利尻島へ飛べ!


  【7月22日 遠征初日】



2ヶ月前から親分(会長)と話をしていた利尻島上陸の日。



今回親分はある目的が名分で、釣具メーカーの方(所長)も同行です。



移動時間や疲労を考慮して、新千歳から飛行機を利用しての釣行と



なりました。





当日朝10時、親分の自宅に到着。



心強い現地協力者への手土産を買いに、親分と近くのスーパーへ・・・



戻った所に所長も到着。



荷物を積み込み、いざ新千歳空港へ!




利尻行きの便は・・・・・



「到着地視界不良の為目的地変更か引き返す場合があります。」



との条件付です (^_^;)



どうも利尻あたりの便はこんなのが多いのでしょうか?・・・・




搭乗を済ませ機内では楽しい釣り談議です。



そして、ちょうどこの時に始る皆既日食が雲の上からバッチリ見える



のでは? っと太陽を探します(^_^;)




・・・・・・・・・・・・



見えませんでした(^^ゞ





飛行機が着陸態勢に入る辺りから激しく揺れます・・・・



ガタガタ・・・・・ガタガタ!!・・・・・・・(^ε^)♪



固まっている親分たちを横目に、



「おお~すげぇ~♪ おもしれぇ~♪」・・・・



アホな私は結構楽しんでおりますf^_^;




なんとか無事着陸!



地上は雨




すぐにお迎えの現地協力者の社長と対面、



挨拶を済ませ車に荷物を積み込み、日程等を車中で打ち合わせ・・・




社長 「やませが吹いて時化てるわぁ~、」



会長 「じゃぁ今日はこれから鴛泊か沓形で晩までやって見ますから。」



社長 「居る間この車使っていいから!バーべキューやるけど何時に戻る?」



会長 「じゃあ19時頃に戻ります。」  





今釣行の間使わせて頂く番屋に到着後、直ちに戦闘準備を整え海岸線



を偵察しながら走ります。



やはり風が強く海も波が立っており鬼脇方面は無理そう・・・



しかし、沓形辺りまで来ると雨もあがり海も穏やか!



よし、今日は沓形でやろう!!




車を停めて荷物を背負って外防らしき場所に向かい先端部で戦闘開始。





親分と所長の今回の名分とは、ニュー・プロサーフPFのテストと宣伝。



所長は425CX2本と425BX2本を用意して下さり



私も425CXを一本お借りして、スピン425CX-T2本とで3本体制で先端部



で気合のフルキャストヽ(`Д´)ノ とりゃぁ~~~!




親分はBX2本をやはり気合で ズバーンっと打ち込みます!




っと、ここで所長にアクシデント発生(*_*)!!!





・・・・・・・詳しい事はここではとても書けまへんf^_^;





そこで新型プロサーフPF425CXですが、私なりの感想。



先ず色はブルーシルバーで高級感はスピンにはやはり敵いません。



持った感じも明らかに重い! これは遠投よりも粘りとパワーを



重視した為でしょうか?・・・大物用置き竿はかえって多少重い方が



竿を置いた時安定しますよね!?



で、今回の売りであるパイプシート(リールシート)ですが、



これは本当にしっかりしています!



握った感じはやや太く、手になじみ易い作りって言うのでしょうか。



特に巻き取り時に力が入りやすく、手が痛くなりませんね(*^-^)b



通常のリールシートに比べて、本当にガタツキも全くありません!




遠投性能より、大物を掛けてから捕り込む事にかけてはピカイチでは



ないでしょうか!(襟裳方面には最適かも!)



しかしながら、かなり反発も強いので充分遠投も効きそうですよ!




親分もBXに関して 「硬い! 反発が強い・・・・・キャスティングロット



振っているようだ!」 と言って居りました。




因みにここ沓形の防波堤先端部、かなり深いです! 



足元に落とし込んで水深を調べてみると、15mの力糸と約1mの仕掛けが



ほぼ全部沈みます、足元から15、6mってところでしょうか?!



遠投すると着水後、風で吹けたラインがすぅーーっと吸い込まれて、



更にスプールからスルスルーっと糸が出て行きます。





沓形外防先端にてタックルを準備する親分と所長

e0338196_10160939.jpg




プロサーフPF425BXをテスト中の親分

e0338196_10160918.jpg



私がお借りしたPS・SF425cxにPA・SP

e0338196_10161001.jpg




所長の用意したスピンPにSA・フリーゲンと


私のSPにSA・スピードキャスト

e0338196_10161099.jpg



e0338196_10161021.jpg



小型ながらもマガレイを釣り上げてニッコリ親分

e0338196_10161039.jpg




サイズに不満!?の所長さん

e0338196_10161037.jpg



帽子を忘れて、漁師さんから借り物のキャップで釣りをしていた


親分、小さいけどアブラコを揚げてニッコリ

e0338196_10161071.jpg






私もまあまあのアブラコとマガレイ数枚をゲット・・・

e0338196_10161011.jpg





親分! 魚付いてるのぉ~?


e0338196_10161063.jpg



アブラコでした、撮影用に私の帽子でパチ

e0338196_10161031.jpg





漁師さんにバーベキューに呼ばれていたので、



早めの納竿とし、撤収!




私は酒は飲まないので、今夜再び巨ソイを狙いに戻ってこようと



考えていた・・・







が、結局美味いホタテ等のバーベキューと楽しい会話に



時間を忘れ・・・



そのまま今回の宿である漁師さんの番屋で寝てしまった(;^ω^A





まあ、明日もあるさ!・・・・・




しかし、両サイドから激しい爆音(イビキ)が轟き



なかなか寝付けない私ヾ(▼ヘ▼;)・・・・



そのハーモニーに思わず笑ってしまいました(iДi)






【7月23日 遠征2日目 鬼脇漁港 沖防波堤】



朝8時半ころ漁の合間に渡してあげるから!



と、漁師さんに言われていたので起床後素早く準備を整え漁港に



向かう3人。




天気は曇り、海はややウネリが有りますが問題なし!





奥に見えるのが鬼脇の沖防波堤

e0338196_10161078.jpg



船に乗り込みいざ出航

e0338196_10161036.jpg




いよいよ接岸

e0338196_10161009.jpg




私は先端部左手外海側に釣り座をセット

e0338196_10161169.jpg




親分は先端部右手方向に

e0338196_10161182.jpg






やはり時期的にかなり渋い中、良型のマガレイがポツポツと飽きない


程度に遊んでくれます






それぞれがマ・クロ・ホッケ・アブラコを揚げて居た所に!


今日一サイズのクロガシラが私の竿に来てくれました

e0338196_10161191.jpg




そして、防波堤右手より遠投していたロットに激しいアタリ






揚ってきたのはジャスト50のアブラコ・・・・


なんだか気分は微妙(^▽^;)





あ~ぁ、アブかぁ~っとこぼした私に、


所長が、本州の方だったら狂喜して喜びますよ、っと



なるほど・・・・・・(;^ω^A



e0338196_10161121.jpg



しかし、遠投でドン深の海からの巻き上げ!


腕がだるくなりましたよ(;^_^A





そして、この日は漁師さんの船でデカカレイと巨ソイ釣りに行く


事になっていたので、お迎えと同時に終了。

e0338196_10161132.jpg






【灯台沖 船釣り】



漁師さん、趣味で?釣りもやっているみたいでGPSには各ポイントが



表示されています。



魚探を見ながら船で先ずは巨ソイ釣り!




まあ~釣れるわ、釣れるわ(;^_^A



クロゾイ・マゾイ50・60クラスがポッコポコ




そして、カレイポイントでは、40クラスのマガレイがこれまた入れ食い!



中には50クラスのクロガシラも!





私の釣ったクロガシラ50アップ 

e0338196_10161147.jpg





結局暗くなって釣れ無くなるまでやっちゃってσ(^_^;)



巨大なクーラーが満タン!





皆さん体力の限界に





私、今日こそは投げで巨ソイを、やる気満々だったのに・・・・



親分 「オレパス。」・・・・・



私 「・・・・・・・・・・・( p_q)」 



一人でも行こうと思って居たけれど、翌日は4時起きで渡提の予定!



寝る時間がありまへん(→o←)ゞ



おまけにフルスイングの連続で身体はバラバラ(^▽^;)




結局帰りに温泉に浸かり、親分が今日釣ったソイで刺身と鍋を作るから! 



っと言って鍋の具とツマミの買出し。




手早い包丁捌きで(実は包丁が切れなかったので、つり用の


ナイフで捌いた)


あっと言う間にソイ鍋と刺身が出来上がり



美味しく頂きながら、ロットやリールの開発秘話やキャスティング理論



を熱く語り、本日も・・・・・



私もさすがに秒殺されました(;^ω^A




結局私にとってのメインであったはずの夜釣りは一度もせずに・・・・





(T▽T;)








【遠征最終日 鬼脇漁港 沖防波堤】


泣いても笑っても最終日。



朝4時に起きて沖提に渡ります・・・





鬼脇沖提 先端部

e0338196_10161177.jpg




最終日 姿を見せてくれた利尻富士

e0338196_10161101.jpg



外海側で親分

e0338196_10161267.jpg




鬼脇からの利尻富士は「白い恋人」のパッケージ写真に!

e0338196_10161261.jpg




良型のアブラコを手に シマノ札幌営業所長

e0338196_10161236.jpg


e0338196_10161252.jpg




約二年振りの投げ釣りで、やっと投げの感覚が戻ったようです(*^-^)b

e0338196_10161224.jpg






札幌サーフ 菅原隆会長

e0338196_10161286.jpg



魚を手に持ち決めのポーズが様になってますね

e0338196_10161297.jpg


e0338196_10161229.jpg


e0338196_10161296.jpg







今回の利尻島の2泊3日の釣りは思い出になるとても良い旅でした。



御世話になった島の漁師さんの温かい出迎えと、もてなしに感激でした。



時期はずれにも関わらず、夢の膨らむ利尻の海・・・



すっかりはまちゃいました。



又来るぞ~ (^-^)ノ~~






行って見たくなった方 ”ポチ” っと押して下さいネ(*^-^)b



にほんブログ村 投げ釣り


by ssc-nao | 2009-07-26 09:10
<< 新兵器! (‾^‾) ただいまぁ~(^O^)/ >>