ハイスピンダーガイドのライン巻き対策…

SCをやっておられる、遠投派の方たちが使うロットのガイドは、ほとんどがHS(ハイスピンダーガイド)だと思うのですが…


口径が大きい為、抵抗が少なく飛距離ロスが少ないと言うのが理由ですよね!


キスのトーナメント等に参戦される方たちはPEの細糸で、トラブルの少ないローライダーガイドを好まれているかもしれませんが?…


トラブル・レスを優先するか、飛距離を優先するか!?

この辺りが選択のポイントでしょうか(^.^)b


HSは元々メーカーの謳い文句では、太糸対応とありますが、
実は細糸での遠投にも適していると言う事です!



しかし、このライントラブル!
キャストした瞬間、ほとんどがバットガイドにラインが巻き付く訳ですが、ただ飛距離が落ちるだけで済まないんです…

ラインが切れてシンカーが涯しなく飛んで行く事もよくあります…



しかし最悪なのは、ガイドの又の部分に高速で巻き付いたラインが、ブランクに深い傷を負わせ、ロットの強度を極度に低下させてしまい、
それが原因で折れてしまう…

高価なロットが一瞬で真っ二つ(><)


考えただけでションベンちびりそうです



実は私のスピンXXは出来上がり、下ろしたその日に練習でこいつの餌食となりました(><)


幸い傷は浅く致命傷にはなりませんでしたが…



そこで、ガイド巻きそのものは避けられませんが、もし巻いてしまってもブランクに深い傷を負わせないようにする簡単な方法を紹介します(^.^)b


スピンの二番とNEWプロサーフの二番ですが、本日暇だったので巻き直しました…

e0338196_10162303.jpg


これは先日のブログでも紹介しました、マイラップとグラステープで、ガイドの又を保護する為に巻いた状態です(^.^)b


e0338196_10162306.jpg


見た目もそんなに悪くないし、簡単で、効果的ですヨ(^^)v


e0338196_10162399.jpg



よかったらクリックして下さいネ(*^_^*)

にほんブログ村 投げ釣り
by ssc-nao | 2009-09-13 19:32 | 釣り道具
<< パソコン完全復旧!  今日は良... 練習の鬼(^^)v >>