【カレイ遠投一本バリ仕掛けの作成】

今週も金、土、日の3連休



初日は兜に初カレイ釣り、土曜日は引きこもって、道具のメンテ、


最終日の今日も、引きこもって昼寝・・・・・・・



PCでシマノHPを観ていると、SHIMANO TV
 (釣り種別・投げ)に我が師匠


が出て居りました、今回の”投げ”のカタログにも載っていたのですが、


実はSCの世界ではピラミッドの頂点に君臨する実力者です。


(唯一4つの種目を制覇した)


そのスイングのテクニックやバランス、スピードの凄さは生で見ると圧倒されます。



先日の練習で、『暖かくなったら、少しイジメテあげるから!』・・・・


っとアリガタイお言葉を頂いた事を思い出し、チョイとビビりぎみのオイラは、


ゴロゴロを中断して、ゴムチューブを使い筋トレをチョットだけして”大満足”




そして・・・・ 




すこやかに昼寝再開Zzz…(*´?`*)。o○




・・・・・・・・




夕方昼寝にも疲れてしまい(‾*‾ )・・・・・



暇・ひま・ヒマ・・・・状態!



そこで、次回の対マガレイ戦に向けた特殊砲弾(仕掛け)の研究開発に


着手したのである!



なずけて【遠投一本】



プロトタイプの作成過程を紹介するので、良かったら観てね!



    まずは使用する”ライン”

e0338196_10153989.jpg



モトスはブラックファイター16号、90cmをぎゅーっと引っ張り伸ばします。


(硬い竿で30号のオモリをフルスイングしても切れない太さと、伸ばしきる


 事で竿にオモリを乗せ易くして、飛距離を出すためひっぱります。)



ハリスは何時もはレッドファイター6号を使用しているけど、無くなっていた


ので、サンラインの5号を使用。



道糸との接続部はサルカンのみ。


力糸がナイロンの時は直結で、PEにキャスティングスイベルを付けている時は


そのままワンタッチで取り付け出来ます。


結び目は熱収縮チューブで保護します。

e0338196_10153997.jpg


オイラはドライヤーを使って暖めます。
e0338196_10153990.jpg



枝スはスリーブとビーズローリングスイベルを使用

e0338196_10153961.jpg



上から約20cmの位地に取り付けます。


下からは約60~70cm位です。


(二本バリ仕掛けの場合大物や活性の良いマガレイは上バリに来ます、


 なので一本バリでは上バリの位置に枝スを付けました。)

e0338196_10153907.jpg


位地を決めスリーブを瞬間接着剤とプライヤーでカシメて固定します。
e0338196_10153909.jpg


e0338196_10153954.jpg



スリーブに熱収縮チューブを被せドライヤーで締めて保護します。

e0338196_10153922.jpg


オモリ側にスナップスイベルを付けて同様に仕上げます。
e0338196_10153933.jpg




私はの場合ハリは、ほとんど丸セイゴの13~15号を


カレイ釣りに使います。

e0338196_10153984.jpg


今回は大物を意識してハリは15号を使用・・・・・


遠投に抵抗となる装飾は、最低限にしています!

e0338196_10153977.jpg




モトスに結ぶ際に硬質チューブ7cmと熱収縮チューブを通し、結んだ後


瞬間接着剤で止めて熱収縮チューブを被せてドライヤーで仕上げます。

e0338196_10153901.jpg


完成でぇーす
e0338196_10153949.jpg


百均のパックに入れて・・・・
e0338196_10154088.jpg




名前を書いてしまいましょう!

e0338196_10154018.jpg



並継の長距離射程砲弾で敵を撃破し殲滅するためのみ開発された


兵器です。



ぶちーーー! っとか (><;)



根掛かりでロストしなければ、ハリス・ハリの交換のみで再利用出来て


一度作れば意外とリーズナブルかも!?



良かったら試してミテネ




※なおこの仕掛けを使い飛ばなくても、ボウズを食らっても


  当局は一切関知しないのでそのつもりで。



たいした仕掛けじゃ無いべ・・・・


っと思った方も、良いんじゃない!?っと思った方も


              

ポチっと 
にほんブログ村 投げ釣り


              


        押してくれると喜ぶなぁ


by ssc-nao | 2009-02-15 19:07 | 仕掛け・他
<< 驚きのSD(スーパードラグ)キ... 【積丹半島 泊村 兜千畳敷のカ... >>