜で



ロットが濡れているんです、嫌~な予感がしたのですが・・・



2番と1番(元竿)を伸ばして水気をふき取り、さて戻そうか



・・・・・      



NO~~~~



やっちまった




もうダメ ビクともしません。



ゴムのロットベルトを巻こうが、グローブをはめようが、



うんとも、すんとも・・・・




ガァ----ン(#`ε´#)





精度の高い竿ほどチョットの水分で固着し易いんですよね・・・




仕方無しに、尻栓を外し伸びたままの竿とダンボールを持って外に・・・



スピンパワーの1・2が伸びた状態って家の天井の高さより



長~いんです。



そしてコンクリートの上にダンボールを曳き、出来るだけ垂直に



叩き付けますY(>_<、)Y






2回、3回!



スコ~ン!



外れました・・・・



竿の穴(ケツ)は大丈夫か???



・・・・・・・



ガイドはどお???






大丈夫じゃ~!



良かった、良かった!






しかし、雨に当たったり、霜や結露を起こしたロットの



手入れの第一段階は 




先ず乾燥




基本と言うものは大事ですね!




固着の外し方には、ロウを塗ってドライヤー等で暖める方法も



在るらしいのですが・・・・




今度やちゃったら、試してみようかな







ポチっと押してみてね


 



今日のオイラは何位かな
by ssc-nao | 2009-01-21 00:00 | 釣り道具
<< カレイの早場所 有名釣り場・泊... キャップライト >>